2014年05月24日

いい獣医さんだと思ったら・・・あーあ。(溜息)

我が家に猫が住み着きはじめたのが1年以上前。その頃、家(というよりゲストハウスなんですが)の勝手口に現れた母子の猫(子猫4匹)のうちの一匹が明らかに食欲減退で痩せ細ってきたので獣医に診せたのですが、その子が大きくなって産んだ子のうちの一匹もまた生後半年を過ぎて急に痩せ細り、私も心配になりましたがそれ以上に子ども達、特にお兄ちゃんが心配そうにしていて私に早く獣医に診せるようにと急かします。2日ほど前も車が手配できずに行けなかったのですが、学校から帰って来てからそれを知った彼は私を怒っていました(汗)。それだけ心優しい子なんですね。

今日は日本人学校で娘の移動教室の説明会があったので、その子猫ちゃんも一緒に連れて行きました。獣医さんは今回は以下の獣医さん。今まで何回かBagan JermalのGill獣医に診てもらっていましたが、前回別の子猫の治療で何となく不信感が芽生えましたし、以前お客さんの飼っていた犬が癌だったのにそれを見落として全く別の治療を行なっていたのを聞いていたので今回は別の獣医さんを探して行ってみました。

LiFE Veterinary Clinic - Dr Sarah Jayamalar


女性の獣医さんだからか子猫への触れ方が柔らかく優しく、その子の状況をきちんと把握しようと私にいろいろな質問をしたり、逆に私の問いかけにも彼女の専門知識を交えて詳しく説明をしてくれたりで良い印象を受けました。
ところが診察の途中で来週末にはオーストラリアへの移住が決まっているという話。今も一時的に荷物を取りに戻ったからクリニックを開いている、というような話だったのでがっかり。うちに出入りする猫たちに何かあったら次からはこちらにお世話になりたかったんですが。

もう一匹、元気ではあるのですが小さい頃からお腹が膨れている感じの子がいて、Gill獣医に診せても主だったトリートメントはしてもらえなかったので(処方?してもらったのは体内の水分・塩分を調節するものだけ)このドクターのオーストラリア引越しの前にできればもう一度今度はこっちの子を連れて行きたいと思っています。

Gill獣医以外でどこかにお勧めの獣医さんはいませんか?(ペナン島の中。)もし情報がありましたらお知らせ下さい。m(_ _)m
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 03:13 | Comment(0) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。