2015年10月09日

内装どころじゃない・・・。

12107096_10204754797893838_2897232131520443503_n.jpg

不動産業って単に物件を売るだけじゃないんですね。というか、この会社がちょっと特殊なのかな?

某日系不動産業者を介して日本在住の方がこちらのコンドミニアムの1ユニットを購入なさったんですが、日本在住の方なので購入以後の管理等々はその業者に丸投げ。まぁそれは仕方がありませんけれど、何ともお粗末な話を聞きました。

鍵が渡されてしばらくの間は補償期間となっていて、例えば壁に亀裂が入っていたりとか、水漏れの後のような模様が天井にあったりだとか、タイルが割れていたりとか、そういった不具合を調べてマネージメントに報告すると、補償期間中ですから無償で直してくれるわけです。
この某業者はそのためにRM2,500も請求していたんです。しかも2度も。
それで不具合がないのならまぁ良い(それにしても高いし、正直そんなことを調べる専門業者がいるなんて聞いたことがありません)のでしょうが、私もとりあえず出来る範囲で自分の目で見てみようとまず蛇口を一つ一つ開いていったんですね。そしたらそのうちの一つがほとんど水の出ない状態。元栓でも閉まっているのかと思いましたが分からないのでマネージメントに行くと、メンテの男性を連れて行って見てくれとのこと。またユニットに引き返しました。
バングラデシュ人のメンテの彼はあれやこれややっていましたが、最終的に蛇口を取り替えなければならないという結論に。
ええ〜〜!?ですよね。不具合を調べるのにRM2,500×2も支払わせて、一体何を調べたんでしょうね?この業者は。
電気が全てのコンセントに行っているかとか、電球は全部点くだろうかとか、コンセントのほうはどうか分かりませんが電球を試しに点けてみたという痕跡はなかったのでそんなことも調べていないでしょうね。補償期間が終わってから点かない電気があったら一体どうするんでしょう???壁や天井に埋め込まれているわけですから大掛かりな工事になるかも知れず、自腹だったら大変です。
水漏れもそうですよね。防水になっているのは2つのシャワールームのみらしいので、とりあえずその2つには水をジャージャー流して階下に漏れないか調べます。自分のユニットから漏れて階下に影響がある場合は自分が全責任を持つのが原則ですから、補償期間を過ぎてから水漏れが発覚した場合もこれまた大変です。シャワールームの床のタイル全部剥がしてやり直しですもん。(汗)

というか、そもそもあのセメント臭のする塵まみれのユニットに、いくら窓や戸を全開にしていたって長居はできません。何も調べていないのは確定じゃないですか?そんなに手数料サービス料取るんだったら掃除婦くらい入れてあげればいいのに。できたばかりの状態なのでセメント等塵が充満してたんです。下の写真の床が模様があるみたいに見えるのは、塵の上を歩き回った跡です!RM100くらいでやってくれるんじゃないかなぁ、掃除。

ほんと、内装云々どころじゃないです。

12141746_10204754796693808_8471066246204773691_n.jpg

12088045_10204754796453802_6000016225481984528_n.jpg

クリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
posted by りか at 00:31 | Comment(0) | コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

ペナンではまだ50万リンギットの物件が買えるものの・・・。bk82bq

お客様から「50万リンギットくらいの物件をペナンで購入したいんですけど、HSBCでローン組めますか?ローン組む時の条件というか、提出する必要のある書類、調べてもらえませんか?」というお話がありましたので、そのお客様がMM2H用定期預金をお持ちのHSBCブキッビンタン支店に行った折にローンの条件などについて訊いて来ました。

ローンの申し込みに必要なものとして、インカムタックス(納税証明書や源泉徴収票ですね)と直近3ヶ月の給与明細・それが振り込まれている銀行口座の出入金明細3ヶ月分が主なものなのだそうです。
そして更に、MM2Hではペナンに限って言えば50万リンギットの物件でも購入可なのですが、銀行のポリシーとして100万リンギット以上の物件でないとローンを組めなくなっているとのこと。これ、致命傷でした。

ちなみにですが、プレミアステータスを1年以上キープなさっている方であれば、最高で80パーセントの融資が受けられるとのことです。

今どき50万リンギットなんてそんな安い物件・・というイメージが巷であるらしいですが、10年前は多分半額くらいだった物件です。というか、今もきっと50万リンギットには到底満たない価値の物件をMM2Hのお客様に売れるようにいろいろプラスして50万リンギットになるようにしているのに過ぎないのではないかと思います。これって正にバブル。でもペナンは島なのでバブルは弾けないなんていう人もいます。本当のところはどうだか・・・。煽られても買わないほうがプラスに出るかもしれませんね。買う時は、その物件が本当に支払額の価値分だけあるものなのかどうか、ないにしても賃貸に出して回収が可能なのかなどの見極め、きちんとして下さいね。イヤですよ、日本人の方が口車に乗せられて損害を被ったなんていうニュースや噂を聞くのは。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 01:45 | Comment(0) | コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

不動産購入について気になったこと

私はマレーシアでの不動産購入はあまり積極的にお勧めしていないので、不動産に関しての知識もそれなりにしかありません。
ガサツで問題だらけの造り、日本人ならば誰もが閉口してしまうような造りのものもたくさんあり、良くないと分かっているものをお勧めしたくないというのが念頭にあります。お客様の中には、不動産を扱えばより楽な仕事で収入が増えるのに。やったら?とおっしゃって下さる方もいるので、もしかしたら将来手をつけるかもしれませんが、そんな時も立地条件だけでなく、建物自体のクオリティを重視してお勧め物件を選びたいですね。どこのディベロッパーが手がけている建物なのかというのを知るのも私としては重要なことなのではないかなと思います。

MY(MM2H)からCY(MM2H)に移籍した私ですが、そのCY(MM2H)がオフィスにするために購入した不動産(この場合はショップロットです)に問題発生。そして偶然に、それとほとんど全く変わらない問題が私のお客様の元へも降りかかって来ていました。

CY(MM2H)が事務所として使用するショップロットなのですが、買い主が3%、そして7%(計10%)を払い入れた時点でS&P(Sales and Purchase Agreement;売買契約書)へのサインを買い主・売り主双方がするべきなのですが、この事務所の件とあともう一つはお客様の件、2件とも売り主がサインを渋っている状態。
CY(MM2H)のオフィスの(前)オーナー(=売り主)の場合は、「もっと高く売れるかもしれないから。」というのが理由だったそうな。なぜ最初からきちんと値段を決めておかなかったのでしょうね?今からではそんな言い分は通りません。

ここで買い入れ側には2つの選択肢があります。
@ペナルティとして全体額の10%を、自分が既に払い込んでいる10%と共に返却してもらうこと。
Aなんとしてもオーナーにサインを貰う。

CY(MM2H)の場合には、Aである必要があるため、他により高い値で売ろうとしているオーナーに、それができなくなるようにする措置(英語ではCaveatと言うそうです。日本語に訳すと手続き差し止め措置)を取ってもらうとのこと。この手続きは弁護士に依頼する必要があるということですが、そもそも不動産売買手続きは弁護士同士が行なうことだそうですので、ご自分の弁護士がいない方(マレーシアにご自分の顧問弁護士がいるような方はあまりいらっしゃらないのではないかと思います。)の場合は、不動産屋が紹介してくれる弁護士が一連の手続きをするそうです。

ですから、問題が発生したとしても買い主が悩むことはなく、弁護士に従っていれば良いと思うのですが、同時に問題が発生しているお客様のほうではどうもご自身の弁護士という存在がないような印象を、お話を聞いていて受けました。

このお客様はご自分がネットで探した物件をローカルの不動産業者を通じて購入することになさったのですが、私はそのような方法よりは信頼の置ける知人友人などがいればその人たちが信頼している不動産屋或いは弁護士を紹介してもらうほうが良いのではないかなぁと思います。
これからご紹介するのは、MM2Hビザ代行申請では私とは競合している方なので本来ご紹介しないほうが私の首を絞めずに済むので良いのかもしれませんが(笑)、特にクアラルンプールやその周辺の不動産に関してはよくご存知で、購入するならこの人から買うとご紹介したお客様もおっしゃって下さった方です。(このお客様は他のエージェントさんからも物件を見せてもらっていた方ですので、比較なさった上でそう言って下さったのだと思います。)

Step 1 Malaysia.comの中村さん

ブログですのでUp to Dateの記事がご覧頂けます。不動産に興味がない方でも、きっとお役に立つ情報が載っていると思いますので訪問なさってみて下さい。

その他の役立つ情報満載なのはこちら
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 06:21 | Comment(0) | コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

ステキなユニットを見せて頂きました。

月曜日の朝7時過ぎのバスでクアラルンプールへ行きました。2階建てバスのせいか一つ一つの席の間の間隔がとってもゆったりで、後ろの人に気兼ねすることなく背もたれを倒すことができるのって良いですね。かなりフラットに近い状態にしてぐっすり寝られました。

不動産屋さんと待ち合わせをして連れて行ってもらったのがVerve Suites Mont Kiara。私達が見せてもらった棟はその中でも一番最初に建てられたものですが、後から建てられた棟にも引けを取らない良い感じの棟です。

なぜ棟、棟と言うのかは後から載せる写真をご覧頂ければお分かりになるかと思いますが、設備が素晴らしいのです。それに加えて今回見せて頂いた物件も内装が素敵で、これは是非ご紹介しなくてはと思った物件です。(他にも見せてもらいましたが、個人的にはここが一番住んでみたいと思えるところでした。)

写真を載せますね。



ラウンジ。大型テレビが備え付けられています。



そのテレビ。後方は主寝室。



主寝室とそこからの眺め。窓は出窓になっていて、座れるスペースがあります。

このユニットにはバルコニーはありませんが、このスペース、ちょっとお洒落な使い方ができそうですね。



主寝室のクロゼット。真ん中の扉から先がバスルームです。



扉を開けたところ。



この形ってどっかで見たことありませんか?バスタブはありませんが、お湯を張るとお風呂が楽しめます。





ダイニング。



キッチン。オーブンレンジも付いてます。



キッチンの写真の一番奥に収納扉がありますが、その中には洗濯機(兼乾燥機)が入っていました。



洗面台。バスルームの外にあります。



共用バスルーム。



子ども部屋に使えそうな部屋です。

 

さて、ここからは共有施設のご案内です。まずはジャクジー。





ジャクジーの隣にはサウナ。



ジム。ジムの脇にはシアターもあります。



そしてスカイバー。中央にツインタワーが見えます。夜景を見ながらお友達とおしゃべりとかって良いですよね。

ビリヤード台もありましたし、バーカウンターや4人ほどで座れるボックス席も2つありました。ジュースの自動販売機もあったなぁ。



そしてプール。プールは二つ、5階にありました。

 

スマホの写真なので特に明るさの調節が上手く行かなかったものもありますが、雰囲気はお分かり頂けるのではないでしょうか。

このユニットはオーナーの希望賃貸価格はRM3,000、でも交渉可だそうです。オーナーは家を大切にしてくれるテナントさんであれば少々市場価格より安く貸しても構わないというオーナーさんです。

何よりも、まだ誰も住んだことのない新しいユニットというのが良いですね。

マレーシアの一般的なコンドミニアムユニットに比べると少々狭いですが、内装は日本チックですし落ち着いた色合いで好感度大です。ジムもジャクジーもサウナも、そしてもちろんスカイバーも、高層階にあって気持ち良さそうです。

また、日本人学校へ行くスクールバスはこのコンドミニアムには停まらないようですが、最寄のバス停までなら車ですぐです。ショッピングモールもそれほど離れているという感じではありませんでした(車で5分くらいでしょうか)。

でも、お子さん連れよりはご夫婦二人だけの生活に向いているユニットのような気もします。

ご見学になりたいという方がいらっしゃいましたらお問い合わせ下さい。日本語ガイドは付きませんが、無料にてご案内いたします。(ご契約となった場合には有料にてアシストさせて頂くことも可能です。)

rika.takahashi@mymm2h.com または 019-575-2854(高橋里佳)まで。

ランキングに再度(再々度?)登録しました。応援のクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 ←クリックすると日本ブログ村マレーシア情報ブログランキングへ飛びます。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 ←クリックすると日本ブログ村海外ロングステイブログランキングへ飛びます。
にほんブログ村 海外生活ブログ 英語・現地語が話せない生活へ
にほんブログ村 ←クリックすると日本ブログ村ランキング 英語・現地語が話せない生活ブログランキングへ飛びます。
posted by りか at 00:00 | Comment(0) | コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする