2014年02月22日

CIMBではキャッシュカードの使用停止を依頼するとインターネットバンキングも使えなくなる。でもMaybankは大丈夫!助かった〜

お恥ずかしいことにパスポートから携帯電話からバックごと盗まれてしまった私。でも失敗事って反省点が出てくるわけで、その反省点は次の被害を生まない源になると思うんです。恥を忍んでこの件にまつわる話を書いていきます。

盗られたバックの中にはお財布も入っていましたから、当然ATMカードやクレジットカードも入っていました。
悪用されることはないだろうとは思いつつ、でも最近はデビットカードとしても使えるキャッシュカードも多く、特にデビットカードやキャッシュカードは他人でも簡単に使えてしまうケースも多いので、失くしたら即ブロックする必要があると思います。
実際自分のカードが使えない今、私は息子の銀行のカードを使って買い物をしたりしていますが、誰一人として裏面のサインと私のサインが違うということを言い出しません。息子のはABC、私は漢字を使ってサインをしているのですから、誰か一人くらい「おかしいんじゃ?」と言ってくる人がいても全然おかしくないんですが。というか、指摘する人がいないということのほうがよっぽどおかしいですよね。

銀行関係は真夜中でも電話が繋がりましたので即停止が可能でした。
ただ、普段用がある時はカードの裏を見て、そこに書いてある電話番号に電話をすることが多いですが、今回のように手元にカードがない時にはどこに届け出をするべきなのかが分からず焦りますね。私は同じ銀行のキャッシュカードを持っている友人や家族にそれを見せてもらったり、ネットで調べたり、100だったか103だったかの電話番号案内にかけたりして調べました。

思ったこと・・・普段からこういう連絡先についてはメモを取っておいてすぐに分かるようにしておいたほうがいいですね。

銀行関係は電話が繋がりましたが、Tune Bigカードだけは夜中通じなかった記憶があります。
でももしかしたらこれは私が間違った番号にかけていたからなのかも知れないと今は思います。やはりカードの裏面に記されている電話番号を記録しておいたほうが良いですね。

CIMBにサービスストップの依頼をした時に、キャッシュカードが使えない間はインターネットバンキングも使えなくなりますと案内されました。一方、他の銀行からはそのような話はありませんでした。
私、電気代の支払いなどはネットバンキングですることも割とあるので、使えなくなると困るなぁと思っていたら・・・CIMBは使えないけれど、Maybankは使えるのですね。道理でMaybankのキャッシュカードのサービス停止を依頼した際にインターネットバンキングが使えなくなる案内なんてなかったわけです。
CIMBのインターネットバンキングが使えないのは結構痛いですが、Maybankのほうが使えるので本当に助かりました。

思ったこと・・・カード類のうち、予備のような位置づけで一枚ぐらいは家に残しておいても良いのではないかと思います。カードが全く使えない=預金の出金ができない(どうやって生活するの???)、支払いが滞る(例えばAutopay=予定されている自動引き落としができない)。再発行依頼すれば簡単じゃんとお思いになるかも知れませんが、パスポートもないのでカードの再発行依頼ができないのです。
また、何も考えずに全てのカードにストップをかけてしまいましたが、少し冷静になってストップする必要のないカードがあるのではないかを考えてみると良いです。私はバカなことに、新しく差し替えのために送られてきていたHSBCのカードまで(家にあるんですが、まだアクティベートしてません)サービス停止の依頼をしてしまいました。カードが手元にあるのならキャンセルする必要なんてないのに。

とにかくカードが新しくなるとそれに伴って今までのAutopayの登録もし直す必要があるんじゃないかなぁ。当然カード番号なんて変わってしまうはずだし。
ったく、えらい体験をさせられています。でもこの一つ一つって知っておくといざという事があった時に力になってくれるかもしれません。

順位アップにご協力下さい!!m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:42 | Comment(2) | Maybank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする