2014年07月21日

LHDNから何やら怪しげな書類が届いた!

LHDN・・・Lembaga Hasil Dalam Negeri
日本語訳では国税局・税務署・歳入庁、英語だとInland Revenue、Internal Revenueなどとなっているようです。

MM2Hプログラム参加者には関係ないような機関からのレター。
LHDN.jpg

あるMM2Hプログラム参加者から「これって一体何ですか?」と質問として送られてきたものでした。
文面には税金を支払う時に必要な登録番号が書かれていたり、結婚したら配偶者の名前やその他の情報を登録する必要があるという説明があったりしています。
正直、MM2Hプログラム参加者=マレーシアで収入がないはずの方なので放っておいていいですよと言いたかったですが、一応LHDNに行ってこの書類を見てもらって来ました。
結果、年RM30,000以上の利益を得ていなければ申告の義務はありませんとのことでした。
ただ、例えば夫がMM2H、妻はMM2H帯同者であったものの途中で就労ビザに切り替えてマレーシアに住んでいるような場合には妻には納税義務が生じますから、この書類の内容に従うのであれば、夫が妻の登録番号などの情報を申告する必要があるということになります。
また、コンドミニアムを購入していて将来売却した場合にも申告が必要になるでしょうね。利益がRM30,000以下なんてことはまずないでしょうから。もちろん家賃収入も然り、です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 03:30 | Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。