2014年03月11日

新たな事実が公表される - 続報・MH370行方不明

@かなり早い段階でマレーシア半島東海岸を捜索するとともにマラッカ海峡を捜索しているという話が出ていたが、ここにきてレーダー上からMH370便が消えたのはやはり当初言われていた午前2:40(離陸から2時間経っていたのでなぜ海の上を探しているの?2時間後だったら陸上を飛行しているんじゃないの?と数日前に書いたのはそのため)但しどの地点でというとPulau Perak沖らしい。Perakという名前から当然Perak州のPulau(島)だろうということを想像したが、地図上で見るとPulau Pinang(ペナン島)よりも西に位置している。マレー半島とスマトラ島のちょうど真ん中辺り、マラッカ海峡のど真ん中である。

pulau-perak-copy2.jpg

不思議なのは進路を変更しても管制塔などはそれについて言及しないのかということ。素人の私には全く分からないが、普通こんなことがあってもそのことに関しての交信はないのか。

A偽パスポートを使って搭乗した人物は二人ともイラン人。うーん、イラン人は20年以上も前からこういうこと得意だからなぁ。私が昔知り合いだったイラン人にも、海外から他人のパスポートが送られてきていたようでした。彼はそれを使って日本を出国したらしい。

最初に分かったのは19歳の男子で、母親がドイツ・フランクフルトで待ち受けていたのだとか。もう一人は29歳。二人ともドーハからクアラルンプールへ2月28日に入国、そこで偽パスポートを受け取って今回このMH370便に乗り込んだ。
二人ともヨーロッパへの移民を希望していたという確証、またどのテロ組織にも属していないということも確認が取れた模様。

偽造パスポートでMH370に乗り込んだ二人
iranians_mh370_tmi_400_249_100.jpg

B搭乗者の複数の携帯電話が繋がる状態にある(あった)らしい。インターネットが使える状態になっているものもあったそうだ。これは何を意味するのか。少なくとも海の中ではないということではないのか。それから、繋がっている(いた)地点を逆探知したりということはできないのだろうか。犯罪捜査の時などにそういうことができるようなことを(ドラマでだけど)聞いたことがあると思うし、iPhoneみたいにFind My iPhoneみたいな機能がついているものもあるんだから、調べられると思うんだけどなぁ。でも電池が切れたらお終い。iPhoneなんてもう繋がらないだろうな。

レーダーから消えた時点で燃料が7時間半の飛行に耐えられる分しか積まれていなかったのなら、消えた地点から7時間半でどこまで行けるのか地図上に円を描いてその中(広範囲であるのは分かるが)から他の状況を踏まえて(例えば携帯電話が鳴った地点が分かるのであればその辺から)探す地域を特定する、なんてことは・・・やってるはずだよなぁ。何で出て来ない?MH370。乗客乗員が餓死しちゃうよ。・・・まさか、ウイグル自治区に飛んでった?

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 23:50 | Comment(4) | 公共の交通機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コースアウトの時点で管制からチェック入ります。
ハイジャックで亡命ってことか?
乗客全員人質にとられているので報道規制でマトモに報道ができないのかも。
しかも政治的にややこしいところに行ったので
その交渉に時間がかかっているのでは。
ハイジャックと考えるとこれまでの事象はだいたい辻褄が合うのですが。
Posted by nkt4001 at 2014年03月12日 03:34
そうですね。ハイジャックの可能性は高いですよね。
ただ要求やら何やらが表に出てきていないので、傍から見たらどうなっているのか全く分かりません。
ハイジャックはしたものの、その後にまた何か別の要素が加わった、ということもあるかもしれません。

まだ携帯電話が鳴らせているなら、荷物が取り上げられているとか或いは乗員乗客は飛行機から下ろされて別の場所にいるとか。

それにしても主に「海」を大掛かりに探していますが、これって「探すフリ」なんですかねぇ。

とにかく皆が元気でいてくれるといいなぁ!!!
Posted by りか at 2014年03月12日 04:06
 南シナ海で中国と米国の艦艇が集結しているのが嫌な予感。
もし墜落なら、フライトレコーダーとボイスレコーダーの先取り争奪戦、
そうでないなら政治的綱引きをしているのかも。
しかし当初発見された浮遊物や油膜は船舶のものだとして否定された・・・・・

 それとも、先入観に囚われて、全く見当違いの場所に墜落したのに、
そこを捜索していないので見つけられない。 

 最後に、失効旅券情報が端末表示されていなかったのは、いつもお決まりのシステムの仕様漏れか。
(いつも自分で考えずに外部コンサルタントに丸投げしているから、ありえないこともない)

 結論、ハイジャックか全く見当違いの場所に墜落のどちらか。
Posted by nkt4001 at 2014年03月12日 14:05

自機の存在を秘匿するために一応トランスポンダなどをカットしたが
エンジンなどの状態送信機能まではカットできなかった。

レーダーにもかからないよう低空飛行はしたが
民間レーダーはかわせたが、軍用レーダーには引っかかってしまった。

さらに低空飛行も相当の技量がないと浮力がなくなり失速墜落するので
西方面の亡命者の駆け込み施設に行こうとしたが
低空飛行に失敗し、水深の深いインド洋に沈んでしまった。
しかも相当時間が経過しているので水中で拡散してしまい発見が困難に。

可能性としては、機長か副機長が裏切り行為をして上記のような行動をしたのでは。
墜落せず、どこかの小さな空港に着陸していたなら政治交渉中では。
Posted by nkt4001 at 2014年03月17日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。