2014年03月11日

今度はアジア人じゃなくってイラン人だって。この記事読んでるとこの人たち関係ないと思うけど。

消えたMH370便に偽パスポートで搭乗したという二人ですが、以下の記事を読むと私には今回のMH370行方不明には関係のないような気がします。彼らはヨーロッパ行きの安いチケットを購入したがっただけで、クアラルンプールから北京に行く飛行機に乗りたいという希望はなく、しかも最初は別々の飛行機である上にカタール航空とエティハド航空、共に北京経由でヨーロッパに行くルートではなく、(多分)バンコクから中東経由でヨーロッパに行くルートの航空券が用意されていたようです。

Two passengers who boarded MH370 with stolen passports are believed to be from the Middle East after a Financial Times report revealed that the tickets were bought by an Iranian in the Thai resort town of Pattaya.

The Financial Times exclusively reported that a Thai travel agent who booked the tickets for the men said she had been asked to make the travel arrangements by an Iranian contact.

Travel agent Benjaporn Krutnait, booked the tickets through a business contact whom she only knew as "Mr Ali". She said that his first request to book cheap tickets to Europe for the two men was made on March 1.

She told The Financial Times that it was quite common for people to book tickets through middlemen who then retake a commission.

Ali had asked for the cheapest route to Europe for his clients and did not mention the specific booking Kuala Lumpur-Beijing - unlikely behaviour by would-be terrorists.

Benjaporn initially reserved one of the men on a Qatar Airways flight and the other on Etihad. But the tickets expired when Benjaporn did not hear back from Ali.

The Financial Times said when Ali contacted her again on Thursday, she rebooked the men on the Malaysia Airlines flight through Beijing because it was the cheapest available.

A friend of Ali paid Benjaporn cash for the tickets, the paper reported, adding that there is no evidence that Ali knew the two men were travelling on stolen passports.

Benjaporn made the bookings through a China Southern Airlines office in Bangkok.

The two passengers were supposed to fly from Beijing to Amsterdam on Saturday. The passenger travelling as "Luigi Maraldi" was to fly on to Copenhagen and "Christian Kozel" to Frankfurt.

Interpol said it was investigating the passport holders and examining airport footage of the two men.

It is fairly common for fraudulent documents to be used on regional flights for illegal immigration or drug smuggling but the fact that the aircraft has disappeared has triggered speculation of a terrorist attack.

The two, who were of "non-Asian appearance", despite earlier reports, were travelling from Kuala Lumpur, one on an Italian passport and one on an Austrian passport. The passports were reported missing a year ago by the real Maraldi and Kozel, respectively.

The one-way tickets under those names were issued by a travel agency in Pattaya, eastern Thailand. – March 10, 2014.

『フィナンシャル・タイムズのレポートでは、チケットはパタヤのタイのリゾートタウンでイランに買収されたことを明らかにした後に盗まれたパスポートとMH370に乗り込んだ二人の乗客は、中東からのものであると考えられている。

フィナンシャル・タイムズは、排他的に男性のためのチケットを予約したタイの旅行代理店は、彼女がイランの接触によって旅行の手配をするように頼まれたと述べたと報じた。

旅行代理店Benjaporn Krutnaitは、彼女は"ミスター・アリ"として知っていたビジネスの接触を介してチケットを予約した。彼女は2人のためヨーロッパへの格安チケットを予約するために彼の最初の要求が3月1日に行われたと述べた。

彼女は、人々はそれから手数料を取り戻す仲介を通じてチケットを予約することはかなり一般的であったことをフィナンシャル・タイムズに語った。

アリは彼のクライアントのためにヨーロッパへの格安航空ルートを求めていた、特定の予約クアラルンプール - 北京は言及しなかった - 自称テロリストは低い行動を。

Benjapornは当初、エティハド上のカタール航空便や他の上の男性の1を予約しました。 Benjaporn戻っアリから聞いていないときには、チケットの有効期限が切れて。

フィナンシャル・タイムズは、アリは木曜日に、再び彼女に接触したときにそれは最も安い利用可能だったので、彼女は北京経由マレーシア航空のフライトで人を再予約と述べた。

アリの友人はチケットのBenjapornの現金を支払った、紙はアリは二人の男が盗まれたパスポートを走行して知っていたという証拠がないことを追加し、報告した。

Benjapornはバンコクの中国南方航空事務所を通じて予約をしました。

2人の乗客は、土曜日にアムステルダムに北京から飛ぶことになっていた。 「ルイージMaraldi 」として旅行する乗客は、フランクフルトにコペンハーゲンと「クリスチャンKozel 」へ飛ぶことだった。

インターポールは、パスポート保持者を調査し、 2人の空港の映像を調べると述べた。

詐欺文書は不法移民や麻薬密輸のための地域のフライトで使用されるが、航空機が消えてしまったという事実は、テロ攻撃の憶測をトリガしたのはかなり一般的である。

以前の報告にもかかわらず「非アジア人容姿」であった​​二人は、クアラルンプール、イタリアのパスポート上の1とオーストリアのパスポート上の1から進行した。パスポートは、それぞれの実MaraldiとKozel 、で一年前行方不明と報告された。

これらの名前の下に、一方向のチケットはパタヤ、タイ東部に旅行代理店が発行した。 - 2014年3月10日。』(Google翻訳)

(以上の記事は The Malaysian Insider http://www.themalaysianinsider.com/malaysia/article/paper-reveals-iranian-link-in-ticket-purchase-for-passengers-with-stolen-pa からの転載です。
Google翻訳は酷いものですが、ないよりはましということで載せています。)

応援、宜しくお願いしますっ!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 01:49 | Comment(0) | 公共の交通機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。