2014年06月26日

災い転じて・・・福と出るか?

災いではないんですが、先日このブログにも広告を出したボルボの車、左ハンドルのためマレーシアで売ることは困難でしょうと聞く先々で言われていました。
ご本人は日本に持ち帰る気はなく、本当に買い手がつかなかったら二束三文でも売ってしまう気持ちになっていらっしゃったかもしれません。ところが今日mudah.myというサイトに広告が出てから予想しなかったことが起きています。

先週の金曜日の営業時間外にアップしたので、月曜日にはアップされるだろうなぁ・・・と思っていましたが月曜火曜はクアラルンプールとその近郊で走り回っていましたからサイトチェックができず、今日になってチェックしてみても本来アップされていてもいいはずのボルボの広告が見当たりません。で、アップされてないんですけど〜と問い合わせてみるとすぐに回答があり、30分以内にアップしますとのこと。実際それからすぐにアップされました。

その後何が起ったか・・・。SMS,email,そして電話。アップされたのは午後5時半くらい。その後の数時間で4件の問い合わせがあり、そのうちの2件は予想だにしなかった海外からの問い合わせ。なるほど、左ハンドルはマレーシアではマイナー、乗りづらいけれど、左ハンドルの国では逆にそれが普通なんですよね。目から鱗。災い転じて福となす、かも。一人はアラブ首長国連邦UAEに持って行くと言うし、もう一人はミャンマーに持って行くと言うし。

国内で売るよりも良いと考えています。売却は売却だけど国外への売却なので、マレーシアで乗る時に必要な名義変更ではなくて登録抹消が必要になります。MM2Hの特典で輸入した車は、名義変更して他の人が使うことになると税金がかかります。でも登録抹消で持ち帰る場合には税金は全くかかりません。ここで問題になるかもしれないのは「自分が持ち帰るか、第三者に送るか」という部分だろうと思います。第三者に向けて輸出する場合に税金がかかるのかかからないのか。この辺のことをヤブヘビにならないように調べないと先に進めることができません。さぁ、どこに訊くべきか。・・・財務省でしょうね、免税の許可などを出す部署ですから。前例ないし、パーセンテージいくらだか決めようがないから、それに普通に考えたら税金の支払い義務なんてないと思う・・・となるのが理想です。甘いかなぁ?

RM60,000は決して安くないと思うんですが、4人のうちの3人はかなり乗り気。あとの一人は仕事が休みの土曜日にならないと見に来れないというだけで決して乗り気でないわけじゃなく。電話では「問題は製造年じゃなくて走行距離なんだよ。人間は歩かないと余計年とるけど、車は逆。動かなければ動かないでその品質は保持される。」などとジョークを交えたトーク。日本だったらいきなりあんなに打ち解けた話し方はほぼ100%ないだろうな・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 03:51 | Comment(0) | 車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。