2013年11月01日

詐欺被害 − その後

昨日、警察署では届け出をするだけで、「これは国立銀行の管轄だからこの警察への届け出を持って国立銀行へ行くように」と言われた私たちは今日、ジョージタウンにある国立銀行(ペナンにある支店ですね)に行って来ました。

すぐに担当者へと通され事情を話すと、それは「Fraud」だと言います。不正行為、詐欺のような意味ですね。

実際、バンクネガラ(国立銀行。Bank Negara Malaysia)のサイトにも、この方が投資したという会社について、バンクネガラが詐欺集団であることを認識していて、またどのような対応を取っているのかがアップされていました。認識されている会社のリストも載っているそうです。バンクネガラのサイトはこちら

こちらのほうは(scambookとは違って)バンクネガラが何らかのアクションを取ったことについて書かれていますから、調べた時点で既に何か政府やバンクネガラとの間で問題が起っていれば載っているわけです。この被害者の方が資金を投入したのはバンクネガラのサイトにその会社が不正行為を働いていることが載った後ですから、調べていれば中止することができたのかもしれません。
posted by りか at 09:22 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。