2015年12月13日

HSBCの口座アクティベーションが面倒になった

HSBCの口座がインアクティブになってしまった場合のうち、海外からアクティブ化させようと思ったら下の書類が必要です。

サインの認証は日本の場合は在日本マレーシア大使館へ行って行なうようにとのことでした。(註・サインの認証はパスポートのみ、とのことです。)

Transfer Voucher-New.pdf

Dormant activation form.pdf

これらの書類以外に必要なのはパスポート顔写真ページで、こちらにも余白にサインをして認証してもらって下さい。

インアクティブにしないためにも、ずーっとカードやアカウントを放置しているのは好ましくないですね。
HSBCのクレジットカードやデビットカードは設定を正しく行なって海外でも使えるようにしておきましょう。

クリック、宜しくお願いしまーすっ。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 06:00 | Comment(1) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

個人的なことですが、ちょっと嬉しい話。

CIMBで何かあるといつも頼っていた友人がいるのですが、その彼女に久しぶりに連絡をしたいと思い、でもCIMBって勤務する支店が変わると銀行から各自が貰う携帯電話の番号が変わってしまって、更に私の携帯も調子が悪くて彼女の電話番号が分からなくなってしまっていました。
WhatsAppに彼女の電話番号があるのに気づかず、Lineでメッセージを送って数日。さっき連絡があり、携帯を新しくしたとのこと。「また新しくしたの?」と何気なく言ってみると、「あのiPhoneはCIMBのだったから」と言われ、「???」となっていると、「HSBCの某支店のプレミアセンターのマネージャーになった」ですって!!!

彼女、私が知り合った時はCitibankにいたのです。それからCIMBに引き抜かれ、今度はHSBCプレミアフロアのマネージャー。HSBCのリレーションシップマネージャーから昇格したのでなく、外部から抜擢ってスゴイ・・・。
規則に反して首にならない程度にいろいろと便宜を図ってもらおうと思います。笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:53 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

イギリスのHSBCで引き出し制限?



不安を煽るようなことは書きたくありませんが、HSBCのこの話が本当だとすると・・・???というかこうなる原因って何なんでしょう。(預金者に事前通告もなく引き出し制限をしているのだそうです。イギリスのHSBCの話のようです。)

You tubeでHSBCのネガティブな話って結構出てくるんですね。口調の激しいものもありますが、出所がよく分からない(発言しているのが誰だか分からない)ものはここには載せませんでした。上のは出所がBBCなので信憑性があると思います。

一日一クリック、宜しくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:53 | Comment(2) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

HSBCプレミアで仮承認前に口座開設ができました☆

先日の出来事(こちら)で保留になっていたHSBCプレミアの口座開設ですが、今日お客様から口座開設が完了したとご連絡を頂きました。
結局、先日お客様にサインだけしてもらって先に進めてくれなかった(進めることができなかった)担当者は自ら降り、いつも私がお願いしている担当者にバトンタッチしてくれたようです。最初の担当者は「自分はこの件に関しては口座開設の許可を貰えないから」と言っていました。そんなことってあるんですかね。

とにかく第一希望のHSBCプレミアの口座開設ができて、一安心です。
仮承認レターなしでの口座開設、どんな手を使ったのか・・・多分公開を望んでいる方もいらっしゃるでしょうが、すみません、企業秘密です・・・(笑)

あ、ちなみに、母子留学で子どもが学生パス、親が保護者パスを取ろうという場合、子どもの学生パスが取得できた時点でHSBCプレミア口座の開設は可能になります(他の銀行も可能なはずです)。もしかしたら支店によってその取り扱い方が違うかもしれませんから、問い合わせる必要はありますね。私も、ペナンのDowning Streetにある支店と、Bayan Baruにある支店の両方のプレミアフロアのマネージャーと話をしましたが、その時はDowning Streetでは口座開設を引き受けてくれませんでした。

マレーシア情報満載のブログ村へはこちら↓から
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:35 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

こんなにも違う?融通を利かせてくれる相手とそうでない人 (HSBC口座開設)

2日にクアラルンプールに行った時にまだ何のビザもお持ちでないという方の口座開設をアシストしました。CIMBとHSBCで。
CIMBのビザ取得前口座開設はさほど難しいものではなく、少々のコネと必要書類が揃っていれば(笑)できてしまいます。が、HSBCは・・・担当者によって案内が大きく異なるのです。(涙)

2日にご案内した方は、ここのところいつもお客様をご案内している担当者が休暇を取っていたため以前よくお世話になっていた別の担当者に口座開設をお願いしたのですが、結局「必要書類が足りないから今日は口座開設申込書にサインだけしておいて。」と言われ、その作業だけで退散。
ペナンに戻ってから事の始終をいつもの担当者に報告していると「どんな書類を出したの?」と訊くので、私がお客様から見せていただいて写真に収めてあった書類を転送すると「は?口座開設出来るじゃん」という返事。

私のほうこそ「はぁ〜?」ですわ。

月曜日に再度確認してもらって、口座開設可能となったらお客様にはまたご足労頂くことになるのは申し訳ないですが、目的が達成できるといいなぁと思います。明日、良い報告がありますように。

マレーシア情報満載のブログ村へはこちら↓から
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 14:47 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

仮承認前にHSBCプレミアの口座開設ができるか? → 方法はあります。

MM2Hビザ申請に関してのお問い合わせや代行お申し込みは普段はメールで頂くことが圧倒的に多いのですが、今日はお電話でご相談を頂きましたので早速お会いしてきました。

40分ほど疑問点・ご不安な点などをお伺いしました。その中で出てきたものの中に「HSBCプレミアでMM2Hビザ申請前に口座開設が可能であるか」というものがありました。
MM2Hビザ仮承認が貰えていなくても可能な方法があといくつかあります。今日お会いした方達はお話を伺ってみると条件を満たしているようでしたので「可能です」とお答えしておきました。
先々週くらいでしたでしょうか、仮承認が下りる前の段階の方のHSBCプレミア口座開設を実際に執り行いましたので可能であることは立証済みなのですが、全ての支店の全てのリレーションシップマネージャーがやってくれるとは限らないことがネックです。私がお願いしているリレーションシップマネージャーもクアラルンプールの支店にいますから、遠隔であるために手続きが煩雑になることも時々あります。
でもその彼女の、規則違反にならない範囲内で可能なことはできるだけやってあげようという姿勢はとても有難いものです。私も、渡航前口座開設を引き受けてもらったお客様方も大変助かっています。

HSBCのMM2Hビザ仮承認前の段階での口座開設(条件あり。マレーシアにお住まいであるかどうかがポイントになります。)・仮承認後、渡航前の段階での口座開設(仮承認レター要)のみのご依頼も承りますが、一件40,000円とさせて頂いております。なお、リンギット口座以外にも外貨口座開設のご希望がある場合でも、同料金内でお引き受けいたします。
posted by りか at 23:13 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

HSBCでインアクティブを回避する方法

日本からこちらへ戻ってから本当に土・日・祝日返上で働いています。(MM2H関連以外にも学校見学同行とか、お住まいの見学とか、変わったところ?ではゲストハウスの掃除とか・・・。)

動いているのと比例して、情報も山積みになりつつあります。早く書かないと忘れてしまうので、忘れる前に書いてしまいたいと思います。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

私が持つHSBCへの印象って実はあまり良くありません。全体的にプレミアのリレーションシップマネージャーの印象があまり良くない。正確な知識を持っていないのが多い。いつも自分が得する商品を売りつけよう(それに投資させよう)とそちらにばかり話が行く。他国でプレミアになっていてもマレーシアでプレミア条件を満たしていないと必ずと言っていいほどRM150/月の口座維持手数料を引くのでいちいち連絡しなければならない。などなど。

そんな中で、リレーションシップマネージャーではなく、カスタマーサービスの人と話し込んで、ちょっと小耳に挟んだ良い話がありました。カスタマーサービスの人って、リレーションシップマネージャーみたいに商品を売ったりプレミアの新規口座開設を受け持ったらコミッションを貰えるとかっていうのでないので、客をそういう対象として見ないんですよね。だから、客の立場に立ったアドバイスも丁寧です。

で、どんな内容かというと、結構皆さんが気にしている『口座のインアクティブ』関連のこと。

インアクティブというのは、1年間その口座からの出入金がない場合に銀行が取る措置です。(1年のうちに自動的に定期預金からの利息が振り込まれていても、これはカウントされないそうですので要注意です。これでは口座がアクティブであるとはみなされないとのことです。

また、余談ですが、インアクティブ状態が7年継続すると、口座は凍結となります。国立銀行の管理下に移行します。凍結となると手続きはややこしくなります。

インアクティブになった口座をアクティブにするには、海外にいる場合には口座開設をした支店宛にインアクティブ解除要請を郵送します。郵送であるというのがポイントです。Emailでは受けてもらえません。また、国内の場合には、支店に出向いて該当口座から出金する必要があります。入金はATM機からでもできますが、それではインアクティブは解除されないのだそうです。入金は口座名義人以外の人にでも可能ですが出金は口座名義人しかできないので、出金しなければインアクティブのままというのは納得できますね。

私ももしかしたら以前書いた記事が正確でなかったような気がするのですが(私は説明を受けた通りに書いているつもりですが、勘違いをしていたり、そもそも教えてもらったこと自体が間違っていることもあるかもしれません)、インアクティブになる前は、出金でも入金でもどちらかが一回でもあれば、その取引(出金或いは入金)が行なわれた日から1年間、アクティブ期間が継続されます。一年に1回出金(クレジットカードを自動引き落としに設定しておいて使用する)でももちろんアクティブが継続されますが、アクティブの間は、先ほども書いたように入金をしてもアクティブ期間が延びるのです。

それが、インアクティブになってしまった後になると、指示を郵送で示すか或いは店頭に行かないと手続きができないのは前述の通りです。

さて、ここからが私が『これはいい!』と思った、インアクティブにしないための方法です。

@定期預金口座をお持ちの方は、単利になるように定期預金口座を作ってもらいます。元本は自動継続、利息は普通預金へ振り込まれるように、です。これは、HSBCではリレーションシップマネージャーやカスタマーサービスによって理解が違うのですが、MM2H定期預金については必ず複利にしなければならないと言い張るリレーションシップマネージャーもいますし、このカスタマーサービスが(そして移民局の係官も)言っていましたが、観光省が縛るのは元本のみで、利息も何か別のことのために使えないとは一言も書いていないので、複利にしたくない時にはそのように意思表示をして、それでも複利にしたがる時にはきちんと理解している(であろう)上の人に確認するようにお願いしてみましょう。上がダメだ、できないって言ったらそれまでですが。

※但し、観光省に長年勤めている人は、複利が当たり前で単利のものは見た事がないと言っていました。(まぁ、観光省の人たちは定期預金証書を見る機会は極めて少ないでしょうが・・・。)その人曰く、MM2H用定期から発生した預金を引き出す時にも観光省からの許可が必要だとのことでした。複利にしていたら当然必要になりますよね。

A単利の場合、その定期預金から得られる利息は指定口座への振込みとなります。通常は普通預金口座であろうと思います。

普通預金口座に入ったならば、今度はそれをインターネットバンキングで定期預金にします。RM5,000以下の場合は2ヶ月以上の定期にしかできない(だったかな?要確認)などの制約はありますが、たいしたことじゃないです。とにかくネットバンキングで預け入れ期間を選んで定期を作るのです。自動継続にします。

B作った定期は1年以上放っておいてはいけません。例えば2ヶ月定期にしたのなら、10ヶ月目頃でもいいでしょう、12ヶ月が経つ前にこの定期預金の元本を一旦普通預金へ戻します。一旦戻して、そしてまた定期を組み直すのです。

この時点で普通預金へは定期預金口座から定期の元本が入金され、新たに組み直される定期預金口座のために出金が行われます。アクティブの状態での取引ですから、入金だけでも良いのですが、どうせなら利息の高い定期預金を作ったほうがお得ですよね。

ご自分の口座間内でお金を動かしてインアクティブを回避するこの方法、インターネットバンキングができる人には大変便利なのではないでしょうか。

《これは一例です。》

MM2H定期預金RM150,000 → 1年後、3.15%の利回りで利息を得るとするとRM4,725の利息が発生する。

RM5,000以下の額の場合は2ヶ月かそれ以上の期間の定期しかできないので、RM4,725を2ヶ月定期にする(これは複利定期でも良い)。

10ヶ月後、RM4,725+10ヶ月分の利息を一旦普通預金へ移す(これでこの日から1年間、アクティブ期間が継続される)。

普通預金に入れておくのでは利息が僅かしか付かないので、また定期預金に戻す。2ヶ月後にまたRM4,725の利息が入ってくるので(3.15%の利回りの場合)、それと合わせて定期預金にするのも良いし、1年目の利息はより利率の高い1年定期などにしてしまい、2年目の利息を2ヶ月定期にしてしまうなどしても良いですね。

分かりづらいかもしれませんが、是非お読みになって活用して下さい。HSBCのクレジットカードやデビットカードをお持ちでない方(デビットカードも今年7月から発行されるようになったんだそうです。)には特に有用だと思います。あと、この方法は他の銀行に口座をお持ちの方々にも応用が利くと思います。

posted by りか at 00:00 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

30万リンギットの銀行間での振替

 

こんなご質問がありました。

 

「CIMBに口座があるんですが、それとは別にHSBCプレミアに30万リンギット預けたいと思っています。今日本にいるので、日本にいながらHSBCプレミアに口座開設して、30万リンギットを定期にしたいんですが。」

 

HSBCの事前口座開設ですが、できないことはないのですが、

現時点ではいろいろあってお引き受けできません(現時点では、ビザ代行申請をご依頼下さる方はHSBCプレミア口座事前開設が可能です)。

そのうちできるようになろうかと思いますが、まだ確約はありません。

 

ところで、この方の場合はマレーシア(CIMB)に既に普通預金口座をお持ちですから、

HSBCプレミアに事前口座開設をする必要性となるとあまりなく、

CIMBに送金してそこからHSBCプレミアへ振替をすれば良いということになると思います。

これが、HSBCに円で着金させておいてそれを窓口で優遇レートでリンギットに両替・・・

ということになれば話は変わってきますが、

遠隔での口座開設でここまで対応してくれる業者さんはなかなかいないでしょう。

 

そこでこの方の素朴な疑問。

「CIMBからHSBCへの資金移動は、一日の上限額がRM50,000らしいので、RM300,000ともなれば1週間以上かかってしまう。」

という内容です。

確かに、振込み上限額がRM50,000/一日であれば、

そして振込みという方法を使えば、時間がかかりすぎてしまいます。

でも、もっと簡単な方法があります。それはBank Draftという小切手を銀行で用意してもらうことです。

 

バンクドラフトであれば、上限額の制限なんてこともありませんし、

現金ではありませんから万が一紛失しても被害が出ることはありません。

これを持って移動先の銀行へ行けばOKです。

 

更に、その日に現金化することはできませんが、その日付けで定期預金を組むことも可能です。

ですから特に支障もなく目的達成ということになりますね。

 

★MM2H申請代行、車の輸入、その他お手伝いを承っております★===============

・銀行での送金手続きや、電話会社でのインターネット加入などのお手伝いは、
最初の1時間RM50、それ以降は1時間につきRM25頂いております。

・MM2Hビザ申請代行はご夫婦でRM5,600でお引き受けしています。

・車の輸入代行はRM1,500のところをご紹介いたします。

ご質問等おありの方は下記メールアドレスまでご連絡下さい。

高橋 里佳
会社ウェブ:http://www.mymm2h.com
メールアドレス:rika.takahashi@mymm2h.com
==============================================


 
posted by りか at 00:00 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30万リンギットの銀行間での振替

 

こんなご質問がありました。

 

「CIMBに口座があるんですが、それとは別にHSBCプレミアに30万リンギット預けたいと思っています。今日本にいるので、日本にいながらHSBCプレミアに口座開設して、30万リンギットを定期にしたいんですが。」

 

HSBCの事前口座開設ですが、できないことはないのですが、

現時点ではいろいろあってお引き受けできません(現時点では、ビザ代行申請をご依頼下さる方はHSBCプレミア口座事前開設が可能です)。

そのうちできるようになろうかと思いますが、まだ確約はありません。

 

ところで、この方の場合はマレーシア(CIMB)に既に普通預金口座をお持ちですから、

HSBCプレミアに事前口座開設をする必要性となるとあまりなく、

CIMBに送金してそこからHSBCプレミアへ振替をすれば良いということになると思います。

これが、HSBCに円で着金させておいてそれを窓口で優遇レートでリンギットに両替・・・

ということになれば話は変わってきますが、

遠隔での口座開設でここまで対応してくれる業者さんはなかなかいないでしょう。

 

そこでこの方の素朴な疑問。

「CIMBからHSBCへの資金移動は、一日の上限額がRM50,000らしいので、RM300,000ともなれば1週間以上かかってしまう。」

という内容です。

確かに、振込み上限額がRM50,000/一日であれば、

そして振込みという方法を使えば、時間がかかりすぎてしまいます。

でも、もっと簡単な方法があります。それはBank Draftという小切手を銀行で用意してもらうことです。

 

バンクドラフトであれば、上限額の制限なんてこともありませんし、

現金ではありませんから万が一紛失しても被害が出ることはありません。

これを持って移動先の銀行へ行けばOKです。

 

更に、その日に現金化することはできませんが、その日付けで定期預金を組むことも可能です。

ですから特に支障もなく目的達成ということになりますね。

 

★MM2H申請代行、車の輸入、その他お手伝いを承っております★===============

・銀行での送金手続きや、電話会社でのインターネット加入などのお手伝いは、
最初の1時間RM50、それ以降は1時間につきRM25頂いております。

・MM2Hビザ申請代行はご夫婦でRM5,600でお引き受けしています。

・車の輸入代行はRM1,500のところをご紹介いたします。

ご質問等おありの方は下記メールアドレスまでご連絡下さい。

高橋 里佳
会社ウェブ:http://www.mymm2h.com
メールアドレス:rika.takahashi@mymm2h.com
==============================================


 
posted by りか at 00:00 | Comment(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする