2015年12月17日

輸入時税金免除で輸入した車を売りたい

12347773_10205075778478152_2300892396285806626_n.jpg

結構皆さん日本から持って来られた自家用車を売却してからお帰りになっているのでしょうか。
去年も何件か今の時期にお引き受けした記憶があります。
今も一台、ある高級車について、お引き受けしています。

売るにしても廃車にするにしてもまずは税額が分からないと、ということで(註:廃車する場合には税金の支払いは生じません)、税額を算出してもらうために税関に書類を出す準備をしていた時、輸入時の免税許可が持ち主のお手元になかったので、この方は輸入を請け負ったKLの某社にお問い合わせをして下さったんですが、相手からの返事は「免税許可はネットで申請しているので紙ベースのお役所発行のものは存在しないのでありません」だったそう。これ、ウソです。確かに最近はオンライン申請になっていますが、役所発行の許可書はちゃんとプリントされ、責任者の直筆サインが入っています。少なくともこの方がお車をマレーシアに持ち込んだ数年前は絶対にプリントアウトされていました。「過去に免税輸入車の名義変更等何件も行なっているが、免税許可の書類が必要になったことはない」とも。まぁプトラジャヤの税関とペナンの税関では違うこともあるかも知れませんが、案の定さっき私はペナンの税関で「財務省からの書類は?」と訊かれました。輸入を請け負った業者が車の持ち主に渡さなかったからないと言いましたら受け付けてはくれましたが、一体どうなることやら。

私がお客様からご依頼頂いた車輸入を仕切る時には、通関業者などからの書類は私のほうにもコピーを貰っています。財務省からの免税許可のコピー、通産省からの輸入許可のコピーも私の手元に届きます。今年4月からGSTがかかるようになりましたが、そのGSTの計算記録も送ってもらいます。特に免税許可は今日の私のように税関では必要だと言われることもありますので、輸入を請け負った業者さんから貰って保管しておいても損にはならないと思います。

そして何よりも、自分に都合が悪いことはウソで固めるような業者は選ばないことが肝要ですね。

上の写真は税関のあるバタワースからの帰りのフェリーから写したジョージタウンです。左のほうにコムタが見えてます。

クリック、宜しくお願いしまーすっ。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 04:02 | Comment(1) | 車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この項目と類似の件ですが,マレーシアの
国産車を免税特典で購入後,売却する
場合の事務手続きについてご存知ですか?

無責任な中国系マレーシア人のおかげで
1年近くトラブル続きで大変困っています。










Posted by 阿知波 重春 at 2016年05月02日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。