2015年12月19日

MM2H申請代行・渡航前MM2H定期預金口座開設・遺言状作成 カップルの方で180,000円で如何でしょう?今日から次にアナウンスするまでの料金設定です。

920667_10205091325106808_4360802233611797913_o.jpg

今まで私が渡航前口座開設をお願いしていたHSBCブキッビンタン支店は内部規則?が厳しくなって渡航前口座開設をやってくれなくなってしまいました。
でも実は、それと前後してそれまでよりももっと良いコネを得ることができてしまったんです。
今月からお願いしているところでは、ブキッビンタンの担当者がやってくれなかった「MM2H用定期預金証書」「観光省提出用の銀行からの書類」まで、渡航前口座開設としてやってくれてしまいます。
なので、お客様が本申請にお越しになった時には健康診断だけしてから観光省へビザを貰いに行けることになり、これだと観光省のシステムダウンがない限りは半日で全て終了ということになります。

もちろん、キャッシュカードやインターネットバンキングの設定は必要な方が多いと思いますので、それは同料金の範囲内でサービス致します。

銀行関係が当日までに全て済ませられているというのは実はとても大きな意味があります。

一つは銀行のシステムダウンを気にしないで良い事。
12月初めにもシステムダウンがあって希望する手続きができなかった方がいらっしゃいました。
銀行関係が全て済んでいる状態で渡航して頂ければ、システムダウンがあろうがなかろうが、本申請は進めることができますよね。

もう一つは遺言状作成。
MM2H用定期預金が作成済みですので、それについての遺言状を作っておくことが可能です。
私がお取り扱いするのはAmanahraya、政府系ですので民間よりは安心かと思います。安価でもありますし。
ビザ申請より前に不動産を購入なさっている方もいますよね。そういう方がその不動産についての遺言を盛り込むことも同料金内で可能です。
本申請にお越しになる際に正式に発効するためのサインをして頂く形になりますので、遺言状自体はご自宅への郵送となります。(遺言状作成実費RM371は別に申し受けます。)

こんなサービスはもうとっくのとうに自分たちがやっているよ!という某エージェントさんの声が聞こえてきそうですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・
なお、このサービスはクアラルンプール・ペナンの二ヶ所で可能です。

クリック、宜しくお願いしまーすっ。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 15:38 | Comment(4) | サポート料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

そろそろ最初の10年が終わって更新(延長?)する時期に来ている方がいらっしゃいますね。

何が更新で何が延長?っていつも思うんですが、まぁ最初に貰った仮承認レターに書いてある10年が終わろうとしている方がちらほらいらっしゃいますよね。
マレーシアに住み続けておられる方は申請書類を提出してから7営業日後以降に出る再度の仮承認を待って、またビザを貼ってもらいに移民局へ行けば良いですが、その頃日本に住んでおられる方はどうしたら良いでしょう?
銀行からMM2H定期預金がきちんと預金されている証明を貰ったり医療保険に加入したり、健康診断を受けたり・・・何日かかりますかねぇ・・・。
健康診断はご本人が行かなければできませんが(ご本人が行かずに診断書を書いてくれるという藪医者・凄腕エージェントもいるそうですが。^^;)その他のことはこちらで準備を完了させておくこともできます。システムダウンなどの障害がなければ1日で全て完了できてしまいます。
日本におられるということはまだお仕事をしていらっしゃったりと忙しく過ごしておられる方だと思いますので、是非このサービスをご利用下さい。サービスと言っても有料(ご夫婦・ご家族・単身全てRM2,500)ですが・・・。
なお、銀行からの証明がご本人が出向かないと作ってもらえないということもあります。その場合にはRM2,000でお引き受けします。銀行からの証明を貰って他の書類と一緒に提出し、7営業日後以降に承認を貰えるということになりますから、かなりの時間的ロスが出ますね。こちらに継続してお住まいの方は問題ありませんが。

昨日は新規のビザ申請2件と輸入した車のお届けがありクアラルンプールへ行ったのですが、そのついでに(ついでですみません)某銀行のブキッビンタン支店へ行ってこの「銀行からの証明」について問い合わせてみたところ、「明日から月曜日まで休暇なんだけど・・・」という返事。これって「作ってあげられるけど、すぐにはできない」という意味ですよね。私は第三者の依頼で作れるか作れないのかを聞きに行ったんですが、相手がくれたのは作れるのがさも当たり前の返事。本当はご相談者からはご依頼すら正式にお受けしていない更新(延長?)の件で単に「第三者の依頼で書類を作ってもらえるか」を聞きに行っただけだったんですが、行員がせっかく作ってくれる気になっていたのでお願いしてきちゃいました。ご相談者からご依頼がなければ無駄になってしまいますが、その時はその時で作ってくれた行員に心のうちで「ごめんなさい・・・無駄になりました・・・」と謝ります。(^^;

銀行によっては他人が依頼するなんて言語道断と言われそうなところもあるかもしれませんが、MM2H定期預金を多く扱っているような支店ではそんなつれない対応はしないと思います・・・でもエージェントが依頼するのではダメという場合にはRM500値引きしますのでご自分でお手配をお願い致します。m(_ _)m

クリック、宜しくお願いしまーすっ。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 06:42 | Comment(3) | サポート料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

パスポートの更新に伴うビザスティッカーの貼り替え

またまた3週間も空いてしまいました。

Facebookはかなり頻繁に更新しています。他愛のないことばかり書いていますが、時々ブログに書くような内容をFacebookに書いていることもありますので、良かったら覗いてみて下さい(ここをクリック)。なお、友達申請はひとこと添えて頂けた場合(面識のない方の場合には簡単な自己紹介をお願いします)にのみ対応します。私も時々あるのですが、友達申請した記憶が全くないのに「承認されました」とメッセージが来て困惑することがあるのです。間違いで申請したのではないことを示すためにも、ひとこと自己紹介を添えて頂きたく思います。

で、最近どんなことをやっているかと言うと・・・
特に多いのがタイトルにもある「パスポートの更新に伴うビザスティッカーの貼り替え」。
帯同者(多くの場合は妻が帯同者のことが多いです。)のパスポート期限のほうが主申請者のそれより短い場合が一番負担が大きいですね。
どういうことかというと、例えば主申請者のビザの期限(=パスポートの切れる1ヶ月前までのことが多い)が2017年3月30日だとします。対して帯同者のビザの期限が2016年1月30日(=パスポートが切れるのは2月末)だった場合、帯同者はビザの切れる1月30日より前にパスポートを新しくしてその新しいパスポートにビザを貼ってもらわなければなりません。でもこの時帯同者が10年もののパスポートを用意しても、ビザを貰えるのは主申請者のビザの期限の2017年3月30日までということになります。なので、2016年1月30日までに一度、そしてさらに2017年3月30日までにもう一度(この時は主申請者も仮承認の出ている残りの期間を貰うことになります)と、1年そこそこで2度の作業が必要になるのです。

(なお、両者のパスポート有効期限のずれが1年未満である場合には作業を1度減らすことができる可能性がありますので、お問い合わせ下さい。)

来週、遅くても再来週には手続きをしようと手元に預かっているものがありますが、ひとつは正にそれで、今回は帯同者のみ主申請者が貰っている期限までの延長をします。帯同者はパスポートを新しくしたので2025年まで有効のパスポートをお持ちですが、主申請者のビザの期限が2018年なので今回は2018年までのビザしかもらえません。対して、ご夫婦でパスポート取得日が一緒の方のものもお預かりしています。こちらはお二人ともパスポートを新しくしましたのでお二人同時に仮承認の残りの期間をもらうことになります。

お一人の場合はRM800で、お二人の場合はRM1,500頂戴していますが、これからしばらく(次にアナウンスするまでは)お二人の場合はRM1,300でお引き受けします。但し、今日ご依頼下さったお客様のお話では「他の3つのエージェントにも問い合わせたが、本人がプトラジャヤへ行かなければならないと言われた」とのことですが、私の場合は私がパスポート等をお預かりして行って参りますので、ご本人にプトラジャヤの観光省まで同行して頂く必要はありません。他よりも若干高めかも知れませんが、交通費、もしかしたら宿泊費までかかるかもしれないことを考えれば、そして何よりも面倒だし疲れる、という方にはおススメです。是非ご利用下さい。
なお、ペナンやKLではパスポート等はお会いしてお預かりしますが、ご依頼者がJBやその他どこにお住まいであっても、パスポート等の郵送(EMSですが)に躊躇がおありでなければ同額でお引き受けできます。

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 04:24 | Comment(3) | サポート料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

申請にかかる費用

MM2Hビザの代理申請を16万円でお引き受けすると書きましたが、これには翻訳料・認証料が含まれていません。

これにはいくつか理由があるのですが、大きな理由として、申請者それぞれが提出なさる書類が違うというのがあります。
英文で書類を用意して頂けると、翻訳料はもちろんかかりませんし、頂く書類が原本であれば認証料もかかりません。
つい最近代理申請をご依頼下さった方に「後々トラブルになるのを防ぐために事前に翻訳料や認証料を一定の額に決めてほしい」と言われました。もちろんそうすることもできなくはないのですが、例えば日本でパスポートの認証もして、資産証明も銀行から英文のものを出してもらって、とご用意頂くと、私のほうでは翻訳料も認証料もかかりません。翻訳料や認証料として頂いたものがまるまる私の利益になってしまいます。また逆に、翻訳しなければならない内容が何枚にも渡って点在しているものを提出されてしまうと、それだけ翻訳料が嵩んでしまいます。

確かに最初から「○×円しかかからない」と言われていれば安心ですよね。まぁでもそういう謳い文句のエージェントでも、申請にかかる費用として保険加入料などは加算していないでしょうと思いますが。全く難しいものです。

ちなみにご参考にして頂きたい翻訳と認証にかかる費用ですが、先月から宣誓官の認証が無効となったため、現在公証人など他に観光省が認める機関の認証が必要となっています。
私がお引き受けする場合、パスポートの認証は無料、その他のオリジナルでない英文の書類は1セットにつきRM20、日本語の書類でコピーの場合はそれも1セットRM20と、認証にかかる費用はそれほど高くありません。
翻訳+認証の場合は1枚に付きRM80〜RM100前後かかります(1セットではなく、1枚1枚の料金です)。

なので、全て込みをご希望される方には+20,000円で如何でしょうか・・・?実費を頂くか、+20,000円を選択できるということで。

ご意見やご希望をお聞かせ頂けると参考になり、ありがたく思います。

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 12:27 | Comment(0) | サポート料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

渡航前口座開設費用込みで16万円でお引き受けします!

世間はどこもかしこもMerdeka Sales中。だから、というわけではないですが、MM2Hビザ申請をお一人16万円、ご夫婦の場合16万5千円でお引き受けすることにしました。HSBCプレミア渡航前口座開設、或いはHSBCプレミア又はCIMBの口座開設準備(※後に述べます)込みでこの価格は破格かと。渡航前口座開設は殆どのエージェントさんができないことですので(私が知る限りではStep1Malaysiaさんだけです)、ぜひぜひご利用下さい。エージェントの口座に大金を振り込むなんてアブナイことはせずに、ぜひぜひ初めからご自分の名義の口座にご送金なさって下さいね!
詳しいことはまた明日以降書きます。(と思います。笑)
私が書くのを待ち切れないという方は個々にご連絡下さい。(笑)

今日お問い合わせ下さったお客様、早速成約となりました。ありがとうございますっ!

※HSBCプレミア、CIMBでは、(もちろんその他の全ての銀行でもそうですが、)仮承認がまだ受け取れていないお客様の口座開設はできません。但し、仮承認が下りた時点でマレーシアにいらっしゃらなくても、それより以前に渡航なさった時点で必要書類の記入をしておいて下されば、仮承認レター発行時点で自動的に口座が開設され、口座詳細がお手元にメールで届くよう手配しておくことが可能です。

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 02:56 | Comment(2) | サポート料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする