2015年12月02日

ラブアン会社設立について 訂正

過去の私の記事に間違いがあると指摘して下さった方がいましたので確認を取りましたところ、うーん、私の勘違いで間違ったことを書いておりました。大変申し訳ございません。m(_ _)m

ラブアン会社の設立について、ディレクタービザの発行を伴わない、純粋な会社設立だけの場合には、資本金は今も昔も1USD〜であり、RM250,000もある必要はないとのことです。

間違った情報を発信してしまったお蔭でご迷惑がかかってしまった方々、すみませんでした。m(_ _)m

クリック、宜しくお願いしまーすっ。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 22:19 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

私はおかしいと思う日本国領事館からの案内。

海外に長期滞在をしていると時にはその途中でパスポートの有効期限が来てしまう事があります。日本の国籍を持つ私たちは幸いなことに滞在先の領事館(領事部)で新たなパスポートを発行してもらえますよね。中には国に帰らないと新しいパスポートが発行してもらえない国もあると聞きます。

ところで、長期滞在ビザが古いパスポート内にあり、その有効期間がまだある場合には、国によっては古いパスポートのビザと新しいパスポートで入国を許可してくれる国もありますが、マレーシアはパスポートを新しくしたらビザも移動させなければならないとしています。だからMM2Hの方はそれをプトラジャヤの移民局で行なう必要があるのですが(地方で取得した方はその地方の移民局でOK)、ペナンの日本国領事館はパスポートを更新した人全てに対して「バタワースの移民局で新しいパスポートに入国スタンプを捺してもらって下さい」と案内しています。滞在許可がいつまでなのかを明確にするためかと思います。ですので、MM2Hの方はMM2Hビザを新しいパスポートに移すことでその用は済んでしまうのですが、なぜかペナンの領事館は入国スタンプの移動に固執した案内をしているようです。これは、ビザをお持ちでない方への案内のはず。一緒くたにしてパスポートを更新したMM2Hビザ所持者に余計な負担を招いています。

改善されることを願います。

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 22:05 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

保護者ビザの申請 保険料込みRM1,200でアシストします。

11781682_10204413606204259_6090795034824675616_n.jpg

保護者ビザの申請準備の途中で口座開設及びRM8,000以上の預金証明が必要なくなり、代わりに医療保険が義務付けられることになり、申請者の方も私も無駄に時間を費やしてしまったのですが、医療保険はMM2Hのお客様にご利用頂いている安価な保険をご在宅のまま手配できましたので申請にお連れしました。ちなみに、保護者ビザ、就労ビザなどはエージェントがいるわけではないので、各自で申請しなければなりません。ということで、私もMM2Hのように代行ができないんです。

ご本人がきちっと必要書類をお調べになっていて持って来て下さった書類は全て揃っていましたし、むしろボケッとしていたのは私のほうで、IM12だとかIM38だとか、私が準備する必要のある書類について、すっぽり頭から抜け落ちていました。(汗)

バタワースの移民局2階の、番号札を貰う列に並ぶと、担当者(男性)は私が差し出した書類をよく見もせずに番号札をくれようとしたので「書類揃っていないはずだけど・・・IM12とかそういうの。チェックリストはない?」と思わず口を出してしまいました。書類が揃っていないのに番号札を貰っても無駄ですから。ま、混んでいる時は先に番号札を貰っておけたらラッキーですけれど、その日は座っている人で椅子はほぼ埋め尽くされていたものの、それほど混んでいるという印象ではありませんでした。

IM12とIM38に必要事項を記入して改めて番号札を貰うカウンターへ。
それほど長い時間待つこともなく順番が回って来て、書類提出。かな〜りすんなり行きました。
申請者の方も経験者の方たちからずいぶん待たされてお昼休みを挟んだケースもあったという話をお聞きになっていて、あまりに早く終わって拍子抜けという感じでした。ちなみに、お昼休みを挟んで、ということは金曜日ですね。他の日はお昼休みは交代で取るはずです。(バタワースの移民局の場合。)金曜日は多分12時15分から2時45分までは締め出されるはずです。

保護者ビザは原則的には7営業日で出来上がることになっていますが、新規の申請の場合はそれより長くかかることもあるそうなので、7営業日が過ぎた後に電話で確認の上ビザ取得に来るようにとのことでした。
RM500以上の支払いに関してはバンクドラフトを作らなければならないはずですから、その宛先も併せて確認しないといけません。(支払いに関して、RM500以上はバンクドラフトで、というのもバタワースの移民局の場合です。)数ヶ月前にこのフロアのトップが変わってからこのトップがそれまでのルールを荒らしてスタッフも困惑気味のような話をいくつか耳にしていますので、この方のケースでは何事もないように祈るばかりです。まぁ書類は全部揃っていますから問題は特にないと思いますが、この手のトップは何かといちゃもんをつけそうですから。(汗)

保護者ビザ取得アシスト+口座開設、ビザ取得のための医療保険加入料込み(但し次のお誕生日で46歳になる方より上は料金が変わります)でRM1,200でお引き受けします。

バタワース移民局への同行2回(車で送迎)、医療保険料(簡易のため、実際ご病気になった時でもあまり利用価値のないものです。もちろんきちっと保障の受けられるもの、例えば私も加入しているプルデンシャルの医療保険などもご希望によってはご案内可能です。その場合は保険料は計算し直しをさせて頂きます。)、それから最寄、或いはご希望の銀行口座開設、ATMカード発行、インターネットバンキングのセッティングを含めての料金です。特に保険料につきましては、私がご案内しているPacific Insuranceより安いポリシーは多分存在しないと思います。大概の方はクレジットカードに付いた保険をお持ちだったり、日本で加入している保険や日本へ払い戻しの請求をしたりといったことをなさると思いますので、ビザ取得用には保険とは名ばかりのもの(=保険料が安い)でも困らないと思います。もちろん、重複しますが、Prudentialの保険のような比較的充実した内容の保険についてもご案内は可能ですので、ご希望をおっしゃって頂ければと思います。使うことがないであろう保険にRM1,000もかけるのはもったいないことです。ビザ取得まで保険料込みでRM1,200。お得ではないでしょうか。

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 02:36 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

ラブアン法人設立 ディレクタービザ取得にはやはりRM250Kは必要不可欠らしい

昨日のブログで書いたラブアン法人設立とそれに伴って取得できるディレクタービザの取得条件について再度友人の友人である中華系カンパニーセクレタリー(兼MM2Hエージェント)に説明を求めたところ、「今年中に必ず25万リンギットのPAID UP CAPITALを用意すること」「事務所はきちんと個別(香港のように一つの住所にいくつもの会社の登記がなされてはならない)で用意する必要がある」「あなた(註:高橋のことです)が読んだ記事は誰かのブログ(ウェブサイト)に書いてあることだから、信用しちゃダメ。ラブアン当局がアップしている情報を信じて」「会社設立までは確かに資本金はいらないので、最初はそのように言っておいて後から制度が変わって資本金が必要になったなどという説明をするのではないか」「あなたの紹介していた弁護士さんだって25万リンギットはマレーシアに滞在するなら(=ディレクタービザを取得するなら、だと思われる)必要だってそのお客さんに説明したんでしょ?弁護士さんですら同じ説明をしているじゃない。」「自分達はにわかにこの仕事を始めたのではなく、もうずいぶんやっているのだから自分達が持っている情報が間違っていることはないと思う」「正攻法で進めれば監査が入ったとしても何も問題にはならない。お客様にもご迷惑がかからない。PAID UP CAPITALが足りないとか事務所がないとか、監査が入った時には最悪ビザを取り上げられるので、そうなると困るのは業者ではなくビザをお持ちのご本人」等々延々と言われました。
このうち、「あなた(註:高橋のことです)が読んだ記事は誰かのブログ(ウェブサイト)に書いてあることだから、信用しちゃダメ。ラブアン当局がアップしている情報を信じて」については、これを認めてしまうと私のブログと観光省のサイトの内容が違っていた場合に「観光省のサイトに書いてあることを信じて。」と言うことになってしまいますから、これだけは同意しません。(笑)だって何か変更があっても、観光省に関してはサイトに反映されるのが遅いからです。まぁ観光省に限らず入管も同じだと思うので、この意見はなお更同意できません。エージェントや組合のほうがウェブサイトより早く情報を仕入れていることは多々あります。

ですが、ことラブアン関連に関しては私はまだまだ知らないことが多過ぎますので、専門家に委ねようと思います。引き続き「正攻法」でラブアン法人開設、それに伴うディレクタービザの取得をなさりたい方には前回より若干上がりますが5,600USDでラブアン法人開設からディレクタービザ(お一人)、そしてラブアンでの口座開設をお引き受けします(この友人の友人をご紹介します)。
オフィスも監査が入っても問題にならないレベルのオフィスをお貸ししております(年一括払いで1,000USD)。
また、帯同者のビザ取得アシストについてはお一人に付き+1,000USDとのことです。なお、入管に支払うビザ代金は料金に含まれておりません。

マレーシアに滞在するのが目的ではなく、税金が安いことに目を付けての会社設立という方もいらっしゃるかもしれません。その場合は3,000USDで会社設立が可能です。30分ほど前に早速ラブアン会社設立に興味を示した方がいると友人から電話が。某国の人達のように自国でモノ作りをし、外国に売っているような人には、ラブアンに設立した会社を通して貿易をする形にすると税金の節約ができるそうです。私もまだまだ勉強を始めたばかりなのでいちいちパートナーに確認しなければなりませんが、そのうちMM2Hのことと同じくらい熟知しているようになりたいものですね。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 00:21 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

ラブアン法人設立 その後

私も以前に「5,200USDでラブアン法人とディレクタービザ、口座開設ができますよ」とブログに載せていましたので、それに関してお問い合わせを頂いたことがありました。
私は知り合いの弁護士さんをご紹介するだけで、ラブアン法人やディレクタービザに関しては詳しくなかったんですが、この数ヶ月の間にブログの読者からお問い合わせを頂いた時にこの弁護士さんが「25万リンギットの資本金が必要になった」と条件が変更になったことを知らせて来ました。お問い合わせを下さった方々はその後、他の業者さんを通して法人を作り、ビザに関しても滞りなく進んでいるとのこと。25万リンギットの資本金に関しては「上手くやってあげる」とその業者さんに言われたそうで、私は内心「それって何かまずいことやってるんじゃない?」と思っていたのでした。

でも調べを進めてみると、一旦25万リンギットの資本金が必要という決定がなされたものの、実際には施行保留中のようなことを書いているサイトがありました。私がご紹介してきた弁護士さん、そして先週友人のMM2Hエージェント(同業者です!)に連れられて面会したラブアン法人設立・ディレクタービザ取得を手がけるこれまた別のMM2Hエージェント(Company Secretaryでもある)、双方とも25万リンギットの資本金は必要だと思っていました。なので早速この同業者のお友達の同業者に連絡し、この件についてもう一度調べてほしい、あなたも正確なことを知っておいたほうがいいと伝えました。

ラブアン当局が特定のCompany Secretary経由の申請に対して便宜を図っているのか。或いは私がご紹介してきたマレー人弁護士や知り合ったばかりではあるけれど友人の友人ということですぐに打ち解けた中華系のCompany Secretaryが不勉強なのか。はたまた25万リンギットなどという大きな額ではなく、5万リンギット前後の出入金を繰り返すようなチョンボをやっているのか。どんな結果を報告してくるか、楽しみです。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 01:25 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

混同してしまった・・・。

[私、先月から進めていた件があったんですが、MM2Hのお客様で「ご自分でペナンの移民局でおやりになったら如何ですか?」とお伝えした方が先月取得なさっても特に何もおっしゃっていなかったのでそんな急に必要なものが変更になったなんて知りませんでした。(ご自分でペナンの移民局でおやりになったら?と言ったのは、プトラジャヤでやり始めると常にプトラジャヤでやらなければならなくなりそうだからです。1年2年毎にプトラジャヤへ行く或いはエージェントに頼むでは、えらい手間隙お金がかかってしまいますからね。まぁ私としてはお客さんが一人減ることになりますが、ペナンでできると知っているのに黙ってお金頂いてプトラジャヤで手続きするのも・・・ねぇ。)]

この記事の一つ前の記事にこういう風に書いたんですが、MM2Hのお客様にご自分でおやりになってみて下さいとお伝えしたのは保護者としての許可ではなくて学生許可でした。だから保険加入の話も出て来なかったんですね。早速ご本人にご指摘頂いてしまいました。汗 訂正いたします。

MM2Hビザを取得しても、学生の場合には「学生である」という判を別に捺してもらう必要があります。(Collegeの学生は原則的にMM2H+学生許可ではなく、学生ビザになります。MM2Hを持っている場合はそれをキャンセルして学生ビザを取るのだそうです。でもこれにも例外があるそうですが。)これはMM2Hセンターでもできますし、地元の移民局でもできるんですが、ペナンとプトラジャヤを比べるとペナンはあれやこれや必要な書類が多いらしく、この方は最終的には5回も移民局へ足を運んだとおっしゃっていました。
初回は5回足を運んでも、要領が分かってしまえば次からはそんなに行くことはないと思いますので、毎年或いは2年に一度高い手数料を払ってでも面倒なことはやりたくないという方以外はやっぱりご自分で近いところに行ったほうが良いと思います。学生ビザ云々をするのは比較的若い年齢層の方が多いですから、面倒くさいという方はあまりいらっしゃらないかもしれませんね。笑

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 05:40 | Comment(2) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

ラブアン法人設立の条件変更

今年3月から、ラブアン法人の設立に関しても最低RM250,000の資本金が必要になったそうです。
私が、ラブアン法人を設立しそれに伴って発給されるビザの取得をご希望されるお客様にご紹介している弁護士さんからそのようなお話が来ています。

私の以前の記事の中にはこの資本金の記述がなく、その記事をご覧になってメールを下さった方が最近何人かおられましたので、ここで修正記事を書いておきます。

外国人100%資本の場合、資本金は100万リンギット、マレーシア人と外国人両方が資本の合弁の場合は45万リンギット、マレーシア人100%資本の場合は35万リンギットの資本で外国人一人の就労許可が得られることになっているそうです。ラブアン法人は25万リンギットでまだまだ魅力的かもしれませんが、原則的にマレーシア国内で収益を上げることができないのですから、場合によってはとても有効ですし、また別の場合によっては使いものにならないビザと言えますね。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 03:47 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今月から保護者ビザ取得に銀行口座及び預金は必要なく、代わりに保険加入が義務付けられたそうな。

先月から今月にかけて、保護者ビザ取得にはRM8,000の残高証明が不必要になり、代わりに医療保険加入が義務になったらしいですね。
私、先月から進めていた件があったんですが、MM2Hのお客様で「ご自分でペナンの移民局でおやりになったら如何ですか?」とお伝えした方が先月取得なさっても特に何もおっしゃっていなかったのでそんな急に必要なものが変更になったなんて知りませんでした。(ご自分でペナンの移民局でおやりになったら?と言ったのは、プトラジャヤでやり始めると常にプトラジャヤでやらなければならなくなりそうだからです。1年2年毎にプトラジャヤへ行く或いはエージェントに頼むでは、えらい手間隙お金がかかってしまいますからね。まぁ私としてはお客さんが一人減ることになりますが、ペナンでできると知っているのに黙ってお金頂いてプトラジャヤで手続きするのも・・・ねぇ。)
で、肝心の医療保険なんですが、MM2H用に私が手配しているものだとかなり安価(年齢によりますが、26歳から35歳でRM169.60+GST、36歳から45歳でRM224.70+GST)でできるんですが、MM2Hビザ取得者の場合は仮承認レターのコピーを提出するのがMUSTなので、保護者ビザの場合はどうなのか、加入可能なのかどうかまだはっきりしていません。これに加入可能だとご本人はご自宅で書類にサインするだけで済むんですが。
というか、こんな保険とは名ばかりの保険に加入しても保護者ビザが取得できるんでしょうか?(私はできると思いますが。だってMM2Hビザだって取れますからね。)

この辺は23日にKLに行って、この保険会社のオフィスにも立ち寄りますので聞いて来たいと思います。(それと、移民局にも確認せねば。昨日今日かなり長い時間トライしましたが誰も電話に出ません。)
ただ、このような安価な保険は、保険としての機能はほとんど期待できないものですので、あくまでも他に有効な保険に入っていて、保護者ビザ取得の便宜上必要なものとして加入するのであれば良いと思います。MM2Hビザを取得する方にも同じことが言えます。

何だか最近むっちゃくちゃ忙しいです。娘はデングで入院して明日で7日目。7日目と言ったら快方に向かう時期だと思うんですが、何故かあまり良くなっていない様子。学校まだあるのに、いつまで休まなきゃいけないんですかね〜 この調子で週末の盆踊り、行けるんでしょうか。いや、何が何でも行くでしょうがwww 私もお手伝いすることになっていますしね。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 02:46 | Comment(0) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

病気療養ビザ

こんなビザがあるとは初めて聞きました。
かかりつけのお医者様からのレターがあれば、6ヶ月毎の更新ではありますが、病気療養ビザの発給が受けられるのだそうです。
初めて申請する時はお医者様からのレターのみではなく、検査データなど他に必要なものもあるのかもしれませんが。

いやぁ、こんなビザの存在、初めて知った〜〜〜。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 03:12 | Comment(4) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

MM2Hのエージェントのくせに・・・

そうなんです、MM2Hビザを代行申請するのが仕事のMM2Hエージェントですが、その他に学生ビザのことなどもよく訊かれます。MM2Hビザを持っていても学生さんの場合には更に手続きが必要なので、全く関連性がないわけでもなく、確かに知っていることも結構あります。
関連性があると言えばMM2Hビザを取得してから会社を設立してビジネスをやる方法だとかっていうのもありますね。でもこれもMM2Hビザを取得するのが前提で、そのためには日本での収入証明も必要だし何と言ってもRM300,000/RM150,000の定期預金をマレーシアにしなければならない。
この部分に不安やデメリットを感じている方もいらっしゃるようです。それから、そんな大金をたかが3パーセント台の定期預金として塩漬けするわけにはいかないという人もいらっしゃるかもしれません。

これから書くことは、多分多くの方のニーズには沿わないものだとは思いますが、MM2Hを取るのはどうかな・・・でもマレーシアの学校で子どもを学ばせたい・・・だけど保護者ビザ+学生ビザの取得ができない(日本人学校など)・・・子どもが日本に帰った時に帰国子女枠で学校に入れたら良いな・・・といったご要望にお応えできるかもしれない方法です。

それは、Labuanで会社の設立をし、エンプロイメントパス(雇用者ビザ)を取得すること。Labuan(ラブアン)というのは地名です。そこはひと言で言うとマレーシア国内にあるタックスヘイブンの島。(もっと詳しくはググッてみて下さい。)ここ発行のエンプロイメントパスがあるとマレーシアに長期滞在(最初に許可されるのは2年間)が可能となります。また、とにかく滞在許可がほしい!という方にとっては副産物に過ぎませんが、マレーシア国内での商業活動はできないものの(できるにはできるがSDN. BHD.より条件が不利になる)、他の国との貿易などで利益を上げている場合でも支払う税金の税率はとても低く、非商業活動(投資など)に至っては税金の支払いは生じません。考えようによっては高額の資本金や定期預金を積むこともなく、税金の支払いも生じずにマレーシアで生活ができる、とてもお得な方法かもしれませんね。不動産投資を法人経由ですれば、売却時の利益にも税金がかかって来ない、なんてことも考えられるのではないでしょうか?

これは現時点での見積もりですので時が経てば変わってしまうこともあるとは思いますが、ご参考までにLabuanでの会社設立と銀行口座開設、そしてエンプロイメントパス(一人分)を手配した時の料金ですが、5,200USD(アメリカドルです。リンギットではありません)となっています。お引き受けするのはマレーシアの弁護士の先生で、私にこの先生をご紹介下さった方は、「日系の同様のことを依頼できる会社に行って話を聞いたが、料金が桁違いに高いこともそうだがLabuanでの会社設立に関しての情報はその多くが間違った情報だった。この方はマレー人の弁護士でもあられるので、情報も最新情報を持ち合わせているし人脈も広い。お勧めです。」とおっしゃっていました。英語やマレー語が堪能な方は直接交渉して頂ければ、この5,200USDで会社設立から雇用者ビザ取得までのアシストが受けられます。(マレーシアの入管に支払う雇用者ビザ代については別途実費が発生します。)Labuanの入管への同行、Kuala Lumpurでの銀行口座開設への同行、各種手配を仕切る弁護士先生とのコミュニケーションの仲介役などとして私が必要な場合には別途請求させて頂きますので、まずはご希望をおっしゃって頂ければと思います。
なお、最初のお問い合わせ段階では私が仲介役としてご質問をお伺いし、弁護士の先生に回答を頂いて質問者に返答するという形になると思いますが、当然この部分は無料ですので、どうぞご安心してお問い合わせ下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 06:09 | Comment(6) | MM2Hビザ以外のビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする