2015年06月25日

エアアジア、悪天候で着陸不可。出発空港に戻る。

昨日の朝の出来事です。
朝6時50分発のエアアジアでKLIA2に向かいました。ラマダンということもあり連日の睡眠不足で知らず知らずに爆睡。ところがパイロットのアナウンスで目が覚めました。
「KLIA2が悪天候のため、一旦ペナンに引き返します。」
にわかには信じられませんでしたが(寝ぼけてましたしね)、23Fに座っていた私の脇にある窓から朝日が入ってきているのにものすごい違和感を感じ、「あ、冗談じゃなく引き返しているんだ」と思いました。ペナンから南下する時Fの席に座っていたら朝日は見えないはずですから。

6時50分ペナン発、7時50分ペナン着になってしまいました。

着陸後、そのまま待機ということで、乗り継ぎ便があって焦っている人とトイレに立つ人以外は皆冷静に席に座っていました。そのうちまたパイロットからのアナウンスが流れ、KLIA2の天候が奇跡的に回復したので8時半に再び発つとのこと。KLIA2着は9時半。到着は出口に近いJ1ゲート。

この日、渡航前口座開設でHSBCに既に口座を開設し、送金も済ませていたお客様が本申請をする日だったのですが、この出来事で延滞。余裕を見て10時半にお約束をしていたのですがHSBCに私が着いたのは11時半を少し回ったところでした。

でもこの延滞で反ってその後の作業を焦りながらやることもなく、私も飛行機が引き返した時点でその日に本申請に行くのは無理がなければ・・・と思って今日にかけて作業する方向で考えましたので、他のことをする余裕もできました。一泊する必要はありましたけれど。

ただ、確認を怠った私が悪いのですが、お客様は今日のお昼過ぎのフライトで移動とのこと。本申請もタラタラやってられないと少し焦りましたが、昨日は午後4時にホテルにチェックイン、その後今朝のチェックアウトまで一歩も外へ出ることなく休息を取り、今朝は6時半過ぎにチェックアウトをしてプトラジャヤに向かいました。

ラマダンなので入管のカウンターもかなりマッタリ。私が観光省の10階に着いたのは8時5分ほど前だったんですが、8時になって番号札を取れるようになっても一向に呼ばれる気配なし。カウンターで仕事をしていた係官に声をかけると「ちょっと待っててよ、今書類作ってるんだ」という返事。その後もう一人別の係官が出て来たのでまた声をかけてみると、「番号札は取れるようになっているけど僕達まだ呼べるようになってないんだ」と番号呼び出しボタンを見ながらそんな返事。そこには責任者の方もいらしたので「このお客様、今日のお昼の飛行機でお帰りなんだけど。」と言うとその責任者の方自らが動いて下さいました。番号札関係なく。結局、私の番号が呼ばれたのは8時40分。その頃既に私はビザ代の支払いを済ませていました。「お客様、今日お帰りなの。」っていう言葉、とっても強い威力を持っていますね。それを聞き届けて下さった責任者(Ghaniさんという男性です)にも感謝感謝です。

昨日お約束した時間にお客様とプトラジャヤ駅でお会いし、パスポートをお渡ししお別れした私は、1泊しなければ絶対に行かなかったある場所へ向かうことにしました。Jalan DutaにあるMITI(国際貿易産業省)へです。官庁を一ヶ所に集めるというコンセプトでプトラジャヤは作られたはずなのに、何故かプトラジャヤに収まっていないところがあるのです。( ̄― ̄٥)(プトラジャヤは今から10数年前に人工的に作られ始めた都市です。私が行き始めた2005年頃は、まだあちこち草ぼうぼうの空き地でした。ちなみに、その頃はMM2Hは観光省の管轄ではなかったですし、地方の入管でもMM2Hビザの取得が可能でした。私が行ったのは今はお取り扱いを止めてしまった車の輸入に関係してです。)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン


posted by りか at 03:05 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。