2014年05月29日

ペナンからの長距離バス - KLIA EXPRESS か KLIA2行きバス - 朝結構早いフライト ・・・KLに一泊しなくても行ける!!

ペナンからの長距離バスの発着所として知られているのはSungai Nibongバスターミナルです。
バスの発着はSungai Nibongのターミナルに全て移行になったはずなのですが、未だに公の秘密という感じでKomtarから発車しているバスも多いです。(Komtarまで乗客を乗せて来るバスはないようです。あくまでも出発だけ。)

クアラルンプール行きの最終は12時半。どこの旅行会社でも同じなのかは分かりません。私が毎度お世話になるのはNewsiaという旅行会社。コムタのRapidバスターミナルから、Rapidバスが一般道に出たところ(コムタの建物の外ではなくて下)の向かい側にあります。今のボスはチャイニーズの30代後半くらいの小太りの人。私はこの人のお父さんの代からこの旅行会社を使わせてもらっています。
前回、最終で行きたかったのに最終はいつも満席だと言われたので、この前の日曜日に乗ったバスの座席は数週間前から押さえていました。で、来たバスは・・・City Expressという二階建てバス。料金はRM38でKLまで行けます。
私がこれに乗って何を発見したかと言うと・・・このバス、KLのプドゥラヤバスターミナルに入る前にKL Sentral駅に寄るんです!!朝早く着くと公共の乗り物は動いていませんから、プドゥラヤからKL Sentralまでの僅かな距離、但し歩くとちょっと遠いという距離もタクシー移動しか方法がないんですが、このバスは嬉しい!!KL SentralのKL Expressの改札口に近いエントランスにバスを停めてくれますので、KLIAに行くのにも乗り継ぎがラク。駅着は朝4時55分でしたから、8時くらいの飛行機なら時間的に余裕もあります。
KL ExpressがRM35なのに対してKLIA行きのバスはRM10ほど。なので、こちらの利用でも良いですよね。
こちらも3時台から運転しているそうなので(KL Expressは4時台)使えます。
このバスを知ったお蔭で、名古屋へ行くのにクアラルンプール前泊をする必要がなくなりました・・・!!!
特にペナンからクアラルンプールへ行く時には長距離バスは到着時間が朝早いのであまり使いたくないというのがホンネだったのですが、今回は使ったお蔭で思わぬ収穫がありました。ラッキ〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 00:00 | Comment(2) | 周辺ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よければ、Pudurayaからもどうぞ。
KLIA/KLIA2発着のStarShuttle Bus(http://www.starwira.com/schedule/#kualalumpuram)
のPudurayaの乗降場所は Pudurayaターミナル前の交差点からJalan Tun Perak通りに入って
MyDIN前にあるRapidKLバス停留所です。(上り・下りともここに停車)
StarShuttleのジャケット着用の人が始発からいます。

運賃はKLIA/KLIA2からRM10,KLIA/KLIA2へはRM12と非対称になっているので注意!
また現在MRT工事中のため、これが竣工時には再度乗降場所が変更になると思います。
Posted by nkt4001 at 2014年07月25日 18:38
Pudurayaからもあるのですね。

でもこれって多分、nkt4001さんも書いておられるとおりでKLIA/KLIA2発着なので、KL Sentralから出るKLIA2直通に比べると時間がかかるのでは?と思います。以前、Puduraya発着のバスと併走したことがあったのですが(私は赤いバスに乗っていました。Skybusですよね。)、LCCTを出て途中まで一緒だったんですが、Puduraya行きはKLIAのほうへ曲がって行きました。

それからもう一つ。赤いのは(確かSkybusですよね)往復のチケットを買うとRM16というプロモをやっています。(先月末はやっていました。)
Posted by りか at 2014年08月17日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。