2014年02月14日

バタワース発クアラルンプール行きの夜行2等寝台は当日追加分が売り出されます。

最近またよく夜行寝台でクアラルンプールへ行くことが多いのですが、時々チケットを買いに行っても満席と言われることが多く、途方にくれていると「当日追加で売り出されることもあるから、10時半頃にくると良いよ」と教えてくれた窓口の人。

これってペナン島に住んでいる私には日曜日はきついですが(日曜日は島側のチケット売り場は休み)、それ以外の日だったらなんとかなりそうです。実際この前一度10時半頃に行ってみたら、その時点ではまだ追加分の売り出しは始まっていなかったのですが、ちょくちょくチケットを買いに行く私(そしていろいろと問題を持ち込む私)とは顔なじみになった窓口の人が、「追加分が出たら席をおさえておいてあげる」と言ってくれました。
夜行寝台2等は一人RM46。MM2Hのシニアの方はもしかしたらマレーシア人のシニアと同等の割引があるかもしれません。
RM50を残し、一旦そこを離れ、さぁ、これ以上待ってはいられないなぁ、やっぱり一度家に戻るか。でもその前にもう一度顔を出してみよう、と20分後に顔を出したら「発券できるよ。」との言葉。
お蔭で身体をラクにしてKLに行くことができました。

先日乗った夜行バスは最悪で、私が買った席に他の人が座っていて(その人の席は私の席の隣)、どこでもいいだろ的な態度でしたので(実際に私に向かってそう言った)、チケットを確認に来たお兄ちゃんに「12番って窓側の席よね?この人、どいてくれないの」と言ってやりました。(どんだけ気が強いんでしょう。汗)
それでも席を立たないで逆に「お前はいくらでチケットを買ったんだ?」などと話をすりかえるので、「だからマレーシアはダメなんだよ」と言ったら最初はかなり憤慨していたようですが、その後しばらくして席を替わってくれました。
「お前はどこの国の人だ?」と聞くので「日本」と言うと、いつものお決まりのパターン。マレー語でケンカ腰の話をしたので「日本」という返事にはビックリしたようでした。
それからいろいろと話を続けようとしていましたが、そもそも最初に取られた態度が気に入らなかった私は受け答えせず。

何で私がこんなに席にこだわったのかと言うと、夜行バスだからというのがあります。
やはり、通路側では右左とも他人だらけになりますから、貴重品をより安全な場所にと考えると窓側の席のほうが良いということになります。
もっとも、二人で行動することが多い人たちには関係ありませんけどね。

もう一つ良くなかったのは、途中あちこち回って乗客を乗せていったこと。お蔭で4時間半で着くところを6時間半もかかりました。
その日はそのバスにしか空きがなかったので仕方なくそのバスに乗りましたが、選べる時には経由地を聞いたほうが良いですね。
今思えばこの時のクアラルンプール出張は最初から雲行きが怪しかったのかもしれません。最後がパスポートから何から一切合財の盗難ですから。

一日一クリック、宜しくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 09:31 | Comment(5) | 公共の交通機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私が乗車したIPOH→Hatyai,Tumpat→KLの列車にも
W4Xというように末尾X付き(extra)の座席車や寝台車が
増結されていました。
末尾Xが付いているので記述されているように
オンラインでは買えず、窓口専売の様です。
Posted by nkt4001 at 2014年03月03日 10:47
りかさん、確かに夜行寝台は60歳を超えると割引になります。私はパスポートのMM2Hのページを確認されたことはなく、ただ最初のデータページで生年月日を確認されているだけですので、MM2Hを取得していなくとも割引になりそうです(確認はしていませんが)。割引は、寝台上段(通常RM40)がRM27,下段(同RM48)がRM32でした。1/3程のディスカウントですね。
Posted by 山崎高志 at 2014年03月04日 18:35
nkt4001さん

数々の書き込み、どうもありがとうございます。

末尾にXが付いているのはオンラインでは買えないのですね。知りませんでした。
そういえば、よくオンラインで購入なさっているようですが、IEのバージョンによってはオンライン決済ができないとかというお話を以前して下さいましたよね?あれはまだ変わっていないのでしょうか。
まぁ、正規Windowsを使っていれば問題ないのだろうと思うのですが、最近はアンドロイドやiOSから予約したいということもあるので(Agodaなんかはそうですね、移動中に予約を入れたりします)電車の切符も制限なく購入できるといいなぁと思ったので・・・。
Posted by りか at 2014年03月09日 01:50
山崎さん

書き込みありがとうございます。

ずいぶん大幅なディスカウントがあるんですね。
子ども料金と同じか、もしかしたらそれよりも安いかもしれません。
Posted by りか at 2014年03月09日 01:57
 ご指摘の、去年操作していて上手くいかなかった原因は
IEの「互換表示」にしていないことが原因でした。
その当時のページ下端部の推奨ブラウザの説明に
「IEの場合は互換表示にすること」と記載があり、
その表示にすると日付指定のカレンダーが一部が
隠れて表示されなかったのが、
正常に全て表示され、決済も正常に完了しました。
 そして今年になってから、システムが更新された様で
過去の発券履歴なども見ることができるようになったり
幾つか修正がされて使い易くなっています。
現在、Win7+IE10ですが、正常に使用できています。

 携帯アプリでの発券は、決済がネックになると思うので、
かな〜り先になりそうな気がしますが
来年PadanBesar〜B'worth〜IPOHの複線電化工事完成時点で
ETSの運行が拡大されるので
その時点で何らかの変化があるかもしれません。

 今でも、ネットで予約して印刷せずに、
そのe-Ticketの画面を見せればいいと勘違いして
乗車前の切符提示で「携帯にパンチで穴をあけちゃうぞ」と
KTMの職員に苦笑いされ、「切符売り場に行って発券してきなさい」
と言われている日本人は時々見かけます。(笑
Posted by nkt4001 at 2014年03月09日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。