2014年06月16日

荷物が出て来ない・・・。汗

今月の初めに我がゲストハウスにリピーターとして来てくれたT君。
聞いた話だけでも相当なストレスを職場で味わっていたようで、去年うちに泊まってくれた時には精神的にかなりヤバイ状態だったのがずいぶん回復した(ように見える)今年と比較するとよく分かる。
お互い、お客さんとゲストハウスオーナーというより気取らず思ったことを率直に言える友達という感じ。
私よりも確か7つくらい下なのだけど。

丸々1週間以上もいるので何か真新しいことを・・・、自律神経失調症の彼を↑↑↑できるような話をリラックスした雰囲気の中で誰かにしてもらえたら・・・ などなど、ちょっと考えているうちにふと浮かんだ企画。

「起業家のお話を伺う。」

私とほとんど同い年のお客様で起業して成功している方がいらっしゃいます。
日本人の方です。
私も以前からもう少しお話を伺ってみたいな〜と思っていたのでした。

私のアイディアをこの起業家の方にお話しすると、即承諾を頂けました。
当日はとーっても中身の濃いお話を伺えて、T君以上に私にもとても有益な一夜となりました。

この起業家の方は日本で起業、成功なさっている方です。
マレーシアで成功している起業家・・・もいます。そのうちの一人とは来週クアラルンプールで夕飯を一緒にする約束をしています。
いつも他愛のない話のことが多いですが、そういう中にも聞けて良かったと思う話がちらほらあって、実は夕食をご一緒して下さることを毎回とーっても楽しみにしています。

MM2Hビザがあればマレーシア滞在については問題がありませんので、役員という立場で起業して従業員を雇用し、ビジネスを始めることは可能です。本人が働いてしまうとダメですが。
今週はMM2Hビザでマレーシア滞在、且つビジネスもやりたいという方をサポートできるように会社設立に関する勉強を始めることにしています。以前、「ゲストハウスなんかできそうだよね」とあるMM2Hの方に言われたのですが、その時は正直MM2Hビザではダメだと思っていました。でも、本人はオーナーとして建物やビジネスを所有し、スタッフを雇って進めるというのはありなのだという理解に至りました。こう考えると、資金がなくてはできないことですが、それさえクリアすれば可能性はぐんとアップしそうです。少し前の話になりますが、マレーシア人の名義を借りて安価で会社設立をし・・・ということをなさろうとしていた人が私のほうへ何かお問い合わせ下さったのですが、マレーシア人の名義を借りることほど危ないものはないと思います。よく知らない人であればもちろん、よく知っている間柄でさえもビジネスが成功したらそれを丸々横取り・・・なんて普通に起こりえる事です。なので、MM2Hビザを持っていればどんな職種でも外国人比率100%で起業できるのかとか(正直この部分が一番正確に知りたい部分です)私にとっては新しい分野にちょっと足を踏み入れてみようと思っています。

・・・ってものすっごくタイトルから話が逸れてしまいましたが。(汗

このT君がペナン空港に着いた時、私も空港にいてT君が出てくるのを待っていたのですが、同じ便で到着したと思われる人たちはどんどん出てくるのにT君が出て来ません。「これはひょっとしてもしや・・・」と思っていたらやっぱりそうでした。スーツケースがベルトコンベアーに載って出て来ないというんです。
今日ペナンに着いた別の方も同じ目に遭ったそうで、預けた段ボール箱2つが出て来なかったんだそうです。

お二人とも、荷物は同じ日のうちにそれぞれの滞在先に届けられました。
なので、空港で手続きさえきちんとすれば(特に滞在先と電話番号は正確に伝える)対応も早いですし、それほど心配なさる必要はないように思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 02:35 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。