2015年04月22日

Simmyさんとランチ

Simmyさんと言えばペナン在住の日本人で知らない方はいないと思います。数日前ランチのお誘いを頂いたので今日ご馳走になりに行って来ました。
何年も前からの知り合いではあるものの、それは上っ面だけの知り合い。病院を見学したいというロングステイの下見にいらした方のご案内か、病気や怪我でお医者様に罹りたいという方の付き添いでLoh Guan Lyeへ行ってお世話になるというだけだった関係。じっくりと座って話をする機会などなく、今回がその初めての機会。

Loh Guan Lyeが他の病院に比べて秀でている部分の一つに、日本語通訳が複数名(現在は4名)いることが挙げられるかと思います。AdventistやIsland Hospitalにも日本語通訳はいますが、それぞれ各1名ずつしかおらず、勤務時間外だと冷たい対応だったりということも実際にありましたので、4人もいれば当然誰かは必ずアテンドしてもらえる(だろうと想像します)点ではポイントが高いと思います。
他の病院に罹っている日本人の患者さんがLoh Guan Lyeに連絡してくることもあり、そういう時は「あ、あそこの病院の日本語通訳が休みなのだな」と思うのだとか。私だったらいつも同じお医者様に診てもらいたいですが・・・そうやってあちこちに行っても平気な患者さんもいるのですね。

私は子どもが生まれて以来小児科も自分が罹る時もずっとAdventistなのですが、それはもう何年もお世話になっている馴染みの先生がいるため。当初Adventistを選んだ理由はとても単純で、家から一番近いため。そして市バスで行きやすい(帰りやすい・・・現在は過去形ですが・・・前の通りが一方通行になってしまいましたので。)こと、そして当時はLooking Goodと呼ばれていたMidland、いや、One Stopかな?Berjayaホテル改めGeorgetownホテルだかいう名前に変更になったホテルのあるショッピングセンターが斜向かいにあり、入院中のお買い物にも便利だったこと。(その頃はガーニープラザはまだなかったのでこのショッピングセンターは栄えていました。)そして、夫の友人の医者の同僚だったという医者が小児科にいたこと。理由はこれだけです。

当時はAdventistやLam Wah Eeは診察料や検査料が比較的安価だったというのもあります。入院の際の部屋代にしてもそうでした。GMCやLoh Guan Lyeはとても高いという印象。でも去年Adventistに罹って感じたんです。診察料が高くなったなぁと。そして今よくよく考えてみるとLoh Guan Lyeよりもむしろ高くなっているようだと。いつの頃から逆転してしまったんでしょうか。Simmyさんも「どこもそれほど変わらない」とさっき言っていましたが、思い起こしてみると本当にそうです。Loh Guan LyeではRM100いかなかったはず。AdventistはRM100かそれ以上します。もっともこれは診察料だけなので、検査や部屋代はどうなのか分かりませんが。

Simmyさんら日本人の通訳に付いて下さる方たちは、特にサービス面には気を遣って下さっているようです。Loh Guan Lyeには旧館と新館があり、入院の際の室料も違いますが、旧館の料金で新館に入院できるようにとか、4人部屋の料金で2人部屋にアップグレードを試みてくれたり、ということを積極的にしているそうです。
もっとも、多くの日本人の方は何かしら保険に加入しておられ、しかも部屋代がいくらいくらまでなどと決まっていなければ有り難味も薄れてしまうんですが、マレーシアの保険、私が加入しているPrudential保険などは1日の部屋代の上限額が決められているので、それを上回ってしまうと自腹ということになります。なので、こういう心遣いは嬉しいですね。

保険という言葉が出ました。保険は今日のメイントピックになった話で、まず、Simmyさんに「MM2Hビザを取得する時の保険はどんな保険をお勧めしているの?」と訊かれたので、「私の場合はビザを取る目的だけの場合には安価な保険を紹介している」と答えました。でも当然この安価な保険はその後継続してマレーシアに滞在なさる方には不向きで、カバーのしっかりしている保険に加入する必要があると思っています。そのことを言うとSimmyさんは「3ヶ月以内の短期滞在なら、クレジットカード付帯保険でまかなえることが多い」「但しカバー内容やカバーを有効にするための条件の確認が必要」とご意見下さいました。カバー内容とはその言葉の通りで一体何がその保険でカバーされるのか。例えば重病で帰国には医師の同行が必要といった場合、その重病人の移送費用やお医者様が同行する際の報酬やコストのカバーがあるのかないのかとか、持病はカバーされるのかされないのかだとか、そういった類のことを事前に確認して、自分に必要なものが欠けていないか、欠けている場合にはどう対応するのかといったことを考える必要があるということですね。カバーが有効になる条件の確認とは、クレジットカード付帯保険には2種類あり、クレジットカード利用の有無に関わらず海外に出た日から3ヶ月間カバーのあるものと、旅行に関係する航空券などの購入をクレジットカードで行なった場合に初めてそのカード付帯の保険が(その日から3ヶ月間)有効になるというものがあるので、そのことを意味しているのだと思います。

これに関係して、Simmyさんがとても重要なことを言っていました。
「日本出国の際の出国スタンプが保険金をクレームする際に必要になることが多いので、出国スタンプをパスポートにきちんと捺してもらうほうが良い」とのこと。何のこと?と思ったんです。だって日本の出入国でスタンプがなかったことなど一度もなかったので。でも彼女によると、出国スタンプが捺されないケースもあるそうですね。マレーシア人に対して入国時に入国管理局係員が対応するのではなく指紋照合か何かでパッパッと入国できる方法があるようだというのは子ども達の経験談から何となく知ってはいるのですが(子ども達はマレーシアのパスポートを使っています。)日本でもそういう無人対応があるそうで、その場合は日付の入った出国スタンプが捺されないそうです。パスポートで出国日が証明できないと航空券が必要になるそうですから(でも航空券って出国や搭乗の完全な証拠にはなりませんよね・・・)確実な出国スタンプ、イチオシです。

彼女がロングステイをする日本人の方にお勧めする保険は日本の「海外旅行保険」だそうです。マレーシアで加入できる保険と比較すると保険料はずいぶん高くなると思うのですが、マレーシアで加入できる保険では不十分だと彼女は言います。先ほどもちょっと書きましたが、例えばマレーシアで生活をしていてある時重病になり日本へ搬送されなければならないとなった時、マレーシアで一般的に加入できる医療保険では移動費用など絶対にカバーされません。バラ掛けで自分が必要だと思う補償内容・補償額を設定することも可能ですから、自分に合ったプランを考えて購入することもできます。私は、この類の保険は特に単身でお越しになっている方にお勧めしたいと思います。日本にいるご家族への迷惑が極限に減ると思いますし、納得の行く補償があるので安心して生活ができます。最近は1年以上でも延長などできるそうですね。

クレジットカード付帯保険で3ヶ月なり6ヶ月なりをカバーした後に海外旅行保険に移行する方法もあろうかと思います。3ヶ月なり6ヶ月なりというのは、2枚のクレジットカードを上手く使えば限りなく6ヶ月間に近い期間、付帯保険でカバーされるということ。前述の「クレジットカード保険には2種類あり、」という部分です。最近も昔のままであれば情報は古くなっていませんが、最新情報は、必要であればお調べ頂ければと思います。

文章にまとまりがないですが、とりあえずそろそろ寝ます。疲れました。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 03:42 | Comment(1) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

マレーシアで加入できる、比較的しっかりした保険について

この二つ前の投稿にdabo_gcさんからコメント欄にご質問を頂きました。
コメント欄で回答するより一つの記事として書いたほうがより多くの人の目に触れるのではと思い、そうすることにしました。

(以下、ご質問)
リカさん、リクエストがあります。
多分、古い投稿の中に答えはあるのかもしれませんが、

○ マレーシアの民間健康保険加入、維持の年齢制限
○ 保険が下りる対象疾病

この二点です。保険が下りる下りないですが、持病の場合はどうなるのかを知りたいんです。突発的な怪我や病気ではなくて、腎臓が悪くなって透析が必要となった場合、一生保険が下りるのかとか、脳梗塞で半身不随、寝たきりになった時に保険がどこまで面倒を見てくれるのか、あるいはガンでもなんでも最新の高度医療を受けられるのか、そんなことに興味があります。そういうのは「ここを読め」でもオッケイ。
(ご質問、終わり。)

マレーシアの民間保険と言っても保険会社はいくつもあり、そのそれぞれが違った条件を提示していると思います。ですからここで挙げるのはあくまでも一例です。その点はお断りしておきます。以下、私も加入しているPrudentialの保険の例です。

加入年齢についてですが、70歳に満たない人は加入可能だそうです。
加入時に将来何歳までカバーできるようにするのかの選択をしなければなりません。70歳まで、80歳まで、90歳まで、そして100歳までとなります。日本のように「終身」という考え方がありませんので戸惑います。

但し加入については条件があり、例えばですが既に糖尿病の場合、その投薬の量などによって病状が軽いのか重いのかの判断がされ、保険会社の判断によって加入可となるか不可となるかが決まるとのことです。糖尿病の人が加入するより高血圧の人が加入するほうがチャンスとしてはより上とのことでした。
どんな持病でも、それとそれに関連していると思われる症例については保険が効かないよう、加入時に除外が明記されたと思います。保険には加入できるけれど既に問題がある部分はカバーされないよ、ということですね。(すみません、この部分、要確認です。)

一生カバーされるかどうか、保険がどこまで面倒を見てくれるかどうかですが、全ては加入時に加入者に決めて頂くことになります。(より良い条件になれば当然保険料は上がることになります。)一生カバーというのは終身という枠がないので100歳までと置き換えて考えると「可能」です。シビアな病気(脳梗塞やガンなど)を発症した場合は、加入時の保険(料)金設定に従って一時見舞金が支払われ、且つ自分のそれ以後の保険料、お子さんの保険料を自分名義で支払っているのならそれも、免除対象になります(そういう条件で加入していれば、です。ちなみに、私はこの条件で子ども達の保険を契約しています。私がいなくなっても、子ども達は保険料を請求されることなく彼らが21歳になるまで保険加入が継続されることになります)。更に、加入時に1年間で利用できる限度額(保険会社が病院に支払える額)の設定がありますから、その額に到達するまでは一旦自分で支払いを済ませてから領収書をPrudentialに渡すと、かかった料金が払い戻されてきます。比較的若い人やお子さんが加入なさる場合には、一旦自分で支払いを済ませる必要のないメディカルカードの付いたプランというのもありますが、掛け金はより高めに設定されているそうです。

さて、シビアな病気と簡単に書きましたが、実際は「36 Critical Illness」といってリストになっています。リストはこちら
これはUKのものですが、マレーシアのものも順番こそ違いますが中身は一緒だと思います。同じ36ですし。

大事なことを一つ書き忘れていました。
それは、36以外の病気である場合です。
これは入院自体と入院に伴う通院の料金のみ(通院の期間は入院前3ヶ月間と退院後3ヶ月間であったり、入院前1ヶ月間退院後3ヶ月間という時期もありました。加入の時期によって保険会社の設定が違ったのです。今現在は3-3です。)がカバーされます。36の病気の時のように年中いつでも、支払い上限に達するまでという内容とまるで違いますが、この点ご了解頂きたいと思います。

ここまでくると日本の医療制度が優れていること、国民に優しいことが感じられると思います。
もっともマレーシアには国立病院というのも多く存在し、マレーシア人なら1回の診療がRM1、専門医に診てもらってもRM5なので、日本より更に上を行っている感がありますが、いつも混んでいるために間に合うものも間に合わなかったりということもあるかもしれません。安いのだけはとっても魅力ですが。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:22 | Comment(2) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

PrudentialのPRUlink one - 医療保険加入は大切なり

デング熱に冒されているのに私立病院は高額の保証金を支払ってからでないと受け入れないという。−こんな惨めな目に遭わないようにするためにもマレーシアで生活しているのならマレーシアで使える何らかの保険に加入しておきましょう。頻繁に日本とマレーシアの間を行ったり来たりするのであれば、クレジットカード付帯保険でも海外旅行保険でもいいです。結局国立病院でしか受け入れてもらえないとなると、いくら無料だからとは言え(デングは外国人でも入院費無料です)8人部屋でテレビなしなんてところに入院しなきゃいけなくなります。(というか、大概の日本人ならクレジットカードを持っているでしょうから、高額の保証金を積む必要はないはずですけれどね。)

PRUlink one

友人の保険外交員が先日お客様にお勧めしたのはPrudentialの上記のプランでした。
私が聞いた説明は以下です。

まず、ベースになる「死亡・36の重大な疾病」の際の補償額の設定をします。
いわゆる生命保険、がん保険のようなものではないでしょうか。
これは他社の保険で別にカバーしているから必要ないと思っても、最低額には必ず入らなければなりません。

この補償額は死亡時、或いは指定されている重大な疾病があると確定した場合に診断給付金として支払われます。
支払いは一度きり。診断給付金として支払われた場合には死亡時には支払われません。
また、メリットとしてはそれ以後生涯ずっと、保険料を支払う必要がなくなります(Prudentialが肩代わりしてくれ、保障は継続します)。
更に、お子さんの保険を契約している場合、契約者が死亡・或いは重大な疾病があると確定した時にはお子さんの保険料の支払いもその子が25歳になるまで不要となります。
(私の夫も夫名義で子ども達の保険に加入してくれれば良かったのですが、健康診断を渋った結果が今現在でも私が子ども達の保険料を毎月払うということになっています。夫自身の疾病自体の発見も遅れることになりました。あの時無理やりにでも健診を受けさせれば夫はまだ生きていたでしょうか?)

それから入院に関する補償額を決めます。
例えば二人部屋使用だと一日RM300かかる病院が行きつけの病院だったとします。であれば、一日RM300カバーするようにしておけば自己負担する額がなくなるということになります。
また、治療にかかった医療費のカバー上限額も決めます。
これは、年5万リンギットから20万リンギットまでの設定があり、生涯では年額×20で算出される額がカバーされるとのこと。
またカバーされる年齢は70歳まで、80歳まで、90歳まで、そして100歳までという形で決める必要があり、日本のような終身という考え方はないようです。
なお、入院に関する補償と書きましたが、入院の前後3ヶ月間の通院もカバーされますし、事故などでケガをした場合でも、1ヶ月を限度に通院治療代がカバーされます。
これらの補償はメディカルカードによるカバーです。

MM2Hビザをお持ちの方はマレーシア国籍の方同様、メディカルカードを持っていることで海外でも補償を受けることが可能です(マレーシア出国から3ヶ月間以内のみ)。救急搬送が必要な場合には救急機の使用も含まれ、また医療とは関係ありませんが、暴動などで海外脱出がしたくてもできないような場合には救援要請ができるとのことです。

事故などでのケガ以外で通院となることもあると思います(例えばカゼなど)。この場合にはまた別にクリニックカードというものがあり、年RM1,500を上限に補償があります。歯科や妊娠に関すること以外の通院をカバーするそうです。私個人の考えですが、これはあまり必要ではないのでは?と思いました。少しシビアな状況にいる患者さんに対しては(保険に加入しているのが分かれば特に)病院側は入院を勧めますから、通院をカバーする補償は必要なくなります。

それから一家の大黒柱、唯一の収入源であるような場合、その人が入院してしまっては収入が絶たれることも考えられます。(正に私のパターンかも。)
そのような時に困らないために、入院一日に対していくらというボーナス?入院見舞金?を受け取れるようにすることも可能です。
私はこれを一日RM400に設定しているので、入院したほうが普通に仕事をしているより高収入になります。(笑)

更に、このプランは投資信託もベースのうちの一つになっているらしく、一番初めに書いた死亡・重大疾病に対する補償が必要ないと感じても全く0では加入できないのと同じで投資信託についても最低額に加入する必要があるとのこと。
先日即契約なさったお客様は特に疾病時の補償を重要視なさっておいでで、それ以外は保険加入に必要最低限で良いとのことでしたのでお支払いになる保険料のうちのほんの僅かな額がこれに振り分けられるようプランを作りましたが、去年のリターンは12.3%もあったそうですから、銀行定期の4%とかで喜んでいないでPrudentialのこの商品で保険としてのカバーも得、且つ投資信託からの恩恵も受けるというのも一つのアイディアかもしれません。
私や私の子ども達の契約にもこの投資信託に振り当てられている保険料があり、それ自体の額は大した額ではないのですが、先日調べたら思っていたより貯まっていたので驚きました。この貯蓄は7営業日ほどあれば引き出すことが可能ということですから必要な時にはそうすれば良いし、そのままにしておいても勝手に増えていってくれているでしょうから(損をする年も時にはあるでしょうが)まぁ良いのではないでしょうか。

co-insuranceと呼ばれる自己負担金が必ずあるプランが長いこと主流になっていましたが、また自己負担金ゼロのプランが出来てきたことはとても喜ばしいことだと思います。なおこのプラン、次の誕生日に26歳になる方から70歳になる方までご加入頂けます。dabo_gcさん、まだずいぶん余裕があって良かったですね(笑)。但し、現在既に持病として持っている病気に関してはカバーされませんから、できるだけ早く加入するに越したことはありません。

ちなみにですが、42歳の加入者の場合、死亡・重大疾病の際の補償と投資信託への振り当ては最低額として、一日RM300のベッド代と年RM100,000を上限とした入院医療費をカバーするためには月額RM280の保険料の支払いが必要となります。

どんな補償をお望みですか?このプランに沿った内容でしたら、お見積もりを出して差し上げることも可能であろうと思います。喫煙者であるかどうかや、死亡時にいくらの保険金を家族に残したいかなど、いくつかお伺いする必要があることもありますが、まずはご連絡頂ければと思います。
なお、すみませんがまた16日から2週間ほど今度は東京に参りますので、お見積もりはその間はお引き受けできないと思います。戻りましたら対応させて頂きます。
それから、このお見積もりに関しては、マレーシアの何らかのビザをお持ちの方、或いは近々取得が確定している方に限らせて頂きます。ご了承下さい。

保険に関してリクエストがありましたので一生懸命念入りに書きました。
ポチッと押していただけると更にやる気が出ます。
労って下さい。(笑)
宜しくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 04:20 | Comment(4) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする