2014年08月23日

MM2Hビザの取得代行をいたします。

今さら何を・・・?という感じですが、どうも最近、MM2Hビザの代行は他の業者さんに依頼なさって、渡航前口座開設だけお願いしたいだとか、自分の頼んだ業者は使いものにならないような内容の保険をMM2Hビザ取得のためだけに加入させようとするけれど、自分はこのままマレーシアに住むので使える保険に加入したい。ついてはマレーシアの保険について詳しく教えてほしいだとか、そういうご依頼がちらほらあります。それはそれで有難くお引き受けするのですが、正直に言って私は良くてもビザの代行をお引き受けになっている業者さんはあまり良い顔をしないのではないかと思います。ちょっと前に私のほうへ渡航前口座開設をご依頼下さった方は、ビザ代行業者さんに「他の業者の手助けで口座開設するのはルール違反」だとその方に告げたそうです。ルール違反じゃないですが、いい気分じゃなかったんでしょうね、きっと。

渡航をせずに口座を開設できるという銀行と繋がりができている業者というのは、それほど多くはないと思います。代行手数料が安いという視点からだけで業者の選定をすると後になってこのサービスがない、あのサービスがない、と不自由に感じられることもあろうかと思います。今日は、一般的な業者さんと私が提供しているサービス内容の違う点を書き出してみようと思います。一般的な業者さんが可能ではあるけれど面倒などという理由から提供していないサービスというのも中には含まれます。

@マレーシアに渡航せずにご自分の名義で口座開設ができる
 最近は現金での預け入れを制限する銀行がだんだん増えてきています。CIMBも支店によってはとても厳しくなりましたし、HSBCなどはほぼ無理に等しいです。それに、渡航前に送金し着金が確かめられれば、マレーシアにいらしてから口座を開設し送金手配をし着金を待ってMM2H用定期を作るなんていう時間の無駄も省けますし、何よりも安心してお越し頂けますね。送金手数料はかかりますが現金を持ち歩かないでいいという面で安全ですし、ご本人名義の口座ということで安心でもあります。(別料金でお引き受けしています。)

Aマレーシアにお越し頂ければ、MM2Hビザの仮承認が貰える前でも口座開設が可能
 多くの銀行では何らかのビザを持っていないと口座開設ができませんが、一部ビザを持っていなくても開設可能な支店があります。ロングステイの下見がてらに将来必要になるかもしれない銀行口座の開設が可能となっています。(別料金でお引き受けしています。)

@Aとも特別なアレンジですので追加料金にてご案内しています(例えばメイバンクでの渡航前口座開設は+RM300。これはビザ代行申請をご依頼下さった方の特別料金です。渡航前口座開設のみのご依頼の場合には4万円でお引き受けしています)。
ビザ申請代行手数料内で可能な口座開設アシストは、仮承認後に現地で口座開設をし、ご入金頂いて定期預金を作成するという方法になります。

B《お金の節約 その@》
 マレーシアの医療保険に無条件加入する前に既に加入している保険がマレーシアでの疾病もカバーするかの確認をする
 MM2Hビザを取得するためにはマレーシアで病気になった時にそれをカバーする保険に加入していないといけません。日系の多くの業者は現在Tokio Marine(東京海上)の格安保険を申請者の方々にご案内しているようですが、それよりも安く加入できる保険があります。Pacific Insuranceの保険です。多くの申請者が「とりあえずビザを取るためだけ」に加入しますので、安ければ安いに越したことはないということで、私はこちらのPacific Insuranceを皆さんにお勧めしています。(保険の)エージェントを通さない保険会社との直接契約のため、エージェントのマージン分15%も加入者に還元してもらえています。安いだけでなく、手続きもカンタン、申請者が本申請にいらした時には契約書も出来上がっている状態にしておくことが可能なので、以前のように保険会社のオフィスへ行って、使えもしない保険の契約内容の説明を聞いて頂き、申込書の記入をし・・・などという余計な時間を使わずに済むようになりました。実はPacific Insuranceを使うようになって一番の恩恵を感じているのは他ならぬ私だと思います。時間短縮、とっても助かっているんです。(笑)

すみません、表題と内容が違ってしまいましたが、こういうことです・・・上記の東京海上だ、Pacific Insranceだという話は現在申請者が(日本で)加入している医療保険が(あるとすればそれが)マレーシアでの疾病をカバーしない場合にのみご加入頂くもので、日本で既に加入してある保険がマレーシアで使えて、且つそのことを証明する書類がご用意頂ければビザ取得条件とは言えどバカみたいに使えない保険に加入することはないんです。なので、私は保険のご案内の時にはまずそのことをお伝えして、各自で保険会社に問い合わせて頂いています。

C《お金の節約 そのA》
 JPビザのRM500を支払う必要のないようにする
 普通に観光目的で入国すると90日間のソーシャルビジットパスが入管で貰えます。その後、MM2Hビザを取得する時には切替ビザというもの(=JPビザ)が必要となり、その費用としてRM500が徴収されます。これは仮承認レターにも書いてあります。でも、このJPビザの支払いは、日本を出る前にマレーシア大使館領事部査証課でMM2Hビザ取得目的のシングルエントリービザを取得しておくことで回避されます。査証課は郵送では受け付けていないのでご本人が行くか業者(MM2Hの代行業者ではなく、各国のビザの代行取得などをしている業者のこと。)に頼むしか方法がないと思いますが、業者に頼んでもJPビザの支払いよりは少ない出費で済みます。特に大人数の場合には東京に泊りがけで行ってもそのほうが節約できます。
 申請者の方には少し動いていただかなければなりませんが、これでお一人につき15,000円くらい節約できると思えば結構お得感がありますよね。

Dビザの取得にはご同行いただきません
 もちろん、プトラジャヤってどんなところ?行ってみたい。とか、ビザの申請は業者に依頼したけれど、これから先の延長とかは自分でやってみようと思うから行き方が知りたいとかという場合にはご一緒頂いて一向に構いません。最近は割と低い年齢層のお子さんを連れていらっしゃる方も多く、そのような方にはホテルの部屋などでくつろいでいて頂き、私一人でビザの取得を完了させてしまいます。この方法のメリットは特にペナンに住み始めたというMM2Hの申請者にあります。どういうことか。私がパスポートから必要書類、それにビザ代をお預かりして私一人でプトラジャヤに行くからです。中にはペナンに住み始めた申請者に対し、KLに来て本申請の準備をして下さいという、どう考えても自分の会社の都合しか考えていないような業者もいます。そのエージェントはペナン・クアラルンプールの両方にオフィスがあるのにも関わらず、ですよ?しかも家族まで連れて来るようにと言われる始末。例えば家族4人で飛行機に乗ってペナンとクアラルンプールの間を往復したら、いくらかかるでしょう?正直に言ってクアラルンプールへ行くことも、数百リンギットの飛行機代を支払うことも必要のないことなんです。ただ、業者のほうは自分がペナンまで行くのが嫌だからそっちがクアラルンプールに来てくれ、と言っているだけ。申請者が知らない、分からないだろうと思ってちょっとバカにしているような気すらします。

E《お金の節約 そのB》
 健康診断料は代行料金に含みます。
 お支払い頂いても大したことのない金額(RM30〜60。クリニックによって異なる)でしょうが、ささやかな気持ちとして健康診断料は代行料金の一部とさせて頂いていますので、お会計は私がいたします。

さて、メリット的なことをいろいろ書きましたが、デメリット的なことも若干ありますので書いてみますね。

@車での送迎はなし。→ 正直あまりその必要性を感じない。
 クアラルンプールは時間帯によっては道が混んでいますから車移動はできればしないほうが懸命ということもあります。ブキッビンタンにはHSBCやCIMB、Maybank、そして健康診断をしてもらうクリニックと、全て徒歩圏内で手配可能です。なので、主に銀行での現地お待ち合わせとさせて頂いています。そして本申請準備が終わったらまたブラブラしながらホテルへお戻りになったり、お昼ご飯にお出かけになったりしてください。私がパスポートや他の必要なものをお預かりして本申請へ行って来ます。

A翻訳・認証が実費 → すみませんがご負担頂きます。
 これは、去年11月から観光省が指定する翻訳専門機関を通した翻訳書類でないと観光省が受け取らなくなったため、仕方なく実費でご請求させて頂いているものです。銀行からの残高証明など、英文のものをご用意いただける場合にはできるだけそうして、極力翻訳の必要な書類を提出しないようにして頂ければと思います。

他の業者さんと比較しての違いを書き出してみました。お選びになる時の参考にして頂ければと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 11:22 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。