2015年10月05日

Amanahrayaで作成する遺言書とその執行に関わるコスト

ふと気がついたんです。
「下手によく理解していないスタッフを質問攻めにするよりWebsiteを参考にしたほうが確実」であることを。
書いてあるのを読むだけではよく分からないので、ベテランスタッフ、精通しているスタッフにWebsiteを見て出た疑問点を質問することでより知識が深まりますね。

最初のスクリーンショットは遺言作成にかかる費用とその費用を網羅する内容。
下のほうにはAmanahrayaを執行者としない場合(遺言を預けておくだけで執行は別の人・機関に依頼する場合。自分でもできるんでしょうか?)に支払う追加代金が表示されています。

12106834_10204746325682038_1708938419525593032_n.jpg

clause 条項
revocation 廃止、取り消し
funeral 葬式
appointment 任命・指名
executor 執行者
trustee 被信託人
guardian 後見人
beneficiaries (beneficiary) 受取人
residue 残余財産
commorientes 同時死亡
attestation 立証、証明
witness 証人
custodian 管理人
periodic 定期的な

一部理解不能な内容もありますが、だいたいどんなことが含まれているのかは単語の訳を当てはめていって頂ければお解かりになるのではないかと思います。

Amanahrayaが執行者となると、次のスクリーンショットに掲載されたような料金がかかってきます。

12112433_10204746325042022_8538418251766294126_n.jpg

昨日も少し触れましたが、最初のRM25,000に対して4%のサービス料、次のRM250,000に対して3%、その後のRM225,000に対して2%などとなっています。
例えばMM2H定期預金ですが、金利抜きで考えてみますと、RM300,000あるわけですので執行手数料は(RM25,000 x 4%)+(RM250,000 x 3%)+(RM25,000 x 2%) となり、合計RM9,000が手数料としてAmanahrayaからチャージされる、ということになります。これって1年分の金利に相当しますね。金利が低かったらやってられない手数料の高さです。

遺言って多分皆さんお作りになる時は額が比較的少額(AmanahrayaはRM371)なので何も考えずに作っていると思います。とりあえず作るっていうことであればそれでいいと思います。でも作ったら必ずその通りに執行しなければならず、しかももし自分で全て取り仕切ることができないとしたら?執行者に任せるとしたら?上記のように結構な額を請求されること、ご存知ですか?

それでも必ず遺言状をお作りになったほうが良いと思うのは、預金を単独名義で持っておられる方。MM2Hにしても、単身で参加しておられる方は共同名義にすることが不可能ですから、ご本人に何かあった時に遺言状がないと遺された人に多大な手数がかかります。もっとも、手数がかかっても遺産が貰えるのなら良いっか。という考え方もあるかもしれませんが。笑

なお、以上は現金(預金)に関してで、不動産は遺言状があるかないかで手数料のパーセンテージが違ってきます。不動産についてはまだまだよく理解していないことが多くて記事にできませんが、そのうち書けるよう努力したいと思います。
ただ一つ言えるのは、こちらも定期預金等と同様で、共同名義にしておくに越したことはないです。また、不動産はビザなしでも購入できるはずなので、ということは、ビザを持っていない家族でも名義人になることができるはずですので、年齢制限等をクリアしている場合にはその人も共同名義人のうちの一人にしておくのも良いかもしれません。子どもが何歳以上ならOKなのかは分かりませんが、この辺も機会があったら調べてみたいと思います。

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン


posted by りか at 07:09 | Comment(0) | 遺言・信託宣言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。