2014年01月14日

日本から持ってきた自家用車をマレーシアで売却する − 支払う税金の額を調べる

日本から免税で持って来た自家用車をマレーシアで売却してから帰国したいという方も時々おられるのではないかと思います。
MM2Hビザを持っている方の特典の一つに「自家用車を免税で持ち込める」というものがあります。
MM2Hビザを取得した時点で既に6ヶ月以上所有している車の場合、それを持ち込む際には免税許可がもらえます。
持ち込んだ車は2年間名義変更ができません(=売却できません)が、それを過ぎた後は輸入時に免税になった税金を納めれば名義変更ができます。
輸入時に免除された税金の額と、2年後のそれとでは額が違います(車の市場価格が低くなっていっているためで、時が経てば経つほど税金は安くなります)ので、売却時点でかかる税金はいくらなのかを知る必要があります。

今回はまずプトラジャヤの税関へ行ってみました。MM2Hビザ申請のためにプトラジャヤに行ったので、そのついでにです。
プトラジャヤの税関はPrecint 2の財務省の隣にあり、私がMM2Hビザの申請や取得のためにプトラジャヤに行くとほぼ必ず通る通り沿いです。
受付で教えてもらった階(何階だったか忘れてしまいました)に行って「MM2Hで輸入した車を売却したい時に支払う税金の額を知りたい」と伝えると、そこではできないとのこと。車がペナンにあるのならバタワースの税関に行って教えてもらいなさいと言われました。
でも一つ耳寄りな情報もゲット。それは、各管轄の税関で算出された税額について、少しまけてほしいなんていう時にはそのオフィスにアピールすると減額してもらえる可能性があるんだそうです。これは良いことを聞きました。
一体いくらくらい安くなるのかは知りませんが全く減額されないということはないと思いますので、やって損はないと思います。

さて、以前ペナン島側の税関で税額を出してもらったことがあった私は、プトラジャヤも「ペナン島でもできるかもしれない」と言っていたこともあり、まずペナン島の税関に行きました。
でもダメ。今はバタワース側の税関にその業務は移ってしまっていました。

税金の額を算出してもらうのに必要な書類や問い合わせ先もアップしたいと思いましたが、時間がありません。これからクアラルンプールです。なので、帰ってから書き足します。いってきま〜す。

ブログ復活から猛スピードで順位を上げています。もっともっと上に行けたら良いな♪
応援のポチッ、皆さん宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 18:55 | Comment(0) | 車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。