2015年04月17日

フィリピンからメイドさんが来た

日本人のMM2Hの方でメイドさんに住み込みで働いてもらうという方は多くないと思います。そんな中で一件メイドビザ取得のアシストをお引き受けしたケースがほぼ終了。私もフィリピンからのメイドさんに関しては初めて関わったので要領が悪くご依頼下さった方には申し訳なかったのですが無事メイドさんも到着してとりあえず一安心。

・・・でもそのメイドさん到着の日、一悶着?ありました。

フィリピンからのメイドさんの場合はどうしてもメイドエージェントを通さないと難しい部分があるということで、こちらのブログの主さんから、フィリピン側の必要な手配をして頂けるエージェントをご紹介頂きました。
実はこの方のブログは依頼者から教えて頂いたのですが、それは私が「メイドとして来る人が既にいる状況」で引き受けてくれるエージェントを探しあぐねていたからです。いえ、引き受けてくれるエージェントは(複数)いたんですが、どこもエージェント経由でメイドを紹介してもらうのと同額だったので(RM8,000以上)このブログ主さんに教えて頂いたエージェントさんには助かりました。(まぁ、かなーり文句を言いたいこともありますが。その話は後々出てきます。それが一悶着の話。)まぁ、私もプトラジャヤへ2度メイドさんのビザの件で行かなければなりませんし、昨日はFOMEMAにも行きましたしでRM2,000ほど頂く予定ではありますので、ご依頼者にしてみれば大した違いは出ませんが・・・。

このメイドエージェントさんと連携してメイドさんがマレーシア入国を果たし、FOMEMA健康診断まで済ませましたが、反省点、今後もし同じことを経験する人がいた場合の注意点など、気づいたことを書いてみます。

1.当初からこのメイドエージェントに対して指摘していたのですが、全体の流れを把握させてくれない。
  それはこちらが常識的に知っているだろうという前提があってのことなんだろうと思いますが、こちらは分からないから質問しているのにそれに対する回答がない。どんな流れなのか、準備する必要のあるものは何なのかが分かっていればもっとスピーディに対応できたと思いますし、「一悶着」も起こらなかったはず。

マレーシアの入管(MM2Hの方用のメイドさんの場合にはメイドさんのビザもMM2Hカウンターで取り扱います)に提出する書類の中に「雇用契約書」があります。(註:雇用契約書はマレーシア政府への提出用とは別にフィリピン政府への提出用のものもあり、計2通ということになります。)この雇用契約書、今回はメイドさんに直接私のほうへ郵送してもらいましたが、フィリピン側で行なう健康診断(FOMEMAとはまた別の、入国前に行なう健康診断)の結果はフィリピン側のメイドエージェントからマレーシア側へ郵送されてくるので、その時に一括して送ってもらうのが時間の短縮にもなるしメイドさんに費用の負担もかからないしで良いと思います。(メイドエージェントが快く引き受けてくれるかどうかはまた別の問題ですが、交渉次第だろうと思います。同封するだけですから。)

「一悶着」もメイドエージェント側からの連絡不行き届きが原因です。
メイドさんが到着するというその日の朝の10時半頃にメールで「メイドさんがKLIA2に到着するのは11時過ぎなので、雇用者がKLIA2に迎えに出向いて下さい」と連絡が。
到着日より数週間前にエージェントとの間のメールのやり取りで、エージェントが「ペナンまでの航空券を予約しますね」と書かれていたので、雇用主は「それではペナン空港へメイドさんを迎えに行きます。」と回答していました。それに対する「ペナン空港ではなくKLIA2です」という指摘はなく、そのまま当日まで連絡なし。
これには私も頭に来ました。というか、この連絡は私が他の件で出かけようとしていた矢先に雇用者からの電話連絡で知ったので、その時は顔面蒼白になりました。青くなったり赤くなったり。(笑)
そりゃ青くもなります。私がその日最後にメールを開いたのは8時台で、その後雇用者から電話連絡があった11時過ぎまでメールを見ていなかったので、私にもメールが来ていたのに把握が遅れたことが一つと、「雇用者」が「KLIA2」でピックアップしなければならないと聞かされたこと。そんな大切なことをその時まで知らなくてご案内できていなかったということ。それにこの日は他に大切な用事が2つも。まぁ2つとも最終的には問題なくクリアできたので良かったですが。
雇用者の方が冷静で「何とかKLIA2に行かずに済ます方法はありませんかね?」とおっしゃったので、私はすぐにその方向で動き出しました。
Facebookのほうにはこと細かに書きましたがここでは割愛。(笑)結局、KLIA2の入国管理官との交渉の末、既に手配済みの3時のペナン行きの便にメイドさんを乗せてもらうことができました。雇用者からの電話連絡で蒼白になってから雇用者からの2度目の電話連絡で歓喜にかられるまで約2時間、あちこちに電話のかけまくり。(笑)
雇用者からの2度目の電話というのは「今入国管理局から電話があって、自分がペナン空港へメイドを迎えに行くという(当たり前の条件なのですが念を押されたようです)ことでKLIA2まで行かないで良いことになりました」という内容。

2.書きながら気づいたので書きますが、「誰が迎えに行けるか」が曖昧だと感じました。
  メイドエージェントは一貫して「雇用者」が行かなければならない。それはコーリングビザが雇用者宛になっているためだという主張。
それに対して入国審査官が言うには「私」が来ても良いということ。それはコーリングビザにMM2Hエージェントとしての記載があるため。
でも入国審査官が言うことは微妙だとも思いました。メイドエージェントと勘違いしている節を感じましたので。
もしかしたら一般的なコーリングビザはメイドエージェント宛に発行されるのかもしれませんね。であれば、エージェントが迎えに行くということは当然アリなわけですから。
この件については、私にまたメイド契約のアシストのお話があった時に調べるのを怠らないようにしようと思います。

このメイドエージェントの良くなかったところは、「クアラルンプールから先の飛行機(ペナン行き)は請求額に含まれていないが、クアラルンプール行きもペナン行きも料金があまり変わらなかったのでペナン行きをご用意させて頂いた。」と言い訳というか、親切でペナン行きまで追加料金なしで予約してやったんだ的な言い方をしたこと。それならとことん「親切」に「航空券はペナンまで取ってありますが、引き取りはKLIA2です」と航空券の購入をした時点で知らせてくれれば良かったのに、と思います。

解決の電話を頂いたのが1時過ぎ。2時半には裁判所で弁護士に会う約束だったために大急ぎで支度をして外出。その後そのまま友人宅訪問。友人宅へはミシンを借りに昨日まで通っていました。何を作っていたのか・・・娘のスカートです。(笑)日本人学校の中学部は膝が隠れる長さの式服が必要ということで、でも同級生のママさん方のお話だと既製品では手に入らないということで、実際一時帰国していたママさんが日本で探してくれたんですが売っていないというお返事を頂いて、じゃあ仕立てに出すしかないと思って仕立て屋さんに持って行くも私が普段直しをお願いしている仕立て屋さんはスカートは得意じゃないとのことで断念。他の仕立て屋さんはケバヤの仕立てがめちゃくちゃ下手で(ケバヤは卒業式にママさん方ほぼ全員で着た)あまり頼みたいと思わなかったし日本人の間で評判というプラウティクスの仕立て屋さんも聞いた話によるとあまり良い仕立てではないとのことで(そのくせ一般の仕立て料金の倍取ってます)結局生地を買って慣れない事をやりました。今日が入学式で、スカートの完成は式の数時間前。(笑)型紙をA4用紙に打ち出すだなんて初めてのことで、接ぐ部分の表示が曖昧で前身頃と後ろ身頃の丈が違ってしまったり(だってA4用紙18枚も接ぐんですよ!!)チンタラやっていたのでチャコで付けた印が消えてしまったりで最後はかなーり適当、しかもダラダラやっている私を見かねて仕上げの一部は友人がしてくれたんですが、その友人というのはマレー人。こっちの人は仕付けをしてから本縫いなんていうことはやらないらしく、テキトーに目分量で摘まんで縫っちゃうので輪をかけてテキトーに出来上がっちゃいましたが(笑)ちゃんと履けたのでまぁ良しということで。あーーー、入学式もやっと終わったーーー 間に合ったーーー 娘、何て言ったと思います?「スカート出来上がらなかったら入学式欠席だったね」・・・確かにそうなったかも、ですね。とにかく終わったーーー これでまたブログの更新も再開できます。スカート製作始めてからブログ更新する時間ありませんでしたから。(笑)

ちなみに、型紙ってこんなでした。↓
11146356_10203719349768282_4043945369209264105_n.jpg

型紙はこちらから無料で頂きました。ボックスプリーツスカート型紙
コスプレ用ではなく、あくまで式服として作りました。(笑)

ちなみに、朝から子ども達のスカートを注意して見ていて気づいたことがありました。それは、何人かの子ども達が私も履いたことのある「日本の中高の制服のスカート」を履いていたこと。娘の同級生の中にも制服のスカートを日本で購入してきたという方がいらっしゃいました。でもその学校の生徒ではない場合は割引がないとかで、スカート一着1万円だったそうです。うーん、高い。私は時間はめちゃめちゃ割いてしまったけれど(10日間も!)コストは・・・RM20くらいかな、布とかファスナーとかで。日本円なら700円弱。やっす〜い(笑)でもこの「日本の制服」が頭にあったら日本の制服買ってあげてただろうなって思います。私が作ったボックスプリーツなんかより細かいプリーツのスカートのほうがずーっと可愛いですもん。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村


posted by りか at 02:34 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。