2015年03月01日

海外に出たからこそ日本がよく見える

今日、むか〜し私にMM2Hビザ申請の依頼を下さった方とFacebookのメッセンジャーでお話する機会がありました。
驚いたことに本帰国を決めて先月引き払ったとのこと。
お子さん達が小さい時からこちらの学校へ入れて教育を受けさせていたので、何で急に突然?!という感じでしたが、行き着いた結論は「日本人としてのアイデンティティを大切にすること」。

教育移住する人たちは「英語が話せるようになること」に重きを置いて来る人がとても多いと思います。
それはそれで否定はしません。英語が話せるようになることは良いことだと思います。が、でも、英語を話せる子に育てたいというだけなら日本でだってできます。(それに、これは語学留学ではありません。)
それがうちの娘のような例。マレーシアで生まれ育ちましたが、日本人学校へ行っているため、彼女は完全に「日本人」です。流暢に話せるのは日本語だけだし、考え方など私よりよっぽど日本人らしい。(笑)
言語の習得なんて環境次第でどうにでもなると思います。日本語が話されている社会(この場合は学校)へ放り込んでしまえば否応なしに日本語を習得しなければ生きて行けません。でも言語習得よりもっと大切なことはたくさんあると思います。「物事をどんな風に捉えるか、そして考えるか。」ということも大切なことのうちの一つだと思います。

例えば韓国人の生徒が圧倒的に多いインター校で韓国流が主流として定着してしまえば皆韓国流が正だと思ってしまう。自分も最初は抵抗があったかもしれないけれどそれに慣れてしまい(慣らされてしまい)それが当たり前になる。その考え方はそれ以後当人には当たり前のことになるけれど、日本に戻った時に周りの日本人がその考え方に違和感を示さないだろうか?韓国流と気づかないで取り入れてしまった場合は悲劇ですね。(韓国じゃあ例えが悪いですかね。他の単一民族国家と置き換えてもいいです。)例えば教師が教えることはもちろん、その日々の習慣や言動も生徒に多大な影響を与える。こういうところから「人格」が形成されていくと思うんです。そしてそれはその子の「人格」が形成されるのに適切な環境なのか?ということ。
何歳くらいの時にそういう環境に放り込まれるかにも因ると思いますが、日本人として生まれ、外見も日本人で、将来も日本で生活することが前提で一時期ちょっとだけ外国を体験させようというのであれば、いつでも日本人として通用するように育てないと、将来困るのはその子だと思います。ハーフの子は「あ、ハーフだからそういうのは分からなくても仕方ないよね・・・」で済まされることが多いと思いますが、日本人に対しては「何あの子、ちょっと変じゃない?」になってしまうと思います。

「バナナ」。中国系(黄色人種)なのだけれど中身は白人という人を形容する言葉ですが、それが受け入れられるのは多民族国家だと思います。日本のようなところではさっきの「ちょっと変」という見られ方になってしまうんじゃないでしょうか。

まぁでも、こちらにいらしてインターに通っていても、放課後は日本人のお友達と遊んだりしていれば日本社会から隔てられるわけではないので、日本流とその他流の両方と接せることになり、考え方や習慣の違う人をも受け入れられるという柔軟性が身に付いて良いですね。

単にマレーシアで教育を受けさせるのが今の流行だからといっていらっしゃるのではなく、原発からの被害から逃れようとある意味仕方なくいらっしゃる方もいますしね。そういう方は日本に帰らないことが前提なのでしょうから、また違った育て方の選択肢があると思います。

でもあともう一つ、大切なことがあると思います。
それは教育内容の違い。
例えばこちらでインターに行かせておいて数年後日本に帰る場合。
そのインターの教育水準と日本のそれとを比較して大差がなければ良いのですが、一般的には日本のほうの教育内容のほうがレベルが高いと聞いています。(マレーシアの公立私立との比較した場合だとそうらしいです。先日日本人学校の授業を視察したローカル学校の先生の感想です。)
帰国子女枠を得るにもいくつかの制約があるようですし、何よりもやはり本人が授業についていけずに困ると思います。
そういうところまで考えて教育移住や学校選択に望んで頂けたらいいなぁと思います。子どもの教育はやり直しが効かないと思います。

*よく見えるの「よく」はgoodではなくてwellの意味で使っています。でも、外国から日本を眺めるとやっぱりgoodです。多くの人が精神的疾患(鬱病など)を抱えてしまうような社会なのはbadですけれどね。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 04:32 | Comment(4) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる

最近お友達と話していてとっても頭に残った話がありました。
語学力についてです。

なるほどなぁと思ったのは「幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる」ということ。
うちの子ども達を見ているとこのこと、結構頷けます。
息子(15歳)は現在英語で授業する学校に行っています。ま、英語と言ってもマングリッシュですが。それは置いておいて、彼が日本語を話す時は時々言い方が分からず、私が分かる他の言語(マレー語のことが多いです)に置き換えて言いますが、日本語自体のレベルは割と高く、「そんな言い回しも知っているのか〜」とわが子ながら驚くことが時々あります。
彼にとっての第四言語である日本語の表現力がそれだけあるということは、英語や中国語(小学校の6年間は中国語教育)、マレー語のほうが得意であろう彼の場合はそれらの語学力の心配はまずないということになるのかな?と思います。まぁ彼の場合は全部同時期に吸収しているので、ちょっと違うかもしれません。

むしろ、娘のケースがこれに当てはまりそうです。
娘(12歳)は小学校1年生から日本人学校で、今では日本語以外の言語は殆ど分からなくなってしまいました。それはそれで危機感があるのですが、日本語の語彙が少ないような気がするのが気になります。他の言語で授業をする学校に行かせてその言語を覚えるのは良いにしても、日本語が中途半端になりはしないかという危惧や、新しい言語で急に難しくなる授業内容に付いていけるのだろうかという不安もあるので、日本人学校の中学部へ進むことになりそうです。
英語やマレー語(特に英語ですが)は自主学習をしないとなぁと思います。こんな環境に住んでいるのに日本語しか分からないだなんて、シャレになりません。

でも、日本語のレベルが8だったとして、後から勉強する言葉のレベルが同レベルになることはあってもそれを上回ることって普通はないのかな?って思います。私達が中学に入って英語を勉強し始めた時も、「日本語では○○と言うのを英語では××と言う」という言葉の覚え方をしましたから、「日本語では○○」を知らない場合は「英語の××」も自分のものに出来ないような気がします。だって意味が分からないんですから。「英語で××という単語を習った。でも日本語訳の意味が分からない。」こういうことは稀だと思います。それが「幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる」ということなんだと思います。

自分で表現したいことが表現できないもどかしさ。そういうことが第一言語であってはならないことだと思います。娘の話を聞いていると、何か言いたくてトライするのだけれどもその表現が分からずに最後は「もういいや!」と言うのを止めてしまうことがあるのです。この部分、息子と大きく違います。息子は他の言語(第一、第二、第三言語のどれか)で表現できるのです。

私、よく「すごいね〜3ヶ国語もできるんだ?」と言われますが、「できる」ってどういうことなのか。言語で「できる」レベルっていうその基準は人によっていろいろで、私は日本語は「できる」ですが英語やマレー語は生活に困らない程度しかできないと思っています。英語やマレー語を理解しない人から見ると、私が日本語並みに英語やマレー語を喋れると勘違いなさるのかもしれません。

「教える者や周囲の語学力が教わる者に多大な影響を与える。」

学校選びって言葉の問題だけじゃありませんけれど、ウェイトは大きいと思います。
うちの息子はマレーシア人なので(日本人でもありますが)普通に公立のセカンダリーに行っていても構わないと思います。但し彼が将来をマレーシアで過ごすのなら、です。彼の話している英語を聞いて何度驚いたことか。「そんな言い方するんじゃないー!!」と。(汗)
ローカルの教師が教えているインターとは名ばかりの学校で話されている英語もそれとあまり変わりないと思います。
以前、某ローカルインター(と私は呼んでいます)に通う子が学校の同級生と思われる子と話しているのを耳にしたんですが、まるでマレーシア人が話している英語だったのにショックを受けました。その子、日本人なんです。
なので、いらっしゃるのなら入念な準備をなさるべきです。私の知っている方で、1〜2年前にいらして学校でテストを受け、人気校ですのでウェイティングリストに名前を載せてもらっていたという方がいらっしゃいます。そうやって、ちゃんとどこででも通じる英語で、ネイティブの先生が授業をする学校に入れてあげて下さい。
そしてもちろん、手抜き授業をしない学校を選んで下さい。昨日の帰り、バスの中で娘と話したんですが、「今の先生(6年生の先生ですね)は見回りに来た時に分からない問題で困っているとやり方をちゃんと教えてくれるけど、×年生の時の先生は見回るだけで教えてくれなかった」と言っていたのが印象的でした。日本人学校でさえそんなです。プリントばかりやらせる授業をしたりという学校もあるようです。そんなこと、学校に行かなくてもできますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エアアジアのプロモ、まだやっていますかねぇ?近隣諸国に行くチケット、ものすごく安かったです。お金と時間に余裕のある方は是非ご旅行なさってみては?カンボジア情報・インドネシア情報にもちょっと登録してみました。クリックお願いしまーす!!
↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 19:48 | Comment(2) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

学生パス+保護者ビザ その後

日本人学校に学生パス+保護者ビザで通ってきているお子さん&保護者さんが数組いらっしゃいますが、日本人学校の場合は今までに既に学生パス+保護者ビザで通っている方に関してはその更新は可能なんだそうですよ。今日は運動会だったので観戦しに行ったのですが、事務の方とちょっとお話をする機会がありましたので確認してみました。

先日、むか〜しMM2Hビザの代行を依頼下さったお客様とエコパラダイスで偶然一緒になった時に出てきた話で、日本人学校ではなくどこか別の学校だったのですが、学生パス+保護者ビザで滞在している一家の更新がダメになった学校があるという話がありました。別の知り合いの方にも先日このことを聞かれましたので、少なくともペナン日本人学校は新規がダメになっただけ、というご報告です。

就労ビザの帯同者はもちろん、MM2Hビザの帯同者ももちろん在籍可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:36 | Comment(1) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

学校選択・・・自分の目を信じて

私がブログに書いた某インターの記事に関して、ブログの読者の方から次のような主旨のメールを頂きました。

「編入する前からその学校の英語のレベルが低いのは案内をしてくれたエージェントに聞いて知っていたが、他の学校はどこもいっぱいで編入できず、ある意味仕方なくその学校に子どもを入れた。
数ヶ月経って子どもの英語がどれだけ上達したか、プライベートの英語学校でテストをしてもらったら幼稚園レベルだった。その英語学校の先生も、『わが校に来るのはそのインターの子たちばかり。』だと言う。
英語強化クラスというクラスがあり、授業についていけそうにない子どもはまずその強化クラスで英語の勉強をするのだが、先生が来なかったり、来ても授業などせず、インターネットのゲームをさせたりしているだけだとか。ノート記入もない。
それを、エージェントとしてその学校の斡旋をしている人から聞いた。
自分は、そんな事実を知っているにも関わらず日本人をその学校へと勧誘している人がいることが信じられなかった。」

ペナンも含めて、どんな理由でマレーシアへお子さんを連れていらっしゃるかの理由にも因りますが、世界で通用する英語を身につけさせたいということなら特に学校選びは慎重になさって下さい。中には経済的な理由でこのくらいしか出せないからこの学校、と決めてからいらっしゃる方もいますから、そういう方には私は何も言いません。アシストに徹します。が、そうでないのなら、子どもの一生を決めると言っても大袈裟ではない(と私は思う)学校選び、「どこも空いていないから仕方なくここ」ではなく、マレーシアで教育を受けさせることがそれをもてはやしたテレビ番組で感化された結果でないのなら事前準備として学校見学をしたり先輩の親御さんなどから話を聞いて、必要ならキャンセル待ちをしてでも、お子さんにとって「良い学校」だろうと感じる学校を選んであげて下さい。原発からの避難などの別の理由の場合には仕方ありませんけれど・・・。

それから、世界で通用する「英語」を勉強することはもちろん大切ですが、忘れてはいけないのは「英語学校に通って英語を勉強する」のではなく、普段の勉強を「英語で」勉強し、理解しなければならない学校に通わせるということだと思います。語学留学じゃないっていう意味ですね。この場合、英語は「手段」です。「手段」を持たない子どもにその先のことができるとは思えません。セントクリストファーのように、ある一定の英語力がなければ入学を許可しない(=授業についていけそうにない児童は入学させない)学校もあります。なので、日本で英語を勉強しておくという子ども自身の事前準備も大切だと言えそうです。

上記メール内に出てくる、そんな学校に日本人を斡旋している人、ですが、その人からすると子どもがどう育っていくかなんて重要じゃないのかな、その人にとっては教育より商売のほうが大切なのかな?って感じがします。

そういえば、シャアラムのほうに規模のとても大きな学校が割と最近できましたが、その姉妹校のほうか新しいシャアラムの方かは忘れましたが、そこにご子息を入学させた方が「あんな学校、学校じゃない!」と憤慨なさってご子息を転校させてしまったとか。何が理由でかは私は知りませんが、そういうことは親御さんの間ではすぐに話題になることでしょうから、知ろうとすれば簡単に分かると思います。

今のところ、私はペナンの日本人学校が良い学校の上位に入ると思っています。(笑)英語教育ということで考えるのなら日本人学校はダメですが、学校としてはとても良い学校に見えます。(子どもが通っているからと贔屓して言っているわけではありませんので誤解しないで下さいね。子ども達も親御さん方も、もちろん先生方も、皆いい方たちばかりです。)

それから、将来日本に戻って教育を続けるという方は特に、マレーシアでお子さんを「日本人でもなく外国人でもない、変な日本人」に仕立て上げないような注意も必要かと思います。日本社会が排他的なのは皆さんよくご存知だと思います。「出る杭は打つ」ですし、その辺のところは気をつけないといけないのでは?とよく思います。

あともう一点、マレーシアの英語(=マングリッシュ)に慣れてしまうとイギリス英語やアメリカ英語、それからオーストラリア英語など、本当の英語圏とでも言うのでしょうか。の英語を話す人との会話に緊張してしまいます(私の話です)。時にはマレー語や中国語が英語の中に混ざったりするのがマングリッシュの一つの特徴でもありますが、そんな英語を英語圏で話しても理解などしてもらえません。中国語については私は分かりませんが、マレー語は動詞に過去形やら未来形といった形がありませんから、英語でもそのまんま話している人、書く人が大勢います。そんなでもマレーシア人同士だから通じるんです。マングリッシュに慣れてしまうと英語圏に行った時が恐ろしいです。見学しに行った学校でどのような英語が使われているのか、児童生徒の会話に耳を傾けるとすぐ分かるのではないかと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 04:25 | Comment(1) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

「移住」について

最近ブログ村(こちら)をよく見ています。とても興味深く、共感できる内容の記事がありましたのでリンクさせて頂きます。

そのブログはこちら

まだ2年半の滞在歴と書かれていますが、とても的を得ているご意見だと思います。
私も最近「教育のために」を第一の理由としてマレーシアにお越しになろうとしている方々からのご質問やご依頼を頂きますが、何だか安易に考えている方もおられる気がします。

特に行く学校、関わる相手で子どもの人生は左右されると思います。
もちろん、マレーシアがそれに相応しいと思ってお越しになろうとしているのでしょうが、もしも合わないと判った時には軌道修正できるような余裕も残しておいてほしいです。

前にも書いたと思いますが、日本の現実(原発事故など)からの避難ということであればそれで良いと思うのですが、ただブームだから、流行っているみたいだからという安易な理由でマレーシアで子どもに教育を受けさせるのは、後で大変な思いをするかもしれないのは子どもだということを念頭に入れて考えてほしいです。

一日一クリック、宜しくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 10:18 | Comment(0) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

ペナンでの子どもの教育

最近はいろんな理由からお子さんにマレーシアで教育を受けさせようという親御さんがいらっしゃいます。
マレーシアの教育現場を放映したテレビ番組に感化されてという人もいるようです。
また、放射能から出来るだけ遠くへ避難する目的の方も多くいらっしゃいます。

いらっしゃるのは各個人のいろいろな考えがあってのことなので私は基本お引止めはしないのですが、理由を聞いて「そういうことなら来ないほうがいい」と反対したことが一度だけあります。

日本ではいくつもの事業を担っているご夫婦で、お子さんは日本でインターナショナルスクールに行っているというご家庭。
ペナンでそのお子さんを編入させようとお母さんが選んでおられたのが、私の目から見たらどう考えてもローカルに毛が生えた程度の学校。
これじゃあお子さんが可哀相です。
もしこのご家族が放射能から逃れるのも理由の一つとして挙げておられたなら否定的なことは言わなかったと思いますが、それでも日本のインターナショナルスクールからペナンのローカルだかインターだか判らないような学校へ編入させることは回避するように進言したと思います。

日本のインターとペナンのそのレベルのインターとではまず覚える英語が違います。
日本のインターで教えているのはネイティブの先生ばかりだと思います。
言葉って、ネイティブスピーカーに教わるに越したことはないですよね。(もちろんネイティブスピーカーであるだけではダメですが。)
ペナンのそのレベルのインターでは、英語圏で一時的に教育を受けたマレーシア人の先生が教壇に立っていることが多く、全ての先生がそうだとは言いませんが、発音がローカライズしていたり、独特の言い回し・熟語などを知らない人もいます。
もともと日本のインターで勉強していたのに家族離散までしてペナンへ来て、覚えるのがローカル英語だったら・・・目も当てられません。
日本でインターに通わせられる経済力があるのであれば、日本人として生まれたのですから日本で日本の文化に囲まれて日本人として育ってほしいと思いました。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マレーシアでお子さんに教育を受けさせることが流行で、それに乗ってやって来たというのも別に悪くはないと思います。
この場合、大きく分けて日本人学校に通わせる場合とインターに通わせる場合が出てくると思いますが、インターに通わせる場合には「じゃあ日本語はどうするの?」ということになると思うんです。
インターで勉強したからといって日本人でなくなるわけがなく、どこに行っても誰の目から見てもその子は日本国籍を持った「日本人」です。
でも日本人なのに日本語の読み書きができないってどうなの?って思います。
日本は識字率がほぼ100%です。日本国籍を持つのに(日本国籍しか持っていないのに)、そして端から見たらどう見ても日本人にしか見えない子なのに日本語の読み書きができないというのは帰国した時に異常ということになりはしませんか?(日本に帰国しないつもりなら別に良いですが。)
日本で就職活動をするのなら、最近は社内でのコミュニケーションが全て英語というところもあるらしいですが、日本語の読み書きができないのはお話にならないのではないかと私は想像しますが最近の日本事情には疎いため、これは憶測でしかありません。
私の書いたことから何かヒントを得て頂ければと思って書いています。

今日こんなことを書く気になったのは、こちらの元(?)お客様のブログの記事を読んだためでした。
まぁ、もともといつか書きたいと思っていたペナンの日本語補習校のこともあったんですが。

最近お子さんを連れてペナンでの生活を始めた方は、最初上のお子さんはインター、下のお子さんは日本人学校というつもりでおられたのですが、いくつかの理由で上のお子さんも下のお子さんもインターに通うことになりました。
下のお子さんはまだ5歳。というと、日本だとひらがなくらいは幼稚園で勉強していますか?(マレーシアの幼稚園だとアルファベッドはもうやってますね。)
数年間のステイを計画なさっているご家庭なので、いずれは帰国ということになります。5年いらしたとして、下のお子さんが5年生か6年生になる時に帰国するとします。上のお子さんは今5年生ですから、日本語の基礎はほぼ出来上がっているはずですのでまだ良いですが、5歳から5年生まで日本語を勉強しなかったお子さんが6年生になった時に日本の小学校に行って授業に付いて行けるでしょうか?

こんなお子さんに私がお勧めしているのはこちら、ペナン日本人補習授業校
今日、私の問い合わせメールに対して運営を担当しているうちのお一人(こちらも元お客様)からこんなメールを頂きました(下記。一部抜粋)。

基本的には
日本に戻った時に、日本の学校の国語(現在国語のみです)に遅れをとらず
ついていけることを目標にしていますので
一から日本語を学びたいという方には適していません(家庭で日本語を話している
ということも条件になります)が
日本の学年相当レベルには追い付いていない方には
学年を落としてのスタートもOKです。

生徒さんの増加にともなって
先生の補強も一番苦労しているところです。

もしりかさんのお知り合いで、教員経験のある方などいらっしゃって
土曜日の午前中、お手伝いできる方がいらっしゃれば
ぜひ紹介してください。
MM2Hの方で、教員を退職された方等もOKです。

ペナンで英語を勉強しながら土曜日は日本に帰った時に日本の学校の授業に付いて行けるような準備(バックアップ)もしておく。これってとっても良い環境だと思うんですが。クアラルンプールではできないことですね。(イポーではできますよね、補習校がありますから。)

児童・生徒が増えてきたため、先生が足りなくて苦労しておられる様子がメールから覗えます。土曜日の午前中を未来の日本を担う現在の子ども達のために一肌脱いでやろうという有志がおられましたら是非お知らせ下さい。私にお知らせ下さらなくても、直接補習校のほうへご連絡下さっても良いと思います。

皆様のお蔭でとうとうベストテン入りしました!!
更なるアップのための応援のポチッ、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:09 | Comment(0) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

とうとうペナン日本人学校もダメになったようです。

何がダメになったか。今まで学生ビザ+保護者ビザという風に、子どもがビザを取得してそれに親がぶら下がる形での滞在が可能だったのですが、それがダメになったようです。(クアラルンプールの日本人学校はこの点以前からダメで、親が何らかのビザを持っていて初めて子どもが日本人学校に編入できるという話でした。)

教頭先生が確認のために児童・生徒の保護者一人ひとりに確認の電話をなさっていたようでした。本当にご苦労なことだと思います。

先日フランス系の学校(Lycee Francais de KL)のことでご質問を受けた時にこの学校に通う児童・生徒のビザについて調べたのですが、この学校では現在は駐在員などの就労ビザ(大人)にぶら下がる形の帯同者ビザでしか子どもの滞在が認められていないが、来年2月からは学生ビザを取得してそれに親が帯同するような形もできるようになるとの話でした。

何だか学校や学生ビザの基準が変わったのでしょうか。あちこちの学校でいろんな変更を耳にします。

(追記)

KLにある台湾系の学校(Chinese Taipei School)でも少し前に似たような話があり、在籍中の児童のスチューデントパス更新は可、新規は不可となったそうです。ペナン日本人学校に対しても同じ結論が下されると良いのですが。
posted by りか at 02:43 | Comment(4) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする