2015年02月07日

e−boardingをする時の注意点

e−boardingについては以前こちらで記事にしましたし、ご存知の方もいらっしゃることと思います。
昨日のフライトも私はe−boardingで、と思ってスマホに入れたAir Asiaのアプリでチェックインし(このアプリでチェックインしなければe−boardingはできません。)途中スタッフが昼食に出てしまっていたので待ち時間があったCIMBでスマホの充電をして夜まで電池がもつようにしてありました。

空港に着いたのはフライトの1時間半ほど前だったでしょうか。娘のお弁当用にと生卵を買い(KLIA2にはスーパーがあって品揃えも良いので重宝しています)、シャワーを浴び、さ、これで準備万端・・・とゲートJとKへの入り口へ。
ところがそこでこのe−boardingの画面をみせたものの、引き止められることに。

係官「これ、スクリーンショットでしょ?スクリーンショットじゃダメなんだよ。」
私(その時開けていたのは確かにスクリーンショットだったので、アプリを開いてManage My Bookingを選択。下がその画面。)

Screenshot_2015-02-06-23-17-17.png

(Manage My Bookingを開くと上のほうに
・Check−in
・Barcodes
・Login
とあるので、Barcodesを選択。それがこの下の画面。)

Screenshot_2015-02-06-23-19-15.png

(乗るフライトをクリックする。・・・下の画面。)

Screenshot_2015-02-06-23-19-24.png

(ボーディングパスが表示される。下の画面。)
係官「おかしいなぁ、点滅してないや。カウンターに行って、ボーディングパス発行してもらって来て。」
私「???」
係官「この、KUL → PENという部分が赤で点滅していないといけないんだ。」(下のスクリーンショットは朝の便になっていますね。汗)

Screenshot_2015-02-06-23-19-31.png

確かに赤に点滅していたのを見たことがありましたので、係官が「これはおかしい」と言ったのも即座に理解することが出来ました。
このような場合、カウンターV16の脇に番号のないカウンターがあるので、そこに行って事情を話すと薄っぺらいファックス用紙のような感熱紙ではなく、ちゃんとした厚手の紙のボーディングパスを作ってくれます。これはスマホチェックインしたものの、電池切れなどで画面表示ができなくなった場合にも同じで、このカウンターに行けばボーディングパスをプリントしてくれます。

言葉が不自由だと「これで良いはず」という頭で行って「ダメだ」と拒否されてしまえばそれが何故なのかが解らず焦ると思います。そのようなことがないように、こんなことまで書く必要ないんじゃ?と思いつつ、書いてしまいました。言葉でコミュニケーションが取れる人には全く無駄な記事内容です。m(_ _)m

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村


posted by りか at 02:13 | Comment(3) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

エアアジアが今安い

多分最安値はRM199/片道だと思うんですが、それとあまり変わらないRM249(RM50も違うと言われてしまうかもしれませんが・・・)でクアラルンプール−日本の航空券が発売中。日本−クアラルンプール最安値はRM299のようです。

Screenshot_2015-01-29-02-17-52.png

日本の夏休みってこちらでは休みじゃないですからこれだけ安く出ているのでしょうね・・・それともやはり事故のせいで利用客が減っているなんてこともあるんでしょうか・・・。

Screenshot_2015-01-29-02-28-54.png

クアラルンプール−ペナンやクアラルンプール−ランカウイなど、激安RM19で出ています。
これなら二人で往復する値段と普段買う一人分片道の値段が同じくらいですね・・・。
あーあ、行けるか分からないけれど買っておこうかなぁ・・・。(って、羽田往復は購入しちゃいましたけど。笑)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:37 | Comment(3) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

KLIA2でのキオスクチェックイン − 先ほど確認しました。

nkt4001さんが少し前にコメント欄に書いて下さっていた件。《KLIA2でのKiosk Check in再開したようです。》
(出典はこちら)

先ほどKLIA2から帰って来た時にキオスクを使ってチェックインしている人を見かけました。試しにちょっといじってみましたら、ちゃんと機能していました。ということで、ますます便利になったAir Asiaのチェックインです。
posted by りか at 04:10 | Comment(1) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

プリントアウトにお金かけていた私ってバカ・・・

ご存知の方も多いのでしょうが、私は4日にペナンからランカウイに飛ぶ時まで知りませんでした。
近頃はe-boardingもアリなんですってね。
私、それを知らなくて、11月にビエンチャンから戻る時、ビエンチャン→クアラルンプールのボーディングパスは事前に家でプリントして持って行っていたんですが、子ども達のクアラルンプールからペナンへの飛行機の予約は直前にビエンチャンでやったので(私はクアラルンプールで仕事をしてから帰りました)インターネットカフェでお金払ってプリントアウトしてもらったんです。(でもその後で泊まったホテルでプリンターが使えたことが判明・・・。泣)
携帯などのデバイスにボーディングパスを表示して、それを見せてから搭乗して行った私の前に並んでいた人を見て、ボーディングパスの半券を切り取る係の人に「デバイスに表示したボーディングパスでもいいの?」と思わず確認してしまいました。返事はOKとのこと。
電源が切れてしまうという問題もあるにはありますが、それさえ念頭に置いておけば「プリンターないから家でWeb Check-inしてもどうせカウンターに行ってボーディングパスプリントしてもらわなきゃいけない」なんてこともなくなりますね!
それにしても、いつの頃からe-boardingなんてことが可能になったんだろう・・・ボーディングパスってどんな大きさであれちゃんと紙に印刷されたものじゃなきゃいけないと思ってたんだけどな・・・。

(ちょっと調べてみましたら、エアアジアのマレーシア国内線と一部の国際線では昨年10月1日からe-boardingが可能になったんだそうです。ソースはこちら。いくつか注意点もあるようですのでご利用になる方はお読み下さい。それにしても知らんかった〜〜〜)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:46 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

昨日(17日)から明日まで、Air Asiaのチケットを買う時に注目したいこと

FacebookのAir Asia Bigに掲載されていたページ(こちら)の、Flight Informationの脇にあるRedeem Nowから入るとAir Asia Big Loyality Programmeのサイトからのログイン画面になります。

ここからログイン(もちろんメンバーだけですが)していくと、表(Air Asiaのサイト)でやっているRM0.13キャンペーンの航空券代金部分は必ずしもRM1=100ポイントで換算されていないのが分かります。

どういうことか。
下の二つのスクリーンショットをご覧頂ければ分かると思いますが、
IMG_20141218_023926.jpg

IMG_20141218_024008.jpg

二便あるうちの後のほう、ポイントを使うと200ポイント+RM34で買えるのです(上のスクリーンショット)が、ポイントなしだとRM49(下のスクリーンショット)です。
私、この便をほんの数日前(一昨日だったかな?)に1,500ポイント(通常のRM15相当)+RM34で予約してしまったのでよく分かるのです。
これはポイントを利用するとよりお得な例です。

それに対してポイントを使うより現金で支払ったほうが良いなぁと思うのは最初の便。
ポイント利用なしだとRM34.13(下のスクリーンショット)ですが、ポイントを使おうとすると200ポイント(=2リンギット分)+RM34となります(上のスクリーンショット)。

ま、大した差ではないのでどうでもいいんですが、一応こういうこともあるというお話です。
場合によっては大きな差が出てくることもあるかもしれませんしね。1,500ポイントと200ポイントの差ならまだしも、5,000ポイントと200ポイントの差とかだと結構大きいです。5,000ポイント必要だなぁ・・・と思って予約していなかった便が何便かあったんですが、この機会にと、200ポイントずつ使って結構予約できちゃいました。わーい(嬉しい顔)

このプロモは1月中の出発のみについてですが、(例えば)クチンにRM34×2(プラス400ポイント)で行けちゃったりするのって、こういう機会を有効に使える立場の人にはいいですよねー。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 04:11 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

あ!この人賢い!と思ったOptiontownのUTo利用方法

何気なくオプションタウンについてググッていたら、ダミー予約を入れてみて(もちろん支払いまではしません)プレミアムシートにどのくらいの空きがあるのかを調べてからオプションタウンのUToに申し込むことができるのを発見!!

ググッた先には「一度に予約できる上限の人数の9を入れても予約できそうだった」という確認方法が書かれていました。
で、実際にやってみたんですが、人数の入力をするのは一番初めだったんですよね。それを見落として進んでいったので、プレミアムシートを選択、その後本当に予約をするのと同じように進めていくと席が選択できる画面が。
そこでいくつの席が空いているのかがはっきりと分かります。これがたくさん空いているようだとアップグレード成功率も上がるでしょうね。

たったRM10のサインアップ料でも、調べてみてアップグレードの見込みが全くなさそうなフライトについてはサインアップするだけ無駄ですもん。調べてからサインアップするというのは良いアイディアなので賛成!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 09:13 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

Optiontown - 私の場合

dabo_gcさんのブログの記事を読んで、私も気になって調べてみました。

結果、私のケースもちょっと疑問の残る展開。

まず、私が申し込んだのもdaboさんと同じでUToとESo。但し行き帰りともアップグレードも何もできず(せず)。
なので申し込みにかかるRM10×6を差し引いたアップグレード料金RM300×3(行き)RM350×3(帰り)は返金されるはず。(本来チャージされる分はこちら↓)
Screenshot_2014-07-18-00-22-15.pngScreenshot_2014-07-18-00-22-45.png

でも、そもそもチャージされた金額がおかしかったのです。

Screenshot_2014-07-18-01-49-43.png

カードの利用記録を見るとRM2,134.67が引かれています。

そのことに対してのOptiontownの言い分はこちら↓
Screenshot_2014-07-18-00-18-40.png

リンギットではなく米ドルで引き落とす。(そんなこと書いてあったかなぁ・・・?)
常にリンギットと米ドルの両方で表示がしてある。(そうだけど、じゃあ引き落とした実際のリンギットの額と表示されているリンギットの額が違うことの説明は???)

適用レートもひどいもんです。銀行の店頭レートなみのひどいレート。
中値3.3463の2月3日の適用レートは3.4154。これは米ドルを購入する時のレート。
中値3.2949の3月20日(3月16日のフライトに関しての返金がされた日)の適用レートは3.2375、こちらは米ドルをリンギットに戻す時のレート。
中値が5ポイント下がったことも加わって、為替差損がさらに膨れてしまった状態。もちろん差益になって出ることも可能性としてはありますが、中値がよっぽど上がらないとないことですよね。

Optiontownには、
・マレーシアの利用者にはリンギットで表示されている額が米ドルに換算され、それがもう一度リンギット換算されてカードから引き落とされるために請求額が最初に表示されたリンギットの額とは違うことを認識させるべき(そもそもリンギットでの取り扱いがないのならリンギットで表示するな!するなら断わりをちゃんと書いてほしい。そんなことどこにも書いてないと思う。隅々まで読んだわけではないけど、Optiontownからは「ここに書いてある」という指摘はされなかった)。
・できれば申し込み時には申し込み料金のRM10/1フライト/一人の引き落としだけにして、アップグレードができた時点でその料金を引き落としたほうが為替のせいで損をすることもないので利用者の負担も少ない(でもどうせカード利用させてあなた達も儲けているのでしょうけど・・・とも続けて書いてみましたが。笑)。
と文句を言って終了。

途中、電話番号と電話をするのに都合のいい時間を教えろと2度ほどメールを貰いましたが、やり取りは英語なので誤解があったらいけないし、記録は残しておきたいので遠慮しました。ってか電話番号はOptiontown利用時に登録してなかったかなぁ。

私は全くアップグレードをできなかった、しなかったのでdaboさんのケースとは異なりますが、今度アップグレードの申し込みをするのならよーく考えてからにしようと思います。

日本から、或いは他の地域からの利用者とはまた異なる、マレーシアからOptiontownを申し込んだ場合の出来事でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 04:16 | Comment(2) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

Kiosk check-in will no longer be available in klia2, effective 22 Jun 2014 until further notice.

このタイトルのメール、今月20日に受け取っていたんですが、ボーっとしていて何のことかよく理解していませんでした。
で、昨日空港で自分でチェックインしようとしてビックリ。器械がぜーんぶ使えなくなっています(使えなくされています?)。
そこでやっと「あ、キオスクが使えなくなっているってこういうことか。」と気づき、仕方なくカウンターがオープンする離陸の2時間45分前を待つことに。
実は昨日はペナンからの行きの便と帰りの便を予約していたのですが、前日に車の日本への持ち帰りの件でシャアラムのJPJに行くよう後から予定が入ったので行きの便には乗らなかったんです。そして帰りの便だけにウェブチェックインしようとしたらなぜか受け付けてもらえず。これは多分行きの便の離陸より前しかウェブチェックインができないんでしょうね。そんなこともあり、空港にはできるだけ早く着こうと、仕事を終えてすぐ空港に移動したのでした。
無事カウンターでチェックインをしてもらえ、安堵。
でもその後、機体のトラブルで一度搭乗した飛行機を降りて乗り換えるハメに・・・。
まぁ落ちずに無事に戻れましたので、「終わり良ければ全て良し」ということで。

なお、エアーアジアからのメールには「ウェブチェックインをせずにカウンターチェックインをするとその手数料を取る」と書いてあります。私のケースはウェブチェックインができないケースだったから徴収されなかったのかもしれませんし、書いてあるだけで徴収しないのかもしれませんが、ウェブチェックインをしてプリントアウトまでして準備してから空港に向かうのが無難であることには間違いないと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 05:30 | Comment(2) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

航空券の予約をする時は、パスポートの残存期間に注意しましょう。

数週間前、日本から間違い電話がかかってきました。
他のエージェントさんに電話をしようとしてかけた先が私だったみたい。
でもまぁいいや、ということでお話を伺いましたが、私にはお答えできない内容のご質問でした。

どんなことかと言うと、マレーシア→日本→マレーシアの航空券を購入し、日本へ一時帰国。さて、そろそろマレーシアに帰る時が来たからと日本→マレーシアの便にウェブチェックインしようとすると・・・チェックインできない。

私も先日ウェブチェックインしようとしてできなかったのですが、私の場合はできないものはしかたないとそのまま放置してしまいました。結果、空港のエアアジアのチェックインカウンターは空いているので、荷物のドロップオフのために並んでいる長蛇の列を横目に即チェックインを済ませることができました。何か理由があってウェブチェックインができないようにされていたので、カウンターチェックインにかかる費用(確かありましたよね?1,000円くらいかかるんじゃなかったっけ?)もかかりませんでした。

でもこの電話の主様は放置せずに何が原因でウェブチェックインができないのかを追求していくと・・・フライト日はパスポートの残存期間6ヶ月以内にかかってしまっていたのでした。
「こんなケースに遭遇したことはありますか?」と訊かれましたが、あいにく私はそのようなことを経験したことや見聞きしたことがなかったので、知っているかもしれない同業者さんに電話をして訊いてみましたら、「MM2Hビザが有効なんだから飛行機乗れると思うけど。」との回答。でも実際にはエアーアジアは乗せてくれなかったんだそうです。新しいパスポートの発給を受け、航空券を買い直し(乗せてもらえなかった便の払い戻しがあったかどうかは不明)、予定より二週間ほど遅れてマレーシアにお戻りになったそうです。以前まだマレーシア人に対する日本ビザ免除がなかった頃、マレーシアと日本の二重国籍を持つ子がマレーシアのパスポート使用でエアーアジアに搭乗しようとした所、日本のビザがなければ乗せるわけにはいかないという話になったことがありました。日本側は6ヶ月以内に発行された戸籍謄本を持って入国すれば問題ないと言われているのは周知だったんですが、エアーアジアは規則にがんじがらめでその時も結局予約していた便には乗せてもらえず。確か航空券を買い直して日本行きに乗ったという話を聞いたように思います。

昔、確かエアーアジアの予約をする時ってパスポート番号などの必要事項は予約時に入力する必要があったように思うのですが、違ったでしょうか?
予約が簡単にできるようにパスポート番号や残存年数の入力を先にする必要がない状態になっているのが現状のようです。今回みたいにパスポートが6ヶ月以上残っていないと飛行機に乗れない、なんてことを回避するためには面倒ですが遅かれ早かれ入力しなければいけない項目ですので、予約時にすることを義務付けるべきだと思います。
・・・ってここで部外者が何を言っても無理でしょうが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:09 | Comment(4) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

荷物が出て来ない・・・。汗

今月の初めに我がゲストハウスにリピーターとして来てくれたT君。
聞いた話だけでも相当なストレスを職場で味わっていたようで、去年うちに泊まってくれた時には精神的にかなりヤバイ状態だったのがずいぶん回復した(ように見える)今年と比較するとよく分かる。
お互い、お客さんとゲストハウスオーナーというより気取らず思ったことを率直に言える友達という感じ。
私よりも確か7つくらい下なのだけど。

丸々1週間以上もいるので何か真新しいことを・・・、自律神経失調症の彼を↑↑↑できるような話をリラックスした雰囲気の中で誰かにしてもらえたら・・・ などなど、ちょっと考えているうちにふと浮かんだ企画。

「起業家のお話を伺う。」

私とほとんど同い年のお客様で起業して成功している方がいらっしゃいます。
日本人の方です。
私も以前からもう少しお話を伺ってみたいな〜と思っていたのでした。

私のアイディアをこの起業家の方にお話しすると、即承諾を頂けました。
当日はとーっても中身の濃いお話を伺えて、T君以上に私にもとても有益な一夜となりました。

この起業家の方は日本で起業、成功なさっている方です。
マレーシアで成功している起業家・・・もいます。そのうちの一人とは来週クアラルンプールで夕飯を一緒にする約束をしています。
いつも他愛のない話のことが多いですが、そういう中にも聞けて良かったと思う話がちらほらあって、実は夕食をご一緒して下さることを毎回とーっても楽しみにしています。

MM2Hビザがあればマレーシア滞在については問題がありませんので、役員という立場で起業して従業員を雇用し、ビジネスを始めることは可能です。本人が働いてしまうとダメですが。
今週はMM2Hビザでマレーシア滞在、且つビジネスもやりたいという方をサポートできるように会社設立に関する勉強を始めることにしています。以前、「ゲストハウスなんかできそうだよね」とあるMM2Hの方に言われたのですが、その時は正直MM2Hビザではダメだと思っていました。でも、本人はオーナーとして建物やビジネスを所有し、スタッフを雇って進めるというのはありなのだという理解に至りました。こう考えると、資金がなくてはできないことですが、それさえクリアすれば可能性はぐんとアップしそうです。少し前の話になりますが、マレーシア人の名義を借りて安価で会社設立をし・・・ということをなさろうとしていた人が私のほうへ何かお問い合わせ下さったのですが、マレーシア人の名義を借りることほど危ないものはないと思います。よく知らない人であればもちろん、よく知っている間柄でさえもビジネスが成功したらそれを丸々横取り・・・なんて普通に起こりえる事です。なので、MM2Hビザを持っていればどんな職種でも外国人比率100%で起業できるのかとか(正直この部分が一番正確に知りたい部分です)私にとっては新しい分野にちょっと足を踏み入れてみようと思っています。

・・・ってものすっごくタイトルから話が逸れてしまいましたが。(汗

このT君がペナン空港に着いた時、私も空港にいてT君が出てくるのを待っていたのですが、同じ便で到着したと思われる人たちはどんどん出てくるのにT君が出て来ません。「これはひょっとしてもしや・・・」と思っていたらやっぱりそうでした。スーツケースがベルトコンベアーに載って出て来ないというんです。
今日ペナンに着いた別の方も同じ目に遭ったそうで、預けた段ボール箱2つが出て来なかったんだそうです。

お二人とも、荷物は同じ日のうちにそれぞれの滞在先に届けられました。
なので、空港で手続きさえきちんとすれば(特に滞在先と電話番号は正確に伝える)対応も早いですし、それほど心配なさる必要はないように思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:35 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。