2014年07月20日

誤爆?・・・プーチンがターゲットだった? - MH17撃墜事件

ブラジルでのワールドカップ(確かファイナルを)を観戦、その他の公務を済ませたプーチン大統領がモスクワへ帰る際に大統領機が取ったルートがMH17便とほぼ同じルート、二機が問題の地域を通った時間差も40分弱程度だったらしい。(その記事はこちら。同時に否定もされているが。)

ロシアの国旗は赤白青の三色なので大統領機もその色使い。マレーシア航空にも皆さんご存知の通りで赤白青の三色が使われている。
MH17 - Rossian Presidential Plane.jpg

攻撃目標を目視で確認するわけではないだろうから機体の色使いが似ているのはたまたまだろうが、通過時間や高度が似ていた大統領機を狙っていたのにも関わらず間違えてMH17便を攻撃してしまったというのには信憑性があるように聞こえる。

親ロ派は本当かウソか、10キロもの上空の飛行物体に届く威力のあるミサイルなど持ち合わせていないと言っており、これが本当だとすると親ロ派に罪を被せようとしているウクライナがやったことになる。
更にプーチン暗殺説が本当なら親ロ派がやるわけがないので黒は確実にウクライナとなる。

地上では戦争状態というところの上空を旅客機が飛行することは普通にあることらしいが(元機長の話として載っていた)今は時代が時代で、例えばイラン・イラク戦争は1980年代だから今のテクノロジーとは雲泥の差。武器・兵器の類も相当進化していると思う。そんなところを「安全」として飛行させている機関も問題。
今更何を言っても亡くなった300名近い方々は戻って来ないが、こんな惨事を引き起こした張本人は特定されるべきだし徹底的に罪を償わせてほしいと思う。一生かかったって償いきれないだろうけど。

更に、上記のリンクにあるプーチンの言葉に「こんな悲劇はウクライナが平和であれば起りえなかったこと」というのがあるが、言葉は悪いが「あんたが加担しなきゃ平和が訪れるんじゃないの???」と言いたい。親ロ派ってイコール誰派?武器を親ロ派が手に入れているのは誰からなの??開いた口が塞がらない。

最後に、亡くなった方のご冥福をお祈りしたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 04:43 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

またまた KLIA 2

昨日の日記(じゃあなかった、記事でした)に書きましたが、昨日もKLIA2からエアアジアに乗ってペナンに戻りました。
で、例のスーパー、今度はちゃんと名前を見てきました。Jaya Grocerというらしいです。
前回「イチゴジャムは機内持ち込みできないよ」と言われ断念しましたが、今回は生卵!!!を買ってみました。ちょうど家のがあと1個くらいしか残っていなかったと思ったので。
荷物チェックの時、係官がちゃんと見ていなかった気もするのですが、難なく通過。一個も割ることなく、帰宅できました〜。

このスーパー、コンビニ弁当みたいなお弁当や、座って食べることの出来るスペースも完備されているので、このスーパー内のものを買ってそこで広げて食べる、っていうこともできそうです。
私が先週に続いて今週も足を運んだのには生卵以外にも理由があって、それはセール品として売られていたチョコレートのため。そのチョコレートとはこちら
ただの板チョコと言ってしまえばそれまでなんですが、ランカウイで3枚RM11くらいで売られていたのを初めて買ってから病み付きに。巷の小売店では1つRM10、KLIA2の別のお店ではRM11を超えていましたが、ここではRM7。お買い得〜
特に私や子ども達が好きなのは、

@ホワイトナッツホワイトナッツ.jpg

Aコーンフレークコーンフレーク.jpg

そしてBビスケットビスケット.jpg

私は@とBが大好き。息子は@AB全部、娘はAとBみたいです。Bビスケットの逆の発想がオイシイです。ビスケットがチョコに包まれてます。
あ、あと、以前食べたココナッツのが美味しかった覚えがあります。
日本でも入手できるようですが、多分国によって手に入らないフレーバーもあるんじゃないかと思います。ココナッツなんて日本では売られてなさそうですよね。そういうのをちょっとしたお土産にするのも良いかも?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:08 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

KLIA 2 気づいたこと

先週の月曜日にAK第一便、最終便でペナンからクアラルンプール・プトラジャヤを往復したんですが、その時に降り立ったのはKLIA2。オープンしてから2週間くらい経っていたでしょうか。
帰りの飛行機を最終便に設定していたため、思ったより早く仕事が済んだ私は数時間時間を潰すことになりましたが、結構潰せますね、KLIA2なら。ここはショッピングモールか?と思えるようなお店の多さ。200店舗以上あるらしいです。

私が一番嬉しかったのはスーパーマーケットがあったこと。(スーパーとは書いてなかったですね、グロッサリーとか何とか)品揃えはその辺の小型スーパーに引けを取らず、お値段もとっても良心的。お野菜類もその時は新鮮に見えましたし、お肉類は真空パックになって売られていました。ハム類とか、ちょっと???と思ったのは冷凍食品がたくさん売られていたこと。あれってKLIA2内のレストランが品切れメニューを補充するために使うのかしら?冷凍食品を空港で買って帰宅するって、どうも考えづらいので・・・。

私は次の日の朝、お弁当を作る用にお野菜を仕入れてそのまま機内に乗り込みました。(笑)預け入れ荷物がないと液体類が買えないのが欠点ではありますが(イチゴジャムを買いたかったのだけど、それも持ち込み不可だと言われました。でも買う前に教えてくれるのはとても良心的。)文句言ったらバチ当たりますね。これは私にとってはとっても便利です。

そうそう、KLIA2からKL Sentralへのバスはスカイバス、イエローバスともにRM10になっていました。で、イエローバスは8時、8時半、9時・・・という30分間隔、スカイバスは8時15分、8時45分、9時15分・・・という30分間隔で運行されているらしいのですが、イエローバスカウンターで「8時15分のバス、あるでしょ?」と訊いてもその時対応したマレー女子は「ない」「このカウンターのどこで聞いても同じ」と、スカイバスのことには一切触れず。私がスカイバスが8時15分発であるのを知り、また払い戻しもできると聞いて戻ると全然的外れな言い訳をされたので、「不親切だ、とっとと返金して!」と朝から腹を立ててしまいました。カウンターはLCCTのように一ヶ所に連なってはおらず、お互いが少し離れたところにあります。8時5分くらいにカウンターに着いて8時半まで待てるのならそれでもいいですが、できるだけ早くしたい時にはもう一つのカウンターを探しに行きましょう。

あと面白いのは、KLIAトランジットですね。
これは前にも書いたことがあるのですが、KL SentralからPutrajaya/Cyberjayaの運賃が確かRM8ちょっと。で、私はPutrajayaで仕事をしてからKLIA2へ向かったのですが、その時は確かRM6.30くらいだった気がします。合計RM15弱。ところがKL SentralからKLIA2へ通しで行くとRM35するらしいですね。Putrajayaで一旦改札を出てまた切符を買い・・・なんて面倒ですし電車の運行間隔も20分か30分に一本くらいしかないはずなので非現実的ですが、RM20以上も差が出るこの状況は一体何なの?って思います。ほんと、訳分かんないですよね・・・。

そうそう、あとはKLIA2にシャワールームが増えていたのが嬉しいです。
朝は必要ないですが、帰りの飛行機に乗る前にシャワーが使えると嬉しいです。
LCCTでは大きなトイレの中にシャワー室は2つ、という感じでとても少なく、私が出ると待っている人がいたこともよくありました。
但し手荷物の中に大きめのシャンプーやリンスを入れて機内に持ち込むのは難しいかもしれません。(特に国際線はダメですね。先日私が羽田行きに乗る時にその前日に買ったシャンプー・コンディショナーを没収されてしまいました。この時はMH370の影響が大きかったです。)100ml以下であれば良いという規定もあるようです。

KLIA2で「ここ必見!」とか「こんなのがあった!」といった情報がありましたらお寄せ下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:26 | Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

案外読まれている?

先日の「スー法律事務所」の記事は、最初にアップした日にはスー法律事務所さんから掲載の許可を頂いていなかったのでした。掲載した次の日にご連絡を頂いたのですが、スー法律事務所さんになぜそんなに早く私のブログの記事が知れたかというと、他のエージェントさんからお電話があったからなんだそうです。
他のエージェントさんも結構ご覧下さっているのでしょうか・・・。先日はあるエージェントさんに「あなたのブログ記事は文章が長過ぎる」と面と向かって文句を言われました。文句言うなら読んで頂かなくて結構なんですが。こちらから願い下げです。(笑)
そのエージェントさんもいろんな情報をとても細かくしかし分かりやすく書いておられたのですが、ある時ピタッとそれをお止めになりました。「他のエージェントが自分の情報を利用している」のが理由だったように聞いた覚えがあります。
そりゃあ人が苦労して調べ上げたことをさも自分が調べたかのように受け売りする業者さんが前にもいましたが(笑)それはそれで凄いですよねー。それだけ信用されているってことですから。それで間違っていたって責任転嫁しないで下さいね。(笑)

私は出来る限り正確に書いているつもりですが、私の表現力のなさによって誤解を招く表現になっていたり、書いた時点では正しい情報でもその記事が何年も前のものの場合には内容自体が正しくなくなっていることもありえます。私のブログ記事も含めて、信用する前に確認を怠らないようにして下さい。確認をする相手は該当機関へ直接、しかも可能であれば複数の人に訊くのが良いです。返って来る答えが十人十色とまではいかなくても、三人三色(?)、いえ、三種三様のほうが正しいですか?くらいには平気でなることがありますので。

今も日本へ里帰りする車についてその方法などの情報収集をしていますが、正にたらい回しという言葉がピッタリの状態で情報収集をしています。でもこんな時にとっても効果が感じられるのがマレー語での会話。車関係ですからJPJ、Puspakom、MOF(財務省)などが関係してきます。どこもマレー人のお役人だらけです。英語での会話だと相手も上手く表現できないケースも多く、私は最初は英語で話し始めても「あ、マレー語のほうが話しやすそうだな」と感じるとマレー語に切り替えるのですが、途端に饒舌(?)になり、溢れんばかりの情報を次々にくれる人がいるものです。今日もそんな人に出会いました。

話は逸れますが、最近は省庁への電話はコールセンターが一括して受け付けるようになっているようで、各省庁のホームページに記載されている代表番号にかけると大概03-80008000にかけ直すようにとアナウンスがあります(JPJと財務省がそうでした。多分他もそうなっているだろうと思います)。一度話した相手に再度かける必要が出て来る場合を想定して、話した相手の名前はもちろん、直通電話番号も教えてもらってメモしておくと次またオペレーターにかけて、オペレーターに省庁名と部署と名前を伝え・・・なんていう無駄が省けますね。昨日今日はたらい回しになったこともあり、私のメモ帳の一見開きが部署名や名前やら電話番号、それにメールアドレスで埋まってしまいました。(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック!!お願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:10 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

いろいろ

ご報告です。

日本からクアラルンプールを経由してペナンに帰還しました。

ペナンの家に戻る前にクアラルンプールで2日仕事しましたので、ペナンに戻った時にはホリデーモードは完全に終わってました。なのでガンガン仕事してます。(笑)

この数日間で入ってきた情報箇条書き。(思い出した順。)

@今日BSN(Bank Simpanan Nasional)へ、お客様に同行してMM2Hビザ取得用定期預金をしましたが、以前は5年ものが4.0パーセントの金利で提供(50歳以上の方には4.15パーセントでした)されていましたが、今年2月から3.75パーセントに引き下げられています。

A以前はMM2Hビザ申請者の配偶者の親(主申請者の義理の両親)もロングステイビザ申請が可能と聞いていましたが、現在はそのような申請に対して許可が下りるのは稀なことになっているようです。特別な事情がある時(例えば主申請者と義理の親だけが生きていて、配偶者が死亡している場合など、主申請者が義理の親の面倒を見る必要がある場合など)はめげないで申請してみて下さい。何度もアピールした後に通ったというケースも今までにはあったようです。

Bパブリック銀行でMM2H用定期をお作りになる方はとても少ないと思いますが、この4月からパブリック銀行にある定期預金の証明ではMM2Hビザ申請/更新ができなくなってしまったようです。内部が絡む偽造でもあったんでしょうね。

C長距離バスにも子ども割引料金があるようです。
予約していたエアーアジアのペナン行きがスケジュール変更になり、そのことについて私に電話連絡されたと記録に残っていたため(携帯電話は壊れていたので連絡を受けられるわけがないのですが、偽りの記録が残っていました)別の便に乗るためには差額を支払わなければならないという話でしたので飛行機には乗らず、次の日の長距離バスで戻りました。仕事のためにクアラルンプールに2日間いて、子ども達はホテルの部屋で私の仕事が終わるのをただひたすら待っただけの状態でその後空港、帰宅というスケジュールでしたので、逆にクアラルンプール宿泊を一泊追加したことで3人で映画を観たり、KLCCの水族館へ行ったりと、最後の日がまた良い一日になって本当に良かったと思います。
長距離バスの割引料金ですが、小学5年生はもちろんですが、中学2年生の分も若干安くしてくれました。クアラルンプール−ペナン間で子ども一人RM3安くなっただけでしたが、言ってみるものですね。

DCに関連して
LCCTからKL Sentralへ行くバスには私がパッと思いつく限りでは2社しかありません。
車体の黄色いバス。会社名忘れちゃいましたが、Aero Busとかって言ったんじゃないかしら?それとAir Asiaのバス。
空港からKL Sentralまでの往復を1ヶ月以内にする場合はAero Busの往復を買うと安上がり(1ヶ月間なんていう期間はその切符からは分かりません)。往復RM14です。但し子どもとして認められるのは10歳まで。ですからうちの場合には全員が大人価格となりました。ちなみに片道はRM8。片道3人でRM24となります。

ところがAir Asiaのバスは、小学生なら片道RM4。うちは中学2年生は大人とみなされたので、大人二人子ども一人。なので同じくRM24。大人はRM10なんです。

最初RM8×3とRM10×3だと思っていたので「あ、タクシー一回分が差額!!」なんて思ってたのですが、結果的には全く一緒のRM24となりました。

じっくり考えながら書く暇もなく、すみません。また何か思い出したら書きますね。

ペナンに戻りました。またこれからも書いていきます。
応援宜しくお願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:55 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

マレーシアを留守にします。

子どもの学校休暇に合わせて日本へ参ります。
16日のエアーアジアで行き、30日に帰りの便に乗ります。
ただ、ペナンを発つのはなんと明日の夜(@@
それまでに仕事は終わるのか?という感じです。(汗)

メールのチェックは常時できる予定です。(先日このブログでもb-mobileの申し込みをしたことを書きました。)
ただ、万が一ということもありますので、必ずコンタクトが取れる方法として

1.Facebookのチャット機能・・・これには最近音声通話機能もついているようですね。
2.LINE・・・これもFacebookと同じく文字チャット・音声通話機能がついています。
3.hotmail・・・rika.takahashi@hotmail.com

を挙げさせて頂きます。
これは、万が一b-mobileを私が持っている端末(携帯電話やiPadなど)で使えない場合にセブンイレブンのホットスポット?を使わせて頂くと繋げられる手段です。

Screenshot_2014-03-13-03-46-25.png

Viber、Whatsapp、WeChat、そしてSkype(rika_mymm2hで探して下さい。)もあります。多分登録電話番号で探せるかと思いますので、(+6)0195752854 か (+6)0164767687 でお探しになってみて下さい。

一時帰国したら順位また下がっちゃうなぁ・・・。
下がる前にたっくさん上げておいて下さい。m(_ _)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 05:26 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

パスポートを失くしたら6ヶ月以内に発行された戸籍謄本が必要です。(知らなかったのは私だけ?)

パスポートなんて再発行カンタンカンタン♪なんて思っていたら大間違い。有効なパスポートを持っている段階で切り替えるのであれば戸籍謄本は必要ないそうなのですが、今回のように有効なパスポートが提出できない場合には戸籍謄本原本の取り寄せが必要となります。月末にジャカルタに行く予定があるのですが、間に合うかどうか不安です。

但し、旅行者などでここから日本へ帰国するだけという場合に限っては、戸籍謄本をスキャンやファックスでとりあえず送ってもらえればそれ用の証明書の発行は可能だそうです。但し帰国後に原本を郵送する必要はあるそうですが。
この辺は少し臨機応変になってきた感じがしますね、日本政府も。(って、昔からそうだったんでしょうか?)

私がバックパッカーをしていた頃には考えも及びませんでしたが、パスポートがなくなってしまっては旅は中断してしまいます。なので、6ヶ月以上の長期旅行者には応用が利きませんが、それ以下の期間の旅行なら戸籍謄本も必須アイテムの一つかもしれませんね。

一日一クリック、宜しくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 09:07 | Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

入国時に必要?な指紋採取 - 入国管理官が要求しない場合は必要なし

マレーシアへの入国時、入国管理官に親指の指紋を取られた経験がある人は多いと思います。
大概の人は取られ、その結果として下の写真のようなスティッカーがパスポートに貼られて戻って来ます。
写真 (61).JPG

でも昨日、それがないとご相談下さった方がいらっしゃいました。
実際にはその方のお子さんの分なのですが、自分のパスポートに貼られていて子どものに貼られていないのでは「もしかしたら・・・?し忘れ??」と一瞬不安がよぎるのも頷けます。

観光省が正式名に「Culture」という言葉を入れたのに伴って、観光省で働く人たちのメールアドレスが変更になりました。観光省内のMM2H専用移民局セクションの人たちも、それまでmotour.gov.myを使っていたのがmotac.gov.myに変更になっています。(これを知らずにメールを出して「返事がない」とぼやいている方、いらっしゃいませんか?)

一時期忙しすぎてかメールへの回答が滞っていた移民局のお役人ですが、ある件で「メールでくれれば良いから」と言うので試しにテストメールを送ったら、数日してそれに対しての回答があったので「ああ、またメールチェックし始めてくれたんだな」と思いました。
で、それを早速活用させて頂くことに。

メールに上記の写真を添付して、「これって必須ですか?」と送ったら、それから30分も経たないうちに電話がかかってきました。これにはビックリ。そんな、メールで回答して下さればそれで十分ですのに。

内容は、「このシールは入国時に指紋採取された人だけがパスポートに貼られるもので、入国審査官が指紋採取をしなかった場合にはそれはそれで良く、必ずなければならないものではない」というものでした。

こんな風に対処して下さるお役人さんが他に移ったりしたら私は一体どうなってしまうんでしょう?また新しいパイプを築き上げなければなりませんね・・・。活用しようと思って築いた関係ではないですが、今度はそういう前提で作らなきゃいけなくなりますかね・・・。

マレーシア情報満載のブログ村へはこちら↓から
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 07:06 | Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

明けましておめでとうございます。

皆様、2014年明けましておめでとうございます。

今年も、至らない部分にはご指導のほど、宜しくお願いいたします。

皆様が健康で楽しく過ごされるよう祈っております。

元旦なのでちょっと美味しい日本料理を子ども達と一緒に食べに行こうかと思っていましたが、明日またプトラジャヤに行くのに持って行く書類が用意できていないのでどうなることやら・・・今から私は仕事始めです。(笑)

メールなどで御挨拶下さった方々、個々のお返事ができておらず申し訳ございません。
時間が取れましたら一つ一つ返信させて頂きます。

それでは皆様、今年一年どうぞ健やかにお過ごし下さい。

マレーシア情報満載のブログ村へはこちら↓から
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 13:26 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

詐欺被害 − その後

昨日、警察署では届け出をするだけで、「これは国立銀行の管轄だからこの警察への届け出を持って国立銀行へ行くように」と言われた私たちは今日、ジョージタウンにある国立銀行(ペナンにある支店ですね)に行って来ました。

すぐに担当者へと通され事情を話すと、それは「Fraud」だと言います。不正行為、詐欺のような意味ですね。

実際、バンクネガラ(国立銀行。Bank Negara Malaysia)のサイトにも、この方が投資したという会社について、バンクネガラが詐欺集団であることを認識していて、またどのような対応を取っているのかがアップされていました。認識されている会社のリストも載っているそうです。バンクネガラのサイトはこちら

こちらのほうは(scambookとは違って)バンクネガラが何らかのアクションを取ったことについて書かれていますから、調べた時点で既に何か政府やバンクネガラとの間で問題が起っていれば載っているわけです。この被害者の方が資金を投入したのはバンクネガラのサイトにその会社が不正行為を働いていることが載った後ですから、調べていれば中止することができたのかもしれません。
posted by りか at 09:22 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。