2015年07月15日

病気療養ビザ

こんなビザがあるとは初めて聞きました。
かかりつけのお医者様からのレターがあれば、6ヶ月毎の更新ではありますが、病気療養ビザの発給が受けられるのだそうです。
初めて申請する時はお医者様からのレターのみではなく、検査データなど他に必要なものもあるのかもしれませんが。

いやぁ、こんなビザの存在、初めて知った〜〜〜。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 03:12 | Comment(4) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りかさん、これはビックリしました! こんなビザ昔からあったのですか、こっそりやってたのでしょうか(笑)ある日突然もうやってませんなんて事もありそうですね。
それと
Selamat Hari Raya Aidilfitri mohon maaf zahir dan batin です!
Posted by いまい at 2015年07月21日 01:09
いまいさん

すみません、先ほどこの書き込みに気づきました。
いまいさんもムスリムなのですか???
遅ればせながらサラマッハリラヤです。(笑)
Posted by りか at 2015年08月09日 02:31
はじめまして。

Google 検索で「療養 ビザ マレーシア」からやってきました。
貴重な情報、ありがとうございます。

双極性障害(躁うつ病)で、2012-2013年に KLにて療養目的で短期間ですが移住していました。
6ヶ月ごとの更新ということであれば、長期療養ができそうな感じですね。
駐日マレーシア大使館 査証部に電話して、詳細を聞いてみます。
Posted by yamasiro at 2015年12月02日 06:25
MM2Hでは、障害や病気持ちのお子さん(21歳以上)に特別に親御さんと一緒に滞在してもらえるよう特別許可を得ることができるのですが、以前yamasiroさんと同じ病気の方の申請がとても難しかったことがありました。
入管法に精神的な疾患をお持ちの方への長期ビザは発給しないことが書かれていますし、その時もビザ取得のために必要な健康診断を引き受けた医者自らが「その病名ではビザは取れないだろうから」と病名を偽って診断書を書いてくれたそうです。(二度却下されて私のところに回って来た時は日本とマレーシアの診断書の内容が違っている意味が分からなかったのですが、後日この件に関わった通訳さんが「先生が気を利かせて通りそうな病名を書いた」と教えてくれました。
それでも、正しい病名を前面に出した3回目の挑戦ではビザ発給が認められましたので、すんなりとは行かないかも知れませんが頑張ってみて下さい。
Posted by りか at 2015年12月02日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。