2013年11月27日

とうとうペナン日本人学校もダメになったようです。

何がダメになったか。今まで学生ビザ+保護者ビザという風に、子どもがビザを取得してそれに親がぶら下がる形での滞在が可能だったのですが、それがダメになったようです。(クアラルンプールの日本人学校はこの点以前からダメで、親が何らかのビザを持っていて初めて子どもが日本人学校に編入できるという話でした。)

教頭先生が確認のために児童・生徒の保護者一人ひとりに確認の電話をなさっていたようでした。本当にご苦労なことだと思います。

先日フランス系の学校(Lycee Francais de KL)のことでご質問を受けた時にこの学校に通う児童・生徒のビザについて調べたのですが、この学校では現在は駐在員などの就労ビザ(大人)にぶら下がる形の帯同者ビザでしか子どもの滞在が認められていないが、来年2月からは学生ビザを取得してそれに親が帯同するような形もできるようになるとの話でした。

何だか学校や学生ビザの基準が変わったのでしょうか。あちこちの学校でいろんな変更を耳にします。

(追記)

KLにある台湾系の学校(Chinese Taipei School)でも少し前に似たような話があり、在籍中の児童のスチューデントパス更新は可、新規は不可となったそうです。ペナン日本人学校に対しても同じ結論が下されると良いのですが。


posted by りか at 02:43 | Comment(4) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いつも楽しく拝読してます。

ペナン日本人学校での学生・保護者ビザ発行中止は、新規発行だけでなく在学生も対象なんですか?
現時点でビザが発行されてる児童や保護者は有効期限前でも剥奪されるのですか?
Posted by ペンギン at 2013年11月27日 12:34
伝え聞いた話では在校生もどうも対象になっているようなんですが(更新ができない)、こういうのって交渉次第だと思うので、当事者のお母さんとも今お話をして、最終決定になる前に現状を相手に伝えられるといいねと言っていたところです。有効期間終了前の剥奪は私はないと思います。話を聞いていると更新ができないということのようです。でも更新ができないのも困ります。今在校している子達には卒業まで許可を出してほしいですね。
Posted by りか at 2013年11月27日 14:07
りか様

初めてまして、Red Dot Cinemaの担当者のYUNと申します。

7月18日(土)にペナン州でアジア短編独立映画上映会を開催することを紹介させていただきたいと思います。

Red Dot Cinemaはシンガポール発のアジア短編独立映画上映会です。

今、世界中には様々な独立映画祭があちこちにありますが、中にはアジアをテーマとする短編映画は決して多くありません。我々はRed Dot Cinemaを通し、より多くの人にアジアの独立映画の素晴らしさと文化の多様性を伝えたいです。

2015年初から、カナダ、アメリカ、イギリス、ポーランド、またシンガポールで、地元のパートナーたちと共に次々上映会を行いました。好評につきまして、7月18日(土)にPenangにてRed Dot Cinema上映会を開催することになりました!今回は初めて主催者の方も参加し、Penangでしか体験できない、素敵なイベントを提供したいと思います。

上映会の詳細情報はこちらです。
http://peatix.com/event/97696/

独立映画に興味があったり、多様な文化に興味があったり、或いはイベントを参加すること自体に興味があるの方々は大歓迎です!もしお時間が大丈夫でしたら、ぜひお友達と一緒に参加してください。

7月18日(土)にお待ちしております。

何かご不明な点がありましたら、お気軽お尋ねください。

よろしくお願いします。

YUN
Red Dot Cinema
Posted by Yun at 2015年06月29日 23:16
興味深いお話をありがとうございます。

ですが、その日はハリラヤ2日目しかも土曜日ということで、外出は叶いません。

文面から理解するに頂いた書き込みをご覧になった方でご希望なさる方はどなたでも参加して頂いて良いということですよね?

盛況であると良いですね。
Posted by りか at 2015年06月30日 02:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。