2015年04月09日

マレーシアに入国するのに「ビザ取得が必要な国の人」がMM2Hビザを一旦切らすとどうなるか。(どうなるか、というか次どうするか、って話ですけど・・・。)

配偶者や子どもが外国籍、(日本人のようにマレーシア入国にビザが必要のない国の人の場合は良いですが、)特に中国人のように必ずビザがないと入国できない国の人の場合は一度取得したMM2Hビザが失効してしまうとちょっと厄介です。
そのような国の人たちがMM2Hビザが失効した後、残りの分を貰いにマレーシアに入国する場合には、まず観光目的で取得可能なシングルエントリービザの取得が必要です。そしてその後MM2Hビザへ切り替える際にはJPビザ代(切り替えビザ代)として中国国籍の人の場合はRM530がかかることになります。

私は、日本人の方には「わざわざビザを継続して取得するためだけにお越しになる必要はないですよ」と言っています。残りの分を貰う時にJPビザ代RM500を支払えば良いだけなので、そのほうが旅費よりは安上がりだと思いますし、そもそも忙しい方が多いと思うからです。
でも、中国人の方を始め、マレーシア入国に必ずビザが必要な国籍の方には「MM2Hビザが切れる前に入国して延長するべき」だとお伝えしたいです。特にマレーシア大使館や領事館から遠く離れている地域に住んでいたりという場合にはなおさら。また、中国ではマレーシアのビザは個人では取得できないような話も聞いたことがありますので、それが本当だとすればそのエージェントフィーもかかってくるでしょうし、各種書類も用意しなければならないでしょう。手間隙が大変です。

この記事はあるお客様からのご質問を元に書かせて頂きました。ちなみに、上記情報は観光省内移民局セクションからの回答そのものです。以下に原文をコピペしておきます。

Dear Rika,

As RPC's passport holder, she is visa compulsory to enter Malaysia. In this situation whereby she enter Malaysia again after the expiry of the MM2H pas, she need to apply normal Single Entry Visa at Malaysia Consulate office in China. If she wish to extend the validity of the MM2H pass (if she entitle to do so), Journey Performed Visa process fee RM530 will be impose again. VDR is not appliacable as VDR only issued before MM2H endorsement.

Regards,

Ernee Shylla Mohtar



posted by りか at 00:41 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。