2014年07月20日

誤爆?・・・プーチンがターゲットだった? - MH17撃墜事件

ブラジルでのワールドカップ(確かファイナルを)を観戦、その他の公務を済ませたプーチン大統領がモスクワへ帰る際に大統領機が取ったルートがMH17便とほぼ同じルート、二機が問題の地域を通った時間差も40分弱程度だったらしい。(その記事はこちら。同時に否定もされているが。)

ロシアの国旗は赤白青の三色なので大統領機もその色使い。マレーシア航空にも皆さんご存知の通りで赤白青の三色が使われている。
MH17 - Rossian Presidential Plane.jpg

攻撃目標を目視で確認するわけではないだろうから機体の色使いが似ているのはたまたまだろうが、通過時間や高度が似ていた大統領機を狙っていたのにも関わらず間違えてMH17便を攻撃してしまったというのには信憑性があるように聞こえる。

親ロ派は本当かウソか、10キロもの上空の飛行物体に届く威力のあるミサイルなど持ち合わせていないと言っており、これが本当だとすると親ロ派に罪を被せようとしているウクライナがやったことになる。
更にプーチン暗殺説が本当なら親ロ派がやるわけがないので黒は確実にウクライナとなる。

地上では戦争状態というところの上空を旅客機が飛行することは普通にあることらしいが(元機長の話として載っていた)今は時代が時代で、例えばイラン・イラク戦争は1980年代だから今のテクノロジーとは雲泥の差。武器・兵器の類も相当進化していると思う。そんなところを「安全」として飛行させている機関も問題。
今更何を言っても亡くなった300名近い方々は戻って来ないが、こんな惨事を引き起こした張本人は特定されるべきだし徹底的に罪を償わせてほしいと思う。一生かかったって償いきれないだろうけど。

更に、上記のリンクにあるプーチンの言葉に「こんな悲劇はウクライナが平和であれば起りえなかったこと」というのがあるが、言葉は悪いが「あんたが加担しなきゃ平和が訪れるんじゃないの???」と言いたい。親ロ派ってイコール誰派?武器を親ロ派が手に入れているのは誰からなの??開いた口が塞がらない。

最後に、亡くなった方のご冥福をお祈りしたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 04:43 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。