2015年02月28日

タイトル変更しました!

SEOがご専門のお客様に「タイトルが抽象的」とのアドバイスを頂きましたので、早速変更させて頂きました。

リニューアル オープン!! リターンズ 改め ロングステイ & MM2H イン トロピカルマレーシア

これで少しは検索エンジンから来て下さる方が増えるかな?

タイトルは変わっても中身は変わりませんので、今後とも宜しくお願いいたします。m(_ _)m

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 14:16 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバン空港の前の通りは半端なく渋滞する・・・(2月27日)

今日はめっちゃくちゃハードな一日でした。
朝、娘を学校に連れて行ってから大通りに戻って空港行きのバスを待ち、空港に着いたのはちょうどファイナルコールで私の名前が読み上げられている時。飛行機のドアが閉まる5分前に滑り込みセーフ。飛行機はいつもより一つ後の8時45分発の便。
KLIA2に着いてKLIA TRANSITに乗ろうとするも、出たばかりだったのか次の電車までに20分以上の空き時間。
でもその間にできることは?とふと考え、財務省に電話することに。

MM2Hビザの特典〈購入時免税〉で車を買う方の財務省からの2通目の許可を先日貰ったのですが、昨日ディーラーからの連絡で「3枚目が足りない」とのこと。3枚目???内容が分からないのでサンプルがあったら送ってほしいと伝えるとすぐに送って来てくれました。
聞いた時は、そんなぁ〜 作り慣れているはずなのにそんなの間違える???って思いましたが、サンプルと比較してみると確かに欠けている部分が。なので、KLに行く前にそのサンプルと、依頼者のリファレンス番号、そして不完全な2通目の許可を担当者宛にメールしておいたのでした。
で、担当者が電話に出てくれたので「メールを見て!見てくれたら分かるから。」と言うと「ちょっと待ってて、今メール開ける」と言って見てくれました。
そして私が何を依頼したいのかを即座に理解してくれて、足りない部分もすぐに作ってくれて30分ほどで送って来てくれました。
観光省(と移民局)以外はなかなか迅速な対応をして貰えないという印象が強い私ですが、この財務省のMM2H関係の担当者(この人は産休に入った本来の担当者の代わりに担当をしている人なので、一時的な担当者かもしれません)は仕事が早くて本当に助かりました。

さて、財務省へ行かずに仕事が一つ済んでしまったので時間的にもラクに。観光省に行きリストアップしてあった仕事を一つ一つクリア。
先日劇的に一度の申請で許可を貰えた21歳以上の帯同者のビザも貰おうとその方のパスポートも持参。ところが問題発生。「戸籍謄本の翻訳の認証が出来ていないから今日はビザは発給できない。」
うーん。今ある滞在許可は3月中旬までなので、それまでに貼ってもらえれば問題ないのだけれど、というか、できるだけ遅いほうがそれだけ滞在許可が後ろに延びるから良いのだけれど・・・でも3月中旬までに私がプトラジャヤに行ける機会は・・・?娘の小学校の卒業式もあるし、KL経由で外国に行く機会があるけれど人様のパスポートを持って行くわけにいかないし・・・。そう考えると今日やってもらわないと大変だ(汗)ということで、カウンターにいる担当者は「認証がないと『ゼッタイに』ビザ出さない」の一点張りなので、一か八かボスに電話・・・奥においでなのは分かっているのですが、お出まし頂くほどのことでもないので電話。で、頼み込み。

有難やボス。今回もまた助けて下さいました。「今回だけだからね。他の人だったら許可しない。」と言われました。超ラッキー♪(もちろん、認証したものは後から提出します。)

観光省での仕事を全てクリアしたのが12時40分過ぎ。で、その後はプチョンで人と会う約束が。その方、MM2Hで滞在4年半の方なのですが、今回日本へ帰ることをお決めになったそうで、日本では関西にお住まいなのでそうそう会えないと思って今日プチョンでお会いすることにしていたのでした。

プチョンへはプトラジャヤセントラルからラピッドバスが出ていますが、確か1時間に1本の割合(このバスはワンウタマ行き)。観光省からプトラジャヤセントラルへ行くのだけでもバスなら30分近くかかりますから、それから最悪1時間も待つことになってしまったら2時までに会ってランチという約束が達成できない。なのでタクシー利用。
MyTeksiアプリを利用しました。こういう時に限ってどこかにあるはずの割引クーポンナンバーが分からず(メールで送られてきた割引クーポン番号がある)。まぁ急いでいたので探す暇もなくタクシーを呼んでプチョンへ。

ランチ後、その方にスバンパレードまで送って頂いてショッピング。コムギへ。
ペナンで生チョコサンドや半熟チーズやらのリクエストがあったのでそれらを購入。でも旧正月明けでないものも多くて残念。

その後行った先は・・・サウジャナコンドミニアム。あれほど有名でお客様にもご紹介してきたサウジャナコンドミニアムに行ったのは実は今日が初めて。(笑)そのすぐ近くの日本人学校の校舎の大きい大きい。日本の小学校と変わらないですね。でもあそこはペナン日本人学校と同じで中学部もあるのか。
旧正月に日本にスキーをしに行った我が幼馴染に、私が通販で購入したものを持ってきてもらっていたのでした。
そうなんです。幼馴染がKLにいるんです。本当に、毎日毎日遊んでいたような仲。しかも、彼女の娘と私の娘は一時期ペナン日本人学校で同じクラス。子ども達も仲良しで良かった〜〜〜(笑)
時既に夕方。でもまだ4時にはなっていなかったのかな?My Teksiで呼んだタクシーでRM9.80で行けたので、そんなに悪くないと思います。

ついつい話し込んでしまった5時半過ぎ。スバン空港が車で10分というところに居るのにエアアジアの航空券を持っていた私はエアアジアの航空券を捨ててスバン発の飛行機の航空券を買ってしまおうかとも一瞬考えてしまいましたが、結局KTM Subang Jayaまでタクシーで戻ることにして、My Teksi利用本日3回目。
それがまーったくヒットしないんです。誰もサウジャナからKTM Subang Jayaに行きたがらない。何度も試した後ようやくヒット。後でそのドライバーさんに聞いたところによると、ちょうどスバン空港にお客さんを送ってスバンジャヤ方面に帰ろうとしていた矢先だったらしい。助かった。
でも・・・そこから1時間以上タクシーに乗る羽目に。サウジャナに行った時は多分10分かそこらで着いたんですが、帰りは1時間以上。それもこれも、LRTの工事のために一部車線が6から2に細くなっているところがあって、そのせいで大渋滞していたから。もう2年もこんななんだそうです。そういえば去年パサールセニからスバン空港行きのラピッドバスに乗って大変だった・・・2時間半かかりました。この工事が渋滞の大きな原因の一つなのですね。
行きのタクシーの運転手は「10年前にLRTの延長をしたんだったら良かったけど、今さら作っても意味がない。それよりは上にもう一本道路を作ったほうがいい。」と言っていました。確かにLRTが出来てもあの道が渋滞することとはあまり関係がないような・・・?渋滞緩和にはならないのかもしれません。まぁ工事が済めばそのことで渋滞緩和はあるのでしょうけれど。

KTMでKL Sentralへ出てエアポートバス乗り場まで急ぎ足で向かうと、エスカレーターの上から見えるのは赤いバス。Sky Busが出発を待っています。
私はもっぱらSky Busユーザー。黄色いほうにはよっぽどのことがない限り乗りません。このSky Bus、片道RM10なんです(黄色いほうもRM10)が、往復で買うとRM16なのはご存知ですか?(黄色いほうは往復チケットがない。)しかも有効期限もなく、そしてこれが結構ポイントなのですが、往復ではなく、往往と使っても復復と使っても問題がないこと
私って帰りの飛行機は予約せずに行くことも多くて(終わる時間が分からないので予約しない)長距離バスでぐっすり寝ながら帰ることもあるんです。そうすると往復チケットとしてしか使えないと復路のチケットが溜まる一方になってしまいますがこのSky Busのプロモーションチケットはそんなことがない。だから、使う予定がなくてもいつか必ず使うだろうからといつも往復チケットを購入して利用しています。皆さんも是非ご利用になって下さい。たかがRM4ですが、ちりも積もれば・・・ですから。

そう、この時のSky Busも発車直前に滑り込みセーフ。
空港に着いたのは離陸の1時間前。e-boarding passを用意していたのにスマホの電池が切れてしまったのでまたT16カウンターへ。9時35分発の便で私がカウンターにいたのが9時ちょっと過ぎ。でも何故かスタッフは焦った感じ。私がまだチェックインしていないと思ったらしい。その時点でチェックインしていなかったら乗れませんからねぇ。そんなことはしません。で私のステータスを見ると「チェックイン済み」。「あ〜君はラッキーだよ」とわけの分からないことを言われましたが、無事ボーディングパスを発券してもらえ、でも「走らなきゃダメだよ、もうこんな時間なんだから。」と言われ、「????」。乗り場がKで始まるのならそこまで到達するのに普通に歩いて10分以上かかるので彼らの言うことも分かるのですが、私の乗り場はJ3。大した時間はかかりません。Kウィングが乗り場の場合にはギリギリに入ったらまずいです。ほんと、えらい遠いですから。
帰りは比較的余裕で飛行機に間に合い、しかもあてがってもらった席は前のほう、着陸も定刻の10分前、しかもラピッドバス102の最終ではなく最終の一つ前のバスに乗れ、トントン拍子で家に到着。でも夜中の12時ちょっと過ぎちゃってましたけどね。

家(ゲストハウス)に着いたら着いたでまた仕事が・・・(苦笑)
普段は本腰を入れていないゲストハウスなのでお客さんもまばらなんですが、今日は知り合いからの予約で3部屋お客さんがいる。家中ビーチから付いて来た砂だらけ。夜中なのに掃除を始めました・・・。モップがけまで。

ま、でも、しんどいけどとっても充実、いろいろ満載の一日でした。とにかく睡眠不足かも。(汗)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 03:16 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

あーあ、大失敗・・・凹

CIMBのプリファードカード。最近はクレジットカードとのバンドルになっています。

そのプリファードカードをこちらに来ることなくお作りになりたいという方がいらっしゃり、もちろん有料ですがお手伝いしてカードを作成しました。
きっとKLIA経由でどこかへご旅行なさる時に空港のラウンジを使いたい・・・そんなご希望だったのだと思います。

カードがお手元に届き、使えるかどうか実際に日本で支払いをなさったのだそうです。
それが12月。
そして今日になって「使った額が口座引き落としになっておらず、支払いが滞っているために延滞手数料が加算されていっている」とメールを頂きました。

・・・つい先日も全く同じ話をある方から伺いましたし(これには私は関わらなかったですが)以前も全く同じことが起こり、その時は請求書の宛先をカード所有者が数ヶ月間留守になさっていたのでカードはキャンセルされてしまいました。・・・学習していませんね、私。ひとことCIMBのクレジットカード作成を依頼したスタッフに「自動引き落とし」で手配するように言えば良かったのに。ミスを犯してしまいました・・・。こういうミスは凹みます。

私がクレジットカード作成を頼むのはこのスタッフ一人なので、「私のお客様は皆さん自動引き落としで手配して」と今度会ったらちゃんと言っておかなければと思います。それにしてもCIMBのスタッフもひとこと「月々の支払いはどちらの方法がいい?」と訊いてくれれば良いのに。あーあ、凹んだ。

マレーシアって東南アジアのどの国に行くにも割と近い。いろんな情報たっくさ〜ん載っていますよ!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:12 | Comment(6) | CIMB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

CIMB Mobile Banking

一度「マレーシアマガジン」へ移動した我がブログ、全記事を一つ一つ丁寧に見ていかないと修復不可能。今こちらのブログへ戻す作業をコツコツやっていますが、一度にたくさんできないので(私にとっては細かい作業なので集中しないとできない)全然進んでいません。

私のアクティブなブログは「マレーシアマガジン」内のブログではなく、このシーサーのブログです。
今回はたまたまあちらへ頂いたコメントについて私のメールアドレス宛にお知らせが来ましたが、以前は来なかったことも多々あり仕事に影響したこともありました。
このシーサーブログへ頂くコメントはお知らせがきちんとrika.takahashi@mymm2h.com宛に来ますので、どうぞこちらへコメントを下さい。なお、コメントが反映されていない場合は私が頂いたコメント表示を保留している又はコメント自体を削除した可能性もあります。
最近頂いたコメントの中に業者の偵察のようなお問い合わせコメントがありました。そのコメントに対する回答はメールでさせて頂いたのですが、予想通り跳ねっ返って来ました。そりゃそうです。@yahoo.ne.jpなんていうアドレス、見たことありませんもの。(笑)「メールアドレスを表示させたくないから表示させるのなら変更してから表示させて下さい」とか書いておいて下されば対応できますのに。

さて、脱線から始まってしまいましたが(でも私としては書きたかった事。)どんなコメントをマレーシアマガジン内ブログに頂いたかというと、以下の通りです。

『初めまして。いつも役に立つ情報をありがとうございます。
今度、このMobile Bankingの手続きをしようと思い、手続き方法を読ませていただきました。一つ教えていただきたいのですが、Dの段階で、リクエストボタンを押し、送信済みになると、どこにTACが送られるのでしょうか?説明では、マレーシアでMobile Bankingの登録を済ませておけば、携帯電話を使う必要がなくなるということですが。。。』

この方はこちらの記事をお読みになって、それに対するご質問なわけですが、すみません、このご質問の答え、この記事にちゃんと書いてありますので、もう一度よく読んでみて下さい。

私も文章が自分の集中力を欠いてしまうほど長かったり自分の専門・得意分野ではなかったりすると、いくらそこに書いてあって読んではいても上っ面だけ舐める感じできちんと読み取れていないことがあります。そんな時はその文章を書いた人に質問してしまうのが手っ取り早い!確かにそうなんです。振り返ると私も多分似たことやって来ていると思います。でも、私の記事一つ一つはそれほど長い文章ではありません。何回か読み返して頂けるときっと理解して頂けると思います。音読すると更に良いと思います。文章の意味する内容が目からだけではなく耳からも入ってきます。

なので、そういうことでした。(笑)−え?どういうことかって?? 記事、ちゃんと読んで理解してくれないと悲しいです。っていうお話です。(笑)

マレーシアって東南アジアのどの国に行くにも割と近い。いろんな情報たっくさ〜ん載っていますよ!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:39 | Comment(0) | CIMB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

21歳以上のMM2H帯同者の申請が一発で通った!!!

ビザ申請が通ったこと自体は喜ばしいことですので自画自賛。バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

障害などで親からの介護が必要な21歳以上のお子さんを帯同者としてお連れになることも、移民局の特別許可があれば可能です。
でも、許可が下りるのには長い道のりがあるという認識でいました。
以前私のところへ回って来た件は私より前に2つのエージェントが申請・アピールして却下になった件でしたし、移民局のスタッフに聞く話も「2回3回却下なんてザラ」というものでしたので、今回もそうなるのかなぁ、でもそうなったとしても他に何も用意できるものはないくらい全ての書類を出してしまったので、もし却下になったらどうするんだ・・・?と一抹の不安がありました。

書類を提出してから1ヶ月弱。今日午前中に移民局の責任者からメールを貰いました。
「例の件、許可が下りたわよ。」と。
ついでではないですが、別件のメイドビザのほうも許可が下りたと書いてありました。
そのメールを見た時私はバスを待っていたんですが、思わず「やったぁ!」と言っていた気がします。しかもガッツポーズまで。(苦笑)
ご本人へのご報告より前に協力してくれた友人の医者や保険のセールスレディへ御礼のメッセージ。
特に、一銭にもならない保険加入「却下」の正式書類取得のために奔走してくれた保険セールスレディには感謝のひとことに尽きます。「60歳以上なので保険加入はできません」と無条件に出してもらえる書類とは違い、疾病があっても保険会社が加入を認めた場合は継続して加入することになるわけですから加入する保険の内容のご説明から初回の保険料のお預かり、申込書の作成、パスポート全ページのコピー、申込書類を保険会社へ提出、却下を知らせる書類の受け取り、支払い済みの保険料の返金・・・ざっと考えただけでこれだけあるプロセスを「ボランティア」でやってくれたのです。
友人の医者も、できるだけ費用が嵩まないようにと必要最低限の検査を受けるようにアレンジしてくれて、最初総合病院では3種類の検査でRM800はかかると言われたものを2種類の検査でRM300に収めてくれました。また、MM2H用の診断書とは別に一筆、私が書いてほしい通りの内容をそのまんま書いてくれました。
私も頭をひねってカバーレターを書き、切り札として取っておこうかどうしようかと迷っていた日本からの診断書も移民局のスタッフと相談して最初から提出することに。

友人医者、友人保険セールスレディ、そしてこの件に関わった移民局のスタッフみんな。皆の協力でこんなにスムーズに許可が下りたんです。ありがたいです。感謝しています。これで晴れてMM2Hの帯同者としてマレーシアにステイできることになった申請者の方には是非マレーシアを満喫して頂きたいと思います。

マレーシアって東南アジアのどの国に行くにも割と近い。いろんな情報たっくさ〜ん載っていますよ!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:57 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる

最近お友達と話していてとっても頭に残った話がありました。
語学力についてです。

なるほどなぁと思ったのは「幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる」ということ。
うちの子ども達を見ているとこのこと、結構頷けます。
息子(15歳)は現在英語で授業する学校に行っています。ま、英語と言ってもマングリッシュですが。それは置いておいて、彼が日本語を話す時は時々言い方が分からず、私が分かる他の言語(マレー語のことが多いです)に置き換えて言いますが、日本語自体のレベルは割と高く、「そんな言い回しも知っているのか〜」とわが子ながら驚くことが時々あります。
彼にとっての第四言語である日本語の表現力がそれだけあるということは、英語や中国語(小学校の6年間は中国語教育)、マレー語のほうが得意であろう彼の場合はそれらの語学力の心配はまずないということになるのかな?と思います。まぁ彼の場合は全部同時期に吸収しているので、ちょっと違うかもしれません。

むしろ、娘のケースがこれに当てはまりそうです。
娘(12歳)は小学校1年生から日本人学校で、今では日本語以外の言語は殆ど分からなくなってしまいました。それはそれで危機感があるのですが、日本語の語彙が少ないような気がするのが気になります。他の言語で授業をする学校に行かせてその言語を覚えるのは良いにしても、日本語が中途半端になりはしないかという危惧や、新しい言語で急に難しくなる授業内容に付いていけるのだろうかという不安もあるので、日本人学校の中学部へ進むことになりそうです。
英語やマレー語(特に英語ですが)は自主学習をしないとなぁと思います。こんな環境に住んでいるのに日本語しか分からないだなんて、シャレになりません。

でも、日本語のレベルが8だったとして、後から勉強する言葉のレベルが同レベルになることはあってもそれを上回ることって普通はないのかな?って思います。私達が中学に入って英語を勉強し始めた時も、「日本語では○○と言うのを英語では××と言う」という言葉の覚え方をしましたから、「日本語では○○」を知らない場合は「英語の××」も自分のものに出来ないような気がします。だって意味が分からないんですから。「英語で××という単語を習った。でも日本語訳の意味が分からない。」こういうことは稀だと思います。それが「幹になる言語のレベルに沿って他の言語のレベルが決まる」ということなんだと思います。

自分で表現したいことが表現できないもどかしさ。そういうことが第一言語であってはならないことだと思います。娘の話を聞いていると、何か言いたくてトライするのだけれどもその表現が分からずに最後は「もういいや!」と言うのを止めてしまうことがあるのです。この部分、息子と大きく違います。息子は他の言語(第一、第二、第三言語のどれか)で表現できるのです。

私、よく「すごいね〜3ヶ国語もできるんだ?」と言われますが、「できる」ってどういうことなのか。言語で「できる」レベルっていうその基準は人によっていろいろで、私は日本語は「できる」ですが英語やマレー語は生活に困らない程度しかできないと思っています。英語やマレー語を理解しない人から見ると、私が日本語並みに英語やマレー語を喋れると勘違いなさるのかもしれません。

「教える者や周囲の語学力が教わる者に多大な影響を与える。」

学校選びって言葉の問題だけじゃありませんけれど、ウェイトは大きいと思います。
うちの息子はマレーシア人なので(日本人でもありますが)普通に公立のセカンダリーに行っていても構わないと思います。但し彼が将来をマレーシアで過ごすのなら、です。彼の話している英語を聞いて何度驚いたことか。「そんな言い方するんじゃないー!!」と。(汗)
ローカルの教師が教えているインターとは名ばかりの学校で話されている英語もそれとあまり変わりないと思います。
以前、某ローカルインター(と私は呼んでいます)に通う子が学校の同級生と思われる子と話しているのを耳にしたんですが、まるでマレーシア人が話している英語だったのにショックを受けました。その子、日本人なんです。
なので、いらっしゃるのなら入念な準備をなさるべきです。私の知っている方で、1〜2年前にいらして学校でテストを受け、人気校ですのでウェイティングリストに名前を載せてもらっていたという方がいらっしゃいます。そうやって、ちゃんとどこででも通じる英語で、ネイティブの先生が授業をする学校に入れてあげて下さい。
そしてもちろん、手抜き授業をしない学校を選んで下さい。昨日の帰り、バスの中で娘と話したんですが、「今の先生(6年生の先生ですね)は見回りに来た時に分からない問題で困っているとやり方をちゃんと教えてくれるけど、×年生の時の先生は見回るだけで教えてくれなかった」と言っていたのが印象的でした。日本人学校でさえそんなです。プリントばかりやらせる授業をしたりという学校もあるようです。そんなこと、学校に行かなくてもできますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エアアジアのプロモ、まだやっていますかねぇ?近隣諸国に行くチケット、ものすごく安かったです。お金と時間に余裕のある方は是非ご旅行なさってみては?カンボジア情報・インドネシア情報にもちょっと登録してみました。クリックお願いしまーす!!
↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 19:48 | Comment(2) | ペナン島での子どもの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プノンペンで米ドル口座を開設する。

私は3月26日の夕方便で行き、28日の夕方便で帰って来る予定です。
昨日飛行機の予約をしました。
目的は2、3ありますが、そのうちの一つは複数の方に「これお勧め!」と言われたカンボジアでの米ドル口座開設。まずは自分でやってみたいと思います。

で、27日に銀行に行く予定ですが、一緒に行きたい!!っていう方、いらっしゃいますか??
マレーシアから飛行機が一緒でなくても、帰りが一緒でなくても、27日の口座開設時だけ一緒でも全く構いません。
興味のある方は一緒に行ってみましょう。もちろん今回は私も勉強がてら行くので、アシストしたってお金は要りませんよ。

プノンペン商業銀行で口座開設予定です。
もしも「こっちの銀行のほうが○×だからいいよー」などというご経験・ご意見などおありでしたら、是非お寄せ下さい。m(_ _)m

あ、ちなみに3月上旬のJakarta Jazz Festivalにも行く予定です。
それから20日からはバンドンにも行きます。
バンドンは家族旅行ですが、ジャカルタは一人なので何か手助けが必要でしたらご連絡下さい。
リチャード・ボナさん、観に行きます〜 この前目と鼻の先のベイビューリゾートで行なわれたPenang Jazz Festivalにもいらしていましたが、観ませんでしたのでJJFではぜひぜひ。

去年のJJFですっかり魅了されてしまったのはDave Koz。サックスも素晴らしかったけど引き込まれるようなトークも魅力的。女の子&女性のファンがとっても多かったんですが、彼はゲイ。皆、知っていてもそんなの関係なくファンなんだろうか???そうは見えない女の子たちがたくさんいましたが・・・。
帰って来てからはまったのは下の曲。この曲、私が中学生の時に文通をしていたイギリスの女の子がカセットテープにいろいろ(彼女が手紙を読む声も含めて)録音してくれた中に入っていた曲だったので思い出深かったです。
あの時聴いた生の英語が自分が学校で習っている英語とは全く違って衝撃を受けた覚えがあります・・・。
英語と言えば、マレーシアに英語を勉強しに来るというお子さん連れがいますが、ここは英語を勉強しに来る場所ではないなーと最近つくづく思います。そもそもマレーシアの英語はアメリカやイギリスでは通じないと思います。この件についてはまた別の記事にて。



エアアジアのプロモ、まだやっていますかねぇ?近隣諸国に行くチケット、ものすごく安かったです。お金と時間に余裕のある方は是非ご旅行なさってみては?カンボジア情報・インドネシア情報にもちょっと登録してみました。クリックお願いしまーす!!
↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:40 | Comment(7) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

我慢に我慢を重ねて・・・やっぱり到来激安プロモ

Bigカードをお持ちの方、今月23日から3月31日までの発着便が激安で出てます。こちら
ポイントは軒並み1000ポイント前後の消費で後は空港税などの諸経費のみ。

私、ここのところプノンペン行きの航空券見ていたんです。米ドル定期が年利6〜7%だというので、ちょっこら行って来ようかと。いえ、自分の口座も開設しますが、入れられる資金は殆どありません・・・それより口座開設したい方をお連れするツアーやれば!!と某お客様に言われて、じゃあまず行ってみようと思っていたわけです。9日までだったかのプロモでは8月3日以降のKL−プノンペンがRM68、帰りが確かRM124っていうのが最安値だったんですが、8月じゃあ遅すぎるなぁ、でも近いと高いからなぁ。(高いと言っても行きRM98、帰りRM154だったかの日もあったので、全然高くないんですけれど、底値を知っている私には「もうちょっと待って!!」とどこからかブレーキをかける声が。笑)

今回のプロモで購入すると行きRM35(+1000ポイント)帰りRM91(+1000ポイント)ですから現金で支払うのはRM126。これまさしく底値です。

でも問題が・・・。私のBigカード、(皆さんのもリプレイスされたと思うんですが)手元に届いてないのです。で、先週だったか再発行というか、再度送ってほしいと手配をしたんですが、今手元にない・・・なので予約ができたとしてもクレジットカードしか使えず、手数料にRM16も取られる・・・うーん、これはBigカードが届くのを待てということなのか?はたまた行くなということなのか?いや、クレジットカードを使ってでも予約せよということなのか?クレジットカード利用手数料込みでも往復RM142。RM98+RM154だった時も購入を考えていたんだから、それから比べるとRM100以上安い。(RM100って3300円くらいですけどね・・・だからRM16なんてRM16「も」じゃないんですが、普段取られない手数料を取られるというのが気に食わない。笑)あーもう、何で銀行引き落としができないんだ???(Air Asiaのサイトからポイントを使わずに予約する時はRM4の手数料でインターネットバンキングで支払いができるんですよね。)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 01:54 | Comment(1) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

製品名ではなく成分名を

薬の話です。

今日うちにお客様がお泊まりになっているのですが、うちにお越しになるまでの道中、薬の入った入れ物をどこかに置き忘れてしまったのだとか。私も常に手放せない薬があるので想像ができるのですが、さぞお困りでしょうと思って「買ってきましょうか?」と申し出るもその方は「医師の処方箋がないと出ない薬なんですよ」とおっしゃいます。幸い友人の中には医者をしている人もいますので本当に処方箋が必要になったらその時はその友人にお願いすればいいと思い「それでも良いので取り敢えず成分名を教えて下さい」と言ったのです。
ところが教えて下さったのは「製品名」。処変われば...で、同じ製品名でその薬がここマレーシアで売られているとは考えにくいですよね。なので、海外へ行く時には自分が飲んでいる薬の成分が何であるか、そして量(何ミリグラムの錠剤か)を把握しておくと良いと思います。

この方が手に入れたいとおっしゃったお薬は...調べましたよ。成分は葉酸。葉酸じゃしっくり来ませんでしたが英語ではFolic Acid。これなら知ってます。これ、ビタミン類に分類されますよね。マレーシアでは妊婦には必ず処方、というか、配られるものです。これに処方箋が必要だとは到底思えません。Folic Acidなら多く摂取したとしても問題ないそうなので、とりあえず一番小さい単位の錠剤を手に入れようかと思っています。一粒100円くらいかなぁ?なんておっしゃっていましたけど、多分ここでは一粒数円くらいのような気がします。(後日談というか後数時間談。Folic Acidは10錠でRM0.60でした・・・10錠で20円、1粒2円!!)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 02:37 | Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

ペットを日本へ連れて帰る準備 − 抗体検査はオーストラリアより日本のほうが良さそう。

何が良さそうかって料金です、料金。

クアラルンプールに住む私の幼馴染から、彼女のお友達が日本へペットを連れて帰るのに獣医さんで採ってもらった血を検疫所に持って行ってから24時間凍らせて日本にEMSで送ると聞きました。本当は彼女、Shah Alamの検疫所でいいのかを私に聞きたかったんですが、逆に私が教えてもらう羽目になりました。

ちなみにこの、血液採取の後に行く必要があるらしい検疫所なのですが(というのも、ペナンでは血液採取の後に検疫所に血液を持って行ったという話を聞かないのです・・・ペナンの獣医さん達は言葉の関係上オーストラリアにしか送っておらず、オーストラリアに送る場合にはこの段階で検疫所に行く必要はないということなのでしょうか。どなたか経験済みでご存知でしたら教えて下さいませんか?)Shah Alamで良いそうです。私、KLIAでしょうって答えてしまっていたんですが。(輸入許可は現在KLIAとJBの空港でしか取得できません。)

ペナンではGillさんしか取り扱っていないと現在帰国準備を進めておられる方から聞いたのですが、先日宮坂さん(←今日はFacebookのページにリンクさせてあります)がHope Vet(Sungai Nibongのバスターミナル近く。ここは評判良い獣医さんのようですよ。)に行かれた折に確認して下さったのですが、Hope VetでもGillさん同様オーストラリアに検体を送って検査をしてもらうということをしているそうで、更に掘り出し物情報として「日本人の方は血液採取だけうちでして、後はご自分達で日本へ郵送していらっしゃいます」とのこと。うーん、誰がGillさんだけでしかできないと言ったんだろう???もしかしてGillさん自身??あり得る〜(笑)

日本の場合は黒い箱は要りませんし、当然それを送る必要もないのでそれだけで既にRM1,000もの差が出てくることになります。

これからペットを連れて帰る準備をする方のために、既にご経験のある方、是非情報をお寄せ下さい。どんなことでも結構です。「これ、参考になるんじゃないかな?」っていうことがありましたら、是非コメント欄に書き込みお願いします。m(_ _)m

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 02:47 | Comment(0) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

ペナンではまだ50万リンギットの物件が買えるものの・・・。bk82bq

お客様から「50万リンギットくらいの物件をペナンで購入したいんですけど、HSBCでローン組めますか?ローン組む時の条件というか、提出する必要のある書類、調べてもらえませんか?」というお話がありましたので、そのお客様がMM2H用定期預金をお持ちのHSBCブキッビンタン支店に行った折にローンの条件などについて訊いて来ました。

ローンの申し込みに必要なものとして、インカムタックス(納税証明書や源泉徴収票ですね)と直近3ヶ月の給与明細・それが振り込まれている銀行口座の出入金明細3ヶ月分が主なものなのだそうです。
そして更に、MM2Hではペナンに限って言えば50万リンギットの物件でも購入可なのですが、銀行のポリシーとして100万リンギット以上の物件でないとローンを組めなくなっているとのこと。これ、致命傷でした。

ちなみにですが、プレミアステータスを1年以上キープなさっている方であれば、最高で80パーセントの融資が受けられるとのことです。

今どき50万リンギットなんてそんな安い物件・・というイメージが巷であるらしいですが、10年前は多分半額くらいだった物件です。というか、今もきっと50万リンギットには到底満たない価値の物件をMM2Hのお客様に売れるようにいろいろプラスして50万リンギットになるようにしているのに過ぎないのではないかと思います。これって正にバブル。でもペナンは島なのでバブルは弾けないなんていう人もいます。本当のところはどうだか・・・。煽られても買わないほうがプラスに出るかもしれませんね。買う時は、その物件が本当に支払額の価値分だけあるものなのかどうか、ないにしても賃貸に出して回収が可能なのかなどの見極め、きちんとして下さいね。イヤですよ、日本人の方が口車に乗せられて損害を被ったなんていうニュースや噂を聞くのは。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 01:45 | Comment(0) | コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピン人のメイドを雇う

RM8,000からRM9,000でフィリピンメイドエージェントがメイドの紹介から何から全てをやってくれるのはご存知の方も多いのではないでしょうか。私も最初、「信頼の置けるフィリピンメイドエージェントを紹介して下さい」というご依頼を頂いていたので「メイドエージェントに丸投げすればいいんだ〜〜〜いくらマージン*貰えるんだ?(笑)」なーんて思っていたのですが、途中で事情が変わってしまいました。(汗)

「メイドになる人は知り合いから紹介してもらえたので、この人のメイドビザの取得をお願いします。」

というご依頼に変更に。
実は私、フィリピンメイドに関しては全く関与したことがなく(インドネシアメイドについては以前1からほぼ全てを手配したことがありました。インドネシア側でのことはメイド本人にやってもらいましたが。)今回のご依頼を受けてフィリピン大使館やフィリピンのエージェント多分10ヶ所以上に問い合わせをし、でも結局それ以上進めることができなかったので依頼人にそのことを報告すると「この方に問い合わせてフィリピンメイドエージェントを紹介してもらって下さい」とこちらのブログを教えて頂きました。

話が前後しますが、フィリピンメイドに関してはメイドエージェントを通さないと手配が難しいのが現状です。それはPOEAというフィリピン政府が発行する許可が、個人では取得できないからです。

このブログの方にフィリピンメイドエージェントさんを紹介して頂き、のらりくらりとながらも手続きが進んでいるのが今。メイドエージェントでないと手配が難しい部分だけはメイドエージェントにお願いして、その他の手配は私がやっています。途中、「失敗したぁぁぁぁ」と思うこともありましたが、移民局のスタッフも皆大変良くして下さるので有難いです。この件、全くの初心者なため、素人並みの質問攻めをした私ですが(汗)移民局スタッフは快くいちいち細かな質問にもちゃーんと返信して下さいました。申請者の写真の背景は白?青?サイズは??なんてことまで質問したんですよ。(笑)

日本人の方が住み込みのメイドを雇うことは稀だと思いますが、今回のフィリピンメイド編が終われば次は戸惑うことなくメイド手配ができると思います。スキルアップスキルアップ。勉強させて頂いているのに料金を頂いてしまって、何だか申し訳ないですけどとっても有難いです。ありがとうございます。

*MM2Hエージェント仲間経由で知り合ったメイドエージェントさんはRM300支払うと言っていました。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 01:17 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

愚痴ってもいいですか?

何年か前にMM2Hビザのことで相談してきた人がいました。
その人は、未だに理由は分からないのですが、その後他のエージェントにMM2Hビザ取得の依頼をしたので、私にとってはお客様でも何でもありません。
でも、時々問題が起こったと言ってはメールをよこし、私に意見を求めるのです。ビザ取得を他に依頼した後に3度も、です。何で私に質問をしてくるの?自分が選んだエージェントに質問すれば良いじゃない、と思います。それを今度は「金は払うからアドバイザーになってくれ」ですって。

私が全く理解に苦しむのは、
「いつも困った事が起きると、里佳さんのブログを飛び回って何かヒントは無いかと嗅ぎまわっています。
それも○×さん(エージェント)にMM2Hの取得依頼をお願いしておりましたし、ご友人と聞いておりましたので里佳さんに何かお願いして○×さんに気を悪くされても…と考えての事でした。」
という文面。
○×さんが気を悪くするのは困る。ならば私は?って思います。○×さんに依頼する前から相談に乗っていた私を差し置いて○×さんに依頼して、私が喜んでいるとでも思っているのでしょうか?本当に嫌な気分になりました。

例えば私は「HSBCプレミアでは渡航前に口座開設が可能です」と書いていますが、全エージェントが同じことをできるわけではありません。私が書いていることを他のエージェントに言って「この人はこうやってブログに書いているんだから、あんたのところでもできるでしょ?」というのはおかしいです。どうやったってできないエージェントだっているんです。でも、だからと言ってその部分だけを私に依頼されても・・・と思います。ご依頼は全部まとめて私にしちゃって下さい(笑)(←冗談です。私にもできないこと、不得意なことはあります。)エージェントを選ぶ目安がきちんと定まっておらず、目先の(例えば)料金だけで判断したりすると後になって「あ、こっちに頼んだほうが良かった」ということになりかねません。

渡航前口座開設については、私がMM2Hビザ取得をお引き受けしていない場合には手数料を高く設定してお引き受けしているので構いませんが、中にはこんな人もいます。
「自分が頼んだエージェント経由で口座開設をしたが、そのエージェントが紹介してくれたリレーションシップマネージャーはメールをしても返信すらくれない。どうにかしてほしい。」
これってまずはそのリレーションシップマネージャーを紹介したエージェントに助けを求めるのが筋だと思うのですが。それをせずにいきなり私に言ってくるのは何故ですか?と不思議に思います。
もしもエージェントが何もしてくれなかったら。それはあなたのお見立てが悪かったのでしょう。そのエージェントはそんなことまで付き合ってられない、自分は関係ないというスタイルなのでしょう。(でもそういう段階でお困りなのなら私に言って下さればアシストしますよ・・・。一番最初の話もそうですが、まずはご自分が選んだエージェントさんに相談するのが先だと思うんです。もうそのエージェントさんには今後世話にならないつもりというのなら別ですが。)

こんなこともありました。口座開設をした時に行員から「○×については連絡します」と言われた時のこと。私に連絡がくればもちろんそれはお客様にお伝えしますが、お客様に連絡すると言っていたものを私に「まだかまだか」と促すのも???です。もちろん、言葉の問題がある場合は私は喜んで手助けしますが、私よりも英語が長けているような方が私を介そうとするのも理由が分からず不思議でした。

お金を払いさえすればやってくれると思っている方もいらっしゃるようですが、確かにお金は大事だと思うし生活する上で必要なのは間違いはないものの、お引き受けしたくないと思えばお引き受けしませんし、逆にお金を頂かなくてもお手伝いしましょうという時もあります。

これはちょっと違う類の話ですが、私の名義でTMの契約をした人が帰国の折、TMの解約はもちろん私名義ですので私がして差し上げなければなりませんでした。それは良いのですが、TMは解約をしても保証金の支払いまでにとても長い時間がかかることがあるのは有名な話で、それでも今回は小切手は発行されたものの、でも送付先の変更届を出しておいたにも関わらずその変更がされていなくて、私の元に小切手が届きませんでした。
この人は「TMは3ヶ月ほどで小切手を送ってくると言っています」と私が伝えると、きっかり3ヶ月目の日にメールをしてきて「保証金はどうなりましたか?」という質問。受け取っていないので「受け取っていない」と答えると、その後来たメールは目を疑う内容でした。こんなに愕いたことはありません。
私に向かって、「TMから返却されるはずの保証金を先に払え」と言うんです。
その時点では既に小切手が発行されて他の宛先に送られてしまっていたことは分かっていませんでしたから、当然正確な返金額というのも分かっていませんでしたので支払いのしようがありません。実は最初、ご帰国の時には立て替えてお支払いしても良いと思っていたのですが、私の連絡先だけでは不満だったらしく、今所属している社の連絡先だの日本の実家の連絡先だのまでお知らせしなければならなくなり、それほど私に不信感があるのなら私もそのつもりで対応しようと立て替えることを止めました。たかがRM1,000くらいのことで本当にくだらないです。私が着服するとでも思ったんでしょうか。こういう人は周りに信頼できる人が皆無なんでしょうね、きっと。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 16:06 | Comment(1) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼関係のある知り合いであることの重要性

−マレーシアに来ずに銀行口座を解約したり送金の依頼をしたりしたい。−

これって基本的に皆さんできることだと思うんです。フォンバンキングの設定がきちんとしてあれば。
でも、中にはフォンバンキング=英語で喋るわけですから、英語が不得意な方・自信のない方はおやりになりたがりません。勘違いで間違いが起きたりしたら大変なことになりますし。

そんな中、二人の方が似たような状況に。お二人ともご自分のCIMBの口座のお金を他に振り替えたいとのこと。
お二人の口座開設は両方とも私が中に入って行ないました。一つはペナン、もう一つはクアラルンプールでです。

ペナンでいつも私が頼っていたCIMBの行員さんは既に退社。その行員さんがいた支店の支店長さんも今では私が知っている人ではなくなってしまいました。なので、新しい支店長さんとお話しましたが、どんなにごねてもこのお客様のご希望は叶えられないの一点張り。
一方クアラルンプールのほうは私が頼りにしている行員はまだその支店にいますので、「解約でも何でも、インストラクションと共にご本人が銀行に登録しているサインを直筆で頂ければお越しにならなくても対処します」とのこと。
辞めるつもりの人を間に入れちゃダメですね。ってそんなこと、傍が皆知っているとは限りませんから、防ぎようがないかも。本人も知らないかもしれないし。誰が担当になったかによって明暗を分けてしまいました。ここでもし、ペナンのこの支店の新しい支店長さんがたまたま私の知り合いだった場合−多分OKが出たんじゃないかと思います。残念です。

この1月から2月にかけてもMOF(財務省)の車の免税書類を作る担当の人が僅か数ヶ月在籍しただけで交代してしまったり、観光省でビザのキャンセルに必要な書類を作ってくれていた人が1月末で辞めてしまったり、「いきなり辞めて仕事を滞らせないでよ!!」って言いたいです。
まぁ、そういうことまで見越して物事に対応しないといけないのかもしれませんね、ここでは。全く、未だに慣れないです、こういうことには・・・。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 02:50 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

e−boardingをする時の注意点

e−boardingについては以前こちらで記事にしましたし、ご存知の方もいらっしゃることと思います。
昨日のフライトも私はe−boardingで、と思ってスマホに入れたAir Asiaのアプリでチェックインし(このアプリでチェックインしなければe−boardingはできません。)途中スタッフが昼食に出てしまっていたので待ち時間があったCIMBでスマホの充電をして夜まで電池がもつようにしてありました。

空港に着いたのはフライトの1時間半ほど前だったでしょうか。娘のお弁当用にと生卵を買い(KLIA2にはスーパーがあって品揃えも良いので重宝しています)、シャワーを浴び、さ、これで準備万端・・・とゲートJとKへの入り口へ。
ところがそこでこのe−boardingの画面をみせたものの、引き止められることに。

係官「これ、スクリーンショットでしょ?スクリーンショットじゃダメなんだよ。」
私(その時開けていたのは確かにスクリーンショットだったので、アプリを開いてManage My Bookingを選択。下がその画面。)

Screenshot_2015-02-06-23-17-17.png

(Manage My Bookingを開くと上のほうに
・Check−in
・Barcodes
・Login
とあるので、Barcodesを選択。それがこの下の画面。)

Screenshot_2015-02-06-23-19-15.png

(乗るフライトをクリックする。・・・下の画面。)

Screenshot_2015-02-06-23-19-24.png

(ボーディングパスが表示される。下の画面。)
係官「おかしいなぁ、点滅してないや。カウンターに行って、ボーディングパス発行してもらって来て。」
私「???」
係官「この、KUL → PENという部分が赤で点滅していないといけないんだ。」(下のスクリーンショットは朝の便になっていますね。汗)

Screenshot_2015-02-06-23-19-31.png

確かに赤に点滅していたのを見たことがありましたので、係官が「これはおかしい」と言ったのも即座に理解することが出来ました。
このような場合、カウンターV16の脇に番号のないカウンターがあるので、そこに行って事情を話すと薄っぺらいファックス用紙のような感熱紙ではなく、ちゃんとした厚手の紙のボーディングパスを作ってくれます。これはスマホチェックインしたものの、電池切れなどで画面表示ができなくなった場合にも同じで、このカウンターに行けばボーディングパスをプリントしてくれます。

言葉が不自由だと「これで良いはず」という頭で行って「ダメだ」と拒否されてしまえばそれが何故なのかが解らず焦ると思います。そのようなことがないように、こんなことまで書く必要ないんじゃ?と思いつつ、書いてしまいました。言葉でコミュニケーションが取れる人には全く無駄な記事内容です。m(_ _)m

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村
posted by りか at 02:13 | Comment(3) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

便利グッズ・お得情報・注意喚起など

10978625_10203378833415586_1728728560862375741_n.jpg

昨日はKLへ日帰りで行って来ました。
KLへ日帰りで行くことって割とよくあることなんです。
一番多いのはMM2Hビザ取得(本申請)のアシストのためですね。
でも昨日はちょっと違って、細々した仕事が沢山。銀行関係が多かったです。
もちろん、お客様のご都合と合わせて行きましたのでお客様にもお会いしましたが、パビリオンで遅い昼食を食べたり(上の招き猫はパビリオン入り口にいます)、KOMUGIに寄ってお友達の好きな半熟チーズを買ったりという時間的余裕もあり、ただ朝6時には家を出たので、夜中の12時過ぎに家に着いた時はちょっと疲れ気味でしたが(というか今朝のほうがしんどかった・・・)でも懸案だったいくつかの事柄が全て解決したので爽快

IMG_20150206_160228.jpg

得したなぁと思ったのは、コムギではCIMBのカード(クレジットカードを使用しましたが、もしかしたらATMデビットカードも大丈夫かも?)で20%オフの恩恵に与れること。2割って結構大きいですよね。

IMG_20150206_152527.jpg

順不同ですが・・・
こちらはイオン(クイーンズベイ)で発見した乗り物(特に飛行機ですかね)を利用する時あると快適な「枕」。ネックピローとかネックレストとかっていうらしいですが、私はよく見かけるタイプのものは中の素材の感触がなんとなく嫌なのと(全部ではないかもしれませんが、発泡スチロールのちっちゃな粒?)、厚みがありすぎるような気がしていたのと(AIR ASIAのように座席があまり倒せないものの場合は背中と座席の間に隙間ができてしまう)、寝ている間にずれてしまう感じがしていたので(注文が多いですね。汗)ずーっと買い渋っていたんですが、月曜日に友人にくっついて行ったイオンで↑の写真のものを見つけました。 お値段も確かRM15.90ほどで、一般的なネックピローよりも安め。(ダイソーのはRM10でしたけど。)素材も厚みも良い感じで更には紐までついてて完璧。昨日実際にフライト中とKL SENTRALからのエアポートバスの中で使ってみましたが、本当にいい感じ。(爆睡でした。笑)これからの旅行には携帯必須です。
お求めになりたい方は、クイーンズベイモールのSAKAE SUSHIのある階の、SAKAE SUSHIすぐ近くのイオンへの入り口を入っていくと突き当たり辺りにあると思います。イオンクレジットの支払い所のすぐ近くです。他にも、ドーナツ型のクッションとかもありましたよー。

image.jpg

image (1).jpg

便利と言えば、私はとーっても便利に使わせてもらっているのがこのシャワールーム。KLIA2の国内線(JとK)の入り口近くにあります。常に清掃婦さんが床にモップをかけたりしてくれているのでこのお手洗いはキレイです。シャワー室も汚いということはありません。朝着いて夜まであちこち行ってまた飛行機に乗って帰るというような時には使わせてもらっています。汗臭いまま飛行機に乗ったら傍迷惑ですしね。もちろん無料。有難いです。

さて、注意喚起についてですが、AIR ASIAのことなのでAIR ASIAカテゴリーで改めて記事にしようかと思います。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 17:50 | Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

酷いことをする人がいるものです・・・。

もう一週間ほど前になりますが、うちに出入りしていた猫(2歳+)が死んでしまいました。時期を同じくして調子の悪そうな猫(1歳+)がもう一匹。何か毒の入ったものでも食べてしまったような感じ。死んだ猫も、早く獣医に連れて行ってあげていれば死なずに済んだかもしれなかったのに、ただ座っているだけだったので症状が進行していることに気づくのが遅れ(実際は動けなかったのかもしれない)、獣医に連れて行く途中に私の腕の中で死んでしまいました。なので症状の出ているもう一匹は5日ほど前に寿司割烹宮坂の麗さんに車を出して頂いて獣医さんへ。で、写真はもらって来た薬。
10943651_10203323762918858_4800194529204669320_n.jpg

Panadol並の大きさの薬もあって、とてもじゃないけどそのままじゃ飲ませられない。なので白湯に溶かして口の端のほうから流し込み。爪を立てられるわ噛まれるわ(噛まれたのは初めて!)で私の腕ボロボロ〜 人間の子どもに薬飲ませるのよりずっと大変だし、私こういうこともう卒業したはずなのに〜〜〜!!ってやりながら思いつつ。

連れて行く前は口臭がものすごくて、しかも足元がおぼつかずに頻繁にひっくり返っていたので「大丈夫だろうか・・・」と心配したものの、もらってきた薬を2日忠実に飲ませた結果(3日目以降は機会を逸してそのまんま・・・汗)、今日にはこんな感じ。↓
IMG_20150130_224421.jpg

IMG_20150130_223700.jpg

宮坂さんからお借りした籠が気に入ったのか、ここのところいつもその中にいます。
よく私に寄って来て、「首の辺り掻いて〜〜〜!!」みたいな仕草をします。こんなことになるまではそんなに親密ではなかった私たちでしたが。(笑)

毒だと思うのには理由があり、もう一匹別の猫が溺死されられていたことで、これらは誰かが故意がやったものだと思っています。
こんな話を先日猫の帰国の準備を始めたお客さんに話したら「散歩中に毒物が置いてあって、それを食べたワンちゃんが死んだというのを何件か知っている」というショッキングな話を聞きました。

また、宮坂さんからは「犬の登録制度があって(先日私もこのブログに書きました。こちら)飼い犬は札を着けているけれど、それでもMPPPは連れて行ってしまうことがある」という話を聞きました。一体何のための登録制度なんでしょうね?

ここペナンではこういうこともあるということ、ペットを飼っている方は一応知っておいてほしいと思います。ご自分のペットが散歩中に何か拾って食べたり、行方不明になったりしないように十分に気を遣ってお世話してあげて下さい。うちの、名前も付いていないような野良猫達でさえも死んでしまうと私は直視できないしやはり悲しいですから、長年一緒にいるペットがそんな形で死んでしまったら・・・悔いても悔やみきれないでしょうから。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 00:42 | Comment(0) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

エアアジアが今安い

多分最安値はRM199/片道だと思うんですが、それとあまり変わらないRM249(RM50も違うと言われてしまうかもしれませんが・・・)でクアラルンプール−日本の航空券が発売中。日本−クアラルンプール最安値はRM299のようです。

Screenshot_2015-01-29-02-17-52.png

日本の夏休みってこちらでは休みじゃないですからこれだけ安く出ているのでしょうね・・・それともやはり事故のせいで利用客が減っているなんてこともあるんでしょうか・・・。

Screenshot_2015-01-29-02-28-54.png

クアラルンプール−ペナンやクアラルンプール−ランカウイなど、激安RM19で出ています。
これなら二人で往復する値段と普段買う一人分片道の値段が同じくらいですね・・・。
あーあ、行けるか分からないけれど買っておこうかなぁ・・・。(って、羽田往復は購入しちゃいましたけど。笑)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:37 | Comment(3) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

ペットを日本へ連れて帰る準備

お客様からペットを日本に連れて帰るので、いくらで手配してくれますか?と訊かれたんですが、正直今までお引き受けしたことがありません。車の里帰りはお引き受けしたことあるんですが。あせあせ(飛び散る汗)

そこで、今回はお勉強させて頂くことにし、できるところはご自分でやって頂いて、私がお手伝いする部分に関しては実費を頂くことにしました。

私まだなーんにもお手伝いしてないんですが、動いて下さっているご本人から既に途中経過のお知らせが数通。

ペットの里帰りについては以下の作業が必要だそうです。

1)マイクロチップの装着
2)狂犬病予防注射
3)狂犬病ウィルス抗体価検査
4)抗体保有後の輸出前待機
5)事前届出の提出
6)届出受理書
7)出国前の臨床検査
8)輸出国政府機関発行の証明書の提出

以下はその方から教えて頂いた情報です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、3)の直前です。

獣医さんに行くと、血液の箱を用意するように言われ、DGP (05 366 6399)に電話して我が家に送ってもらいました。30センチ四方くらいある、大きな箱です。採取した血液を入れる入れ物も一匹につき1本。
IMG_0759.jpeg

巨大箱を持って猫と共に獣医さんへ行き採血。
そこからオーストラリアに検査のために輸送。2〜3週間でメールで結果を受け取り(抗体 0,5IU/ml以上)そこから180日待機。その後出国できます。
箱代 RM550
箱輸送費 RM455
その他 採血費 オーストラリアでの検査費用がかかるようです。
箱は10匹分まで入れられるそうで、誰かとシェアをすれば箱代と輸送費はシェアできますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 23:44 | Comment(0) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

ペナルティペナルティと言うけれど、実際には銀行が預金者に払い過ぎた利息を返還すること。

通常1年ものの定期であれば1年が終わった時点での利息が計算され、それが複利で回っていくなり単利で普通預金に入金されるなりとなりますが、CIMBで5年ものの定期にしていた人には年2度利息が支払われているというケースがあります。

今までにも触れたことがあると思うのですが、定期預金の利息の付き方には以下のようなルールがあります。
・満期日まで預けてあれば約束されたパーセンテージの利息が付く。(当たり前ですね。)
・満期日より前に解約を余儀なくされる場合でも、預け入れから3ヶ月間以上経っている場合は約束の利率の半分の利率で利息が計算されて支払われる。
・預け入れから3ヶ月間以内の場合には利息は全く付かない。

ここで注目しなければならないのが2番目の「預け入れから3ヶ月間以上経っている場合は約束の利率の半分の利率で利息が計算されて支払われる」。
5年ものの定期の利息を半年毎に約束されたパーセンテージで受け取って来ていたのに、預け入れから4年の時に都合で解約しなければならなくなったとすると、預け入れから4年間の利息は約束されたパーセンテージの半分(50パーセント)で計算されないといけない事になります。4年間受け取って来ていた利息は100パーセントで計算されてきていますから、単純に考えると支払われてきた利息の半分を返却しなければならないということになります。それが元本から差し引かれるので損をしたような感じになるのですが(確かにある意味損ではありますが)実際には自分が預けた額よりマイナスになることはありませんのでご安心下さい。

5年満期の定期預金が5年を過ぎてもそのままの場合については、5年を過ぎて以降どのくらいの期間が経っているのかによって受け取る利息の率が変わります。前述と同様ですが、5年を過ぎてから3ヶ月以内の場合であれば0、3ヶ月以上経っていればその期間に対しては約束された利息の50パーセントが支払われます。なお、最初の5年間は満期を迎えていますので、満額の利息が付きます。0だ、50パーセントだというのは5年満期の後の期間についてです。

それから、例えばですが、ビザ用定期預金の満期が今年8月であるとします。
でも5月には日本に本帰国したい。
そういった場合、私ならこうやりますという方法を書きます。

5月にビザのキャンセルをしてビザ用定期預金のある銀行へ行き、「8月にこの定期が満期を迎えたら解約して日本へ送金してほしい」というインストラクション(指示)を出しておきます。今までに何度かこの方法でお願いしたことがありますが(もちろんお客様のケースです)ごく普通のことのように対応してくれます。但し、あまりにも先のことだと断られるかもしれませんが・・・。
それから、利息分も元本が大きいと確かに大きくなるのですが、為替レートの上下はよりシビアに響きますので、場合によっては満期を待たずに解約・送金のほうが良いという場合もあります。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 22:11 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする