2014年03月10日

え?まだ見つからないの・・・?

飛行機が行方不明になってから搭乗客の携帯電話を鳴らしたら繋がったけれど誰も出なかったとか、偽パスポートを使って搭乗した二人はアジア人だとか(そりゃアジア人の容姿をした人がイタリアやオーストリアのパスポートを持っていたっておかしくはないけど・・・いや、入国審査官の怠慢とも言えるわよね、インターポールのデータベースに二つのパスポートは盗難に遭ったとちゃんと載っていたそうだから。)とにかく行方不明になった機体と乗客についての情報はまるでなく。

ここに来て私達が普段「マレー人の対応は・・・」と思っているところに中国当局が噛み付いてきましたね。真面目にやっとんのかと。重要な案件を扱っているように見えないとの苦言が出ているようです。
ネット上には意見として「政府は入国管理官の勤務中のスマホ使用を制限すべきだ」なんてことまで書いてありました。確かに入国管理官が勤務中にスマホをいじる必要はないですよね・・・。銀行の行員はしょっちゅうスマホいじってますけど、日本とは違って顧客とのコミュニケーションにもLINEなどを使ったりしますから。

消息を絶ったところ付近を潜水艇で調べるなんてことはされているんでしょうか?どうも飛行機と船でしかされていないような記述にしか行き当たらないんですけれど。よく分かりませんけど、潜水艇を使うというのは非現実的なのかな?

どこかに無事に着陸しているとしても、今度は食料や水の問題が出てきますよね・・・飲まず食わずで3日間はむごい。水さえあればしばらく生きることはできますけれど・・・。

どこかで無事でいてほしいなぁ。

応援、宜しくお願いしますっ!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 16:22 | Comment(0) | 公共の交通機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。