2015年02月14日

幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる

最近お友達と話していてとっても頭に残った話がありました。
語学力についてです。

なるほどなぁと思ったのは「幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる」ということ。
うちの子ども達を見ているとこのこと、結構頷けます。
息子(15歳)は現在英語で授業する学校に行っています。ま、英語と言ってもマングリッシュですが。それは置いておいて、彼が日本語を話す時は時々言い方が分からず、私が分かる他の言語(マレー語のことが多いです)に置き換えて言いますが、日本語自体のレベルは割と高く、「そんな言い回しも知っているのか〜」とわが子ながら驚くことが時々あります。
彼にとっての第四言語である日本語の表現力がそれだけあるということは、英語や中国語(小学校の6年間は中国語教育)、マレー語のほうが得意であろう彼の場合はそれらの語学力の心配はまずないということになるのかな?と思います。まぁ彼の場合は全部同時期に吸収しているので、ちょっと違うかもしれません。

むしろ、娘のケースがこれに当てはまりそうです。
娘(12歳)は小学校1年生から日本人学校で、今では日本語以外の言語は殆ど分からなくなってしまいました。それはそれで危機感があるのですが、日本語の語彙が少ないような気がするのが気になります。他の言語で授業をする学校に行かせてその言語を覚えるのは良いにしても、日本語が中途半端になりはしないかという危惧や、新しい言語で急に難しくなる授業内容に付いていけるのだろうかという不安もあるので、日本人学校の中学部へ進むことになりそうです。
英語やマレー語(特に英語ですが)は自主学習をしないとなぁと思います。こんな環境に住んでいるのに日本語しか分からないだなんて、シャレになりません。

でも、日本語のレベルが8だったとして、後から勉強する言葉のレベルが同レベルになることはあってもそれを上回ることって普通はないのかな?って思います。私達が中学に入って英語を勉強し始めた時も、「日本語では○○と言うのを英語では××と言う」という言葉の覚え方をしましたから、「日本語では○○」を知らない場合は「英語の××」も自分のものに出来ないような気がします。だって意味が分からないんですから。「英語で××という単語を習った。でも日本語訳の意味が分からない。」こういうことは稀だと思います。それが「幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる」ということなんだと思います。

自分で表現したいことが表現できないもどかしさ。そういうことが第一言語であってはならないことだと思います。娘の話を聞いていると、何か言いたくてトライするのだけれどもその表現が分からずに最後は「もういいや!」と言うのを止めてしまうことがあるのです。この部分、息子と大きく違います。息子は他の言語(第一、第二、第三言語のどれか)で表現できるのです。

私、よく「すごいね〜3ヶ国語もできるんだ?」と言われますが、「できる」ってどういうことなのか。言語で「できる」レベルっていうその基準は人によっていろいろで、私は日本語は「できる」ですが英語やマレー語は生活に困らない程度しかできないと思っています。英語やマレー語を理解しない人から見ると、私が日本語並みに英語やマレー語を喋れると勘違いなさるのかもしれません。

「教える者や周囲の語学力が教わる者に多大な影響を与える。」

学校選びって言葉の問題だけじゃありませんけれど、ウェイトは大きいと思います。
うちの息子はマレーシア人なので(日本人でもありますが)普通に公立のセカンダリーに行っていても構わないと思います。但し彼が将来をマレーシアで過ごすのなら、です。彼の話している英語を聞いて何度驚いたことか。「そんな言い方するんじゃないー!!」と。(汗)
ローカルの教師が教えているインターとは名ばかりの学校で話されている英語もそれとあまり変わりないと思います。
以前、某ローカルインター(と私は呼んでいます)に通う子が学校の同級生と思われる子と話しているのを耳にしたんですが、まるでマレーシア人が話している英語だったのにショックを受けました。その子、日本人なんです。
なので、いらっしゃるのなら入念な準備をなさるべきです。私の知っている方で、1〜2年前にいらして学校でテストを受け、人気校ですのでウェイティングリストに名前を載せてもらっていたという方がいらっしゃいます。そうやって、ちゃんとどこででも通じる英語で、ネイティブの先生が授業をする学校に入れてあげて下さい。
そしてもちろん、手抜き授業をしない学校を選んで下さい。昨日の帰り、バスの中で娘と話したんですが、「今の先生(6年生の先生ですね)は見回りに来た時に分からない問題で困っているとやり方をちゃんと教えてくれるけど、×年生の時の先生は見回るだけで教えてくれなかった」と言っていたのが印象的でした。日本人学校でさえそんなです。プリントばかりやらせる授業をしたりという学校もあるようです。そんなこと、学校に行かなくてもできますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エアアジアのプロモ、まだやっていますかねぇ?近隣諸国に行くチケット、ものすごく安かったです。お金と時間に余裕のある方は是非ご旅行なさってみては?カンボジア情報・インドネシア情報にもちょっと登録してみました。クリックお願いしまーす!!
↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 19:48 | Comment(2) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リカさん、この内容は半端じゃなく凄いと思いました。

あまりにも内容が素晴らしいので、万が一このログがなくなるなんてことになると「世界の損失」ぐらいに思いますので、申し訳ないですが、私のブログでこのエントリーを紹介するのと共に、全文、転載させてもらいました。

事後承諾でごめんね〜。
Posted by dabo_gc at 2015年02月15日 03:15
こんばんは。

どこがどう素晴らしいのか分かりませんが、ダボさんにお褒め頂けて嬉しく思います。

でも、「世界の損失」というのは大袈裟過ぎやしませんか?(笑)
Posted by りか at 2015年02月15日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。