2014年07月13日

で、CIMBに何を聞こうとしていたかというと・・・。

さっきの記事に関連して、何故CIMBの友人に連絡を取りたかったのかという話です。

1年ほど前に本申請を行なったお客様から久しぶりにご連絡を頂きました。
そういう時には何かしら問題があるのですよね。今回もちょっとしたことが起きていました。

それは、「CIMBからレターが来た、何だかペナルティが取られるらしい」とのこと。
レターをメール添付で見せて頂きました。

その内容は以下の通り。
We note that your account has remained dormant and not operated upon for a period of time. Should your account continue to remain dormant 30 days from the date of the letter, an annual fee of RM10 will be charged to your account. to avoid incurring this fee, kindly re-activate your account by making a cash withdrawal at any branch of the Bank which is to be accompanied by the presentation of your account passbook, or your ATM card (i.e. in the case where your account is statement based and you have not been issued with a passbook).

まだ続きがありますが、最重要部分だけ。
要約すると、「一定期間取引がなかったため、お客様の口座は現在休止状態にあります。この状態が、このお知らせの発行日から30日以上続いた場合には口座から10リンギットを引かせて頂きます。そうしないためにはどちらの支店でも構いませんので出金手続きを行なって下さい。(通帳持参の上。通帳のない口座の場合はキャッシュカード持参の上。)」・・・こんな感じでしょうか。ってかこれじゃあ要約じゃなくて全訳ですね。汗

とにかくそういうことです。私の今までの解釈も間違っていた部分があるのですが、重要なのは「引き出すこと」。いくら入金があっても出金がないと「休止状態」と見なされます。1年が過ぎると「休止状態の口座=俗によく言われるインアクティブの口座」となるのですが、インアクティブで口座継続費としてRM10かかるまでにグレースピリオドが30日間あるということになります。この間にどちらの支店でも良いので出向いてカウンター越しに出金手続きを行なわないといけないというわけです。このお知らせが来る前ならカウンター越しではなくATM機で引き出せばOKです。

最近CIMBのPreferredステータスをお持ちの方だと年RM50かかるはずのクレジットカード税が銀行持ちになりますよね?年0リンギットの維持費でクレジットカードが持てるのはお得ですし、そのカードで利用した額を引き落とす元は当然普通預金口座になるでしょうから、出金が最低でも1年未満で1回あるようにカードを使うと、インアクティベートなんていう面倒なことにならずに良いですね。

注意が必要なのは普通預金口座が複数ある場合。カード利用額の引き落とし元指定は1口座しかできないはずですので、2口座持っていると1口座は良くてももう一口座はインアクティブになってしまう可能性があります。インターネットバンキングができれば双方の口座で出し入れすれば良いのですが、冒頭のお知らせのことを教えて下さったお客様はあいにく問題ありでインターネットバンキングが使えるようになっていません。

CIMBはマレーシア国外の電話番号をSMS受け取り用(TAC受け取り用)に登録できること自体は良いのですがそれに3日くらいかかります。HSBCは一度だけローカル電話番号を使ってデバイスの登録をする必要があります(ローカル電話番号がない場合にはコールセンターに電話をすれば良いですから、極端な話、電話がなくても大丈夫です。英語力は必要ですが)。

更に、HSBCの場合はインアクティブになってしまってもRM10/年のチャージはありません。

となると軍配はHSBCに上がりますよね。登録後はデバイスがあればいつでもどこでも資金移動が可能です。CIMBの場合にはSMSを受け取れる自前のデバイス(電話ですね)が必要です。
(CIMBにもHSBCと似たデバイスがありますが、有料で、確かRM85とかするのでは?と思います。インターネットバンキングの登録をする時に画面に説明が出ていたように思います。)

あ、それから、定期預金口座に関してはこのようなことはないんだそうです。インアクティブになることもないですし、年RM10のチャージがかかるなんてこともないそうですよ。でもそれでも7年は放っておかないほうがいいと言った行員がいままでにいましたので、7年目に来るお知らせには注意しておいたほうが良いかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 04:52 | Comment(4) | CIMB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
rika様こんばんは。
先日は色々ありがとうございました。

CIMBのクレジットカードですが
RM50を銀行が負担してくれるのは
初年度だけだそうです。

それを聞いて作るのを止めました。

HSBCのカードがあれば用が足りますし
rikaさんのおっしゃる通り
やはりHSBCの方が何かと使い勝手がいいですね。

いつも有益な情報をありがとうございます。
今年は特に暑いですからご自愛下さいね。
Posted by coco at 2014年07月15日 22:07
 CIMBのTACについては
以前教えて頂きましたMobile on TACにして便利に使えています。
これを使用開始すると認証コード(TAC)入力画面が
SMS on TACとMobile on TACの選択が出来るよう変更されます。

要はSecurity Deviceのプログラム部分のみを抜き取って
スマホ上で動作させているということですね。
Posted by nkt4001 at 2014年07月25日 17:49
cocoさん

お返事が遅くなり申し訳ございません。
CIMBのクレジットカードは、所持者がプリファードステータスを維持している限りはRM50/年の税金は取られないそうですよ。数ヶ所に聞きましたので間違いないと思います。

nkt4001さん

その部分はCIMBは頭が良いですよね。
Posted by りか at 2014年08月17日 03:04
追記です。

ブラウザでIEを使用していて、
AirAsiaの支払い等をCIMB clicksで決済する際、
TAC(Transaction Authorization Code)の入力画面で、
TAC on SMS/TAC on MobileとTACの生成元を選択する画面が表示されますが、
そのどちらを選択しても、選択前の状態に戻ってTACが入力できないことがあります。
(またはTACが入力できない状態。)

 この場合、その画面を表示した状態のまま、
F12を押すと画面下半分にデバッグ画面が表示され
その表示項目でブラウザモードが「IE10」のモードになっているはずです。
 これを「IE10互換表示」にすると画面がリフレッシュされ、
再度、TAC生成元を選択する画面を操作すると前に戻ることなく、
TACの生成元を選択でき、TACを入力し決済を完了することができます。

★要は2月のシステム改変時に全画面の動作チェックしていないというオチです。
★ブラウザがChromeならこういうことはないです。

以上です。
Posted by nkt4001 at 2014年09月03日 14:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。