2014年10月20日

リリースレター

MM2Hビザの取得を代行業者に依頼したにも関わらず料金未払いがあったビザ取得者が、自分でビザをキャンセルしてしまって代行業者が怒った?困った?ケースがあったそうで、それ以降は代行業者を通してビザを取得した人はその代行業者にしかビザのキャンセルを依頼できないというルールになりました。
でも、最初に頼んだ業者と折が合わないとか、申請時の料金を低く設定しておいて自分のところにしか(原則)頼めないキャンセルのアシストをいやに高く設定してあったりだとかいう場合、他に頼みたくなるのが普通です。それからもう一つ重要なこと。それは、キャンセルにしても、最初のビザ取得時の本申請にしても、代理店が申請した場合には申請者ご本人はプトラジャヤの観光省(移民局)へ行かないで良くなって久しいのです。ペナンの他の代行業者にビザ取得を依頼した方が先日、本申請のためにクアラルンプールへ、しかも家族全員で行った(しかも泊りがけ)という話を聞いて、飛行機代ご家族全員分とホテル代数泊分の無駄な出費・・・と青くなりました。当の代行業者はそんなことお構いなしなんでしょうが。

話を戻しますが、ビザキャンセルの依頼先を変更したい時の救済策として、このリリースレターの存在があります。

リリースっていう言葉は日本語にもなっていると思うので、意味は解りますよね。
ビザ取得を引き受けた代行業者(=スポンサーでもある)が、スポンサーに科せられた義務を放棄すると一筆書いてくれさえすれば、そのビザ取得者はその後は他のどこの代行業者に依頼しようとその人の好きにして良いということになります。(但しレターヘッド使用や社印、責任者のサインが必要などということが決められています。)
このレターは申請者とスポンサーの関係を解消する内容なので、第三者である次に申請者が依頼しようとしている代理店とは何も関係がありません。ですから、スポンサーであるビザ代行申請の依頼先にリリースレターを作成してもらう依頼も申請者が行なう必要があります。
もっとも、どうしても元の代行業者とは話もしたくない、なーんていう場合には、次に代理で作業をしてくれる代理店にお願いすることができるかもしれません。やってくれるかどうか、元の代行業者が受けてくれるかどうかは別ですが。

先月辺りまでは、申請は代行業者を通してだったけれどもキャンセルは自分でやりたいといった場合にはリリースレターは要求されませんでしたが、これはおかしな話だと気づいたのか、今は例え個人でキャンセルをしようとしても、元の代行業者からのリリースレターが必要になっています。(聞く相手によっては違うことを言うかもしれませんが。)

移民局宛ビザキャンセル許可レターと、銀行宛MM2H用定期預金解約許可レターの取得、そしてプトラジャヤでのビザキャンセルまで、ペナンかクアラルンプールでパスポートの受け渡しが可能な場合にはRM800でお引き受けしています。更にペナンであれば、定期預金の解約から送金手続きのアシスト、或いは日本円に両替するために両替商を銀行に呼ぶことまでを含めてRM800で致します。クアラルンプールでの場合にはこの部分は+RM500とさせて頂きます。(基本、クアラルンプールへの出張代は大概はRM500/1ケースです。)なお、RM800で出来る範囲ですが、こちらがリリースレター作成について関わりを持つ必要がない場合とさせて頂きたく思います。こんなことは滅多にないことかとは思いますが、代行業者にもいろいろいます。不勉強な代行業者だとリリースレターの内容さえ知らないといったことになりかねず、そんなことまでこちらが説明しなきゃいけないのか、しかも同業者に。となってしまいますので。(笑)

・・・というわけです。まだ早いですが、4時半起きで今日はシエスタなしだったので(笑)休むことにします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マレーシアって・・・一人一人の視点・観点から見て書いたブログが興味深い。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 23:44 | Comment(1) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変助かる内容です!知らない人も多く、皆さんにお役に立つ情報です。知りたい内容のポイントをいつもまとめて下さっているので、ありがとうございます!体に気をつけて、頑張ってください。
Posted by ルツ at 2014年10月21日 04:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。