2015年01月26日

マレーシアの運転免許証への書き換え - 本人が行くのなら写真は要りません

必要書類はあちこちに書いてあると思うので割愛しますが、どなたかにお願いする場合に渡しておく必要があるものをご紹介します。

・パスポートのオリジナル(コピーも必要・・・顔写真ページと共に、ビザのページもお忘れなく。)
・日本の運転免許証のオリジナル(コピーも必要)
Borang JPJL1(本人のサイン入り)
・写真(背景が白いもの)

本人が行く場合は写真は持って行かなくてもウェブカメラで写真を写してくれ、その場で免許証にプリントしてくれます。
なお、この情報はペナンのBatu UbanにあるJPJの話ですので、もしかしたら別のJPJは対応が違うかもしれません。
しかし今回はめっちゃ早く終わりました。多分30分くらいで全て終了したんじゃないかな・・・。(でも番地が違っていたのでもう一度行くことになりましたが・・・。私、受け取ってすぐに住所やパスポートの番号、お名前の確認をしたんですが、なぜか住所の一番最初にある番地が目に入ってきていませんでした・・・。20って書いたものを21と入力されるとは誰も思いませんしねぇ・・・。次の日、間違えた本人が何と言い訳をしたか。「自分の家の住所を入力してしまった」んだそうです。これには怒る気も失せてしまいました。笑)

Borang JPJL1のリンクを張りましたので、必要な方はプリントアウトしてお使い下さい。特に人に頼む方はこれにサインをして渡すと相手が一度JPJに行って書類を貰って来るというプロセスが省けて良いです。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


posted by りか at 00:37 | Comment(0) | 車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

やっぱりCIMBだ・・・(汗)MM2H定期預金を勝手に解約

今週の火曜日、20日は私、一日プトラジャヤとクアラルンプールに出かけていました。
もう10年近く前に個人でMM2Hビザを取得した方が、「昔は自分で何でもやる気があったけど、もうダメ〜」しかもご主人が渡航も難しいほどの病気ということで、ビザのキャンセル処理を任されました。

必要書類を頂く段階で「定期預金証書がない」。何でないんだろう?と終始不思議だったんですが、最後の最後で何でだか分かったんです。答えはそのうち出て来ますので読み進んで下さい。

定期預金証書の写しはビザキャンセルを観光省に申し出る時には必要なものです。
今回のようにもしも手元にない時にはどうするかと言うと、

@移民局のファイルの中にあるはず(年金で承認が得られているケース以外は定期預金証書がなければビザは発給されません)の定期預金証書のコピーを貰って提出
A該当銀行支店に行き、MM2H用定期預金があることの証明ができる明細を貰ってきて提出(今回はこっちでやらなくて良かった〜 だって・・・MM2H用定期預金、途中で消えていたんです。だから定期預金証書がなかったの。)多分、郵送されてくる明細でも証明できるものがあると思います。それでも良いと思います。

このどちらかで対応が可能です。
移民局のErneeさんにお願いして定期預金の写しをもらい、観光省への申請にはそれを使いました。
20日、移民局でのビザキャンセルの手続きには奥様だけがお越しになり - ご主人は飛行機での旅行は難しいというお医者様からの診断書を観光省のほうへ既に提出済み - 本来ならマレーシアに入国せずにビザをキャンセルする場合にはその人がいる国の大使館へ行きキャンセルして貰わなければならないんだそうです。でもこの時は移民局のGhaniさんのはからいでご主人のビザも同時にキャンセルして下さいました。(かなり前にマレーシアに入国していない人のビザはマレーシアでキャンセルできませんよ〜って移民局内で取り上げられたはずだったんですが。)このケース、ご主人が主申請者なのか奥様が主申請者なのかの判断がつかなかったケースでした。仮承認レターにはご主人の名前が先に書かれていました。でも、定期預金証書コピーは奥様の名前が先。私はご主人が主申請者だと判断されるともしかしたら今回定期の解約が奥様だけではできないのかもしれないと思っていたので断固奥様が主申請者!と主張しました。(笑)きっと、移民局のほうでもどちらだか判断がつかなかったのだと思います。8年前とか10年前とかって「主申請者」だ「帯同者」だって言っていた覚えがないですし。

定期預金証書のコピーをもらえる様Erneeさんにお願いする前に私はCIMBのとある支店の知り合いにこの方の口座について問い合わせをしていました。「MM2H用定期預金は一体どういう名義になっているのか」と。その答えは「奥様」。その時の返事では奥様の単独名義になっているという話でした。だから奥様を主申請者だと主張したわけです。
でも本承認当時に提出した定期預金証書には奥様の名前が先にあるにはあるのですが、ご主人の名前もちゃーんとある。

どういうことかというと、なんと、このMM2H用定期預金は解約されていたのです!!!
だから預金者の手元に証書がなかったわけです。
名義もお二人の共同名義から奥様名義に変わっていたわけです。

しかしどうしてMM2H用定期預金が解約されていたんでしょう?そのお金はどこに?!
この話、実はこの支店だけではありません。
解約された理由ですが、その当時1ヶ月や3ヶ月ものの定期で利回りの良いものが出回り、CIMB側はMM2H用定期預金が1年もの以上でないといけないことを熟知しておらず、預金者にこの利回りの良いものを勧めていたのでした。預金者側だって条件がより良いほうがいいに決まっていますし、ましてやできないことを銀行が勧めるなんてこれっぽっちも頭をよぎらないでしょうから、OKの場合にはMM2H用定期は解約(これによって証書返却。だから手元になかったんですよ〜。)、新たに作られた定期預金は1ヶ月ないし3ヶ月ものでした。(この証書もないようでしたが、証書に表示されている額が15万リンギットではないため、お客様が最初から除外視なさっていたのかも知れません。)
入金時に15万リンギットでも、8年とか10年も複利で回っていた場合には20万リンギットを軽く超えてしまいます。なので、15万リンギットの定期がない!と一瞬皆焦ったんですが、23万リンギットの短期定期がそれだと分かって安堵。去年だかシステムの変更か何かと共に口座番号を新しくしたことがありましたよね。その時にどさくさにまぎれてどうかなってしまったんじゃないかとヒヤッとすることを行員に言われましたが、MM2Hビザの担保を解除された定期預金としてちゃんとありましたので良かったです。
こんなお粗末な対応をする銀行は他にないと思います・・・。でもその緩さというか寛容さというかが時に大きな助けになります。融通が利くという意味で。ただ、そういう部分を悪用する悪い人達もいて、そのために関係のない人達に対しても銀行の態度が硬化してきている現状があります。何とかならないものでしょうか。

・・・ということで、結論から言うとやれビザのキャンセルじゃ、MM2H用定期だから本部からの担保解除許可に2〜3時間は待つ、といったことがなくても完結できた・・・というオチの話でした。担保にもなっていない普通に引き出せる定期しか残っていません、となるとビザのキャンセルは全く関係なくなりますもんね。でも、だからと言ってビザキャンセルを飛び越してしまうのは奨励できるものではありません。皆さん、何か起った時に問題が発覚するので、止めておいたほうがいいです。しかも問題が起きた後は対応を強化されることになりますから後続の人達には大迷惑となります。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:44 | Comment(0) | CIMB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

MM2Hビザで10年滞在しました。更新せずに日本に帰ります。その時の手続きは?

最初に許可された10年を満了して帰国の場合、MM2Hビザ取得のために定期預金を作った人は観光省にて手続きが必要です。そうでないと銀行宛の「MM2HビザのキャンセルをされたのでMM2H用定期の解約OKです」というレターがもらえない。では、その定期のない人はどうでしょう?年金が月額1万リンギット相当額以上貰えている人で定期が免除になった人。答えは−手続き不要だそうです。ちょっと意外でしたが、移民局No.3がそう言っていましたので間違いないでしょう。

満了で帰る人とキャンセルして帰る人の手続きには違いはないですね。強いて言えばもしかしたら帰りの航空券は不要なのかもしれません。(確認してませんので近いうちに訊いてみます。)
航空券なしで観光省からMM2H用定期預金を引き出す許可が貰えるケースとして、こんなケースは稀ですが、ビザ取得の用意は全て終えたのだけれどビザを取得しなかったというケースがあります。
この場合は移民局宛の観光省からのレターというのは出ませんので(だってビザ取ってないんですから。)ビザの短縮をするために移民局が必要としている航空券(帰国日程)は必要ないです。申請者が欲しいのは銀行へ宛てたレター。「この人は都合でビザ取得を取り止めましたので、担保となっている定期預金も解約してあげて下さい」という内容になるのだろうと思います。(こちらは2〜3日後に正確な内容が分かるかも?)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 23:17 | Comment(2) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

海外の通販でサプリやコスメを買う時には通関は大丈夫なのか調べておこう

今日はJPJへお客様の運転免許証の書き換えに行っていたのですが、行く途中にメールが入り「通関をお願いします」という内容。個人輸入したサプリが空港の税関で止まっているということでした。空港の税関で個人輸入したものがさらっと通関されずに止められた・・・という経験は私にも一度あります。その時の品はオーダーメイドのパラセーリング。一時期はここバツーフェリンギでウォータースポーツにも関わっていましたから。

その時はBatu MaungのFeDexに荷物を受け取りに行った記憶がありますが、今回は転送されてきたメールの内容を見ると「荷物を受け取りたいのならBPFKに行ってAppealするように」と書いてあります。BPFKって何exclamation&questionexclamation&questionです。聞いたことなかったし、マレー人友人に訊いてみても分かりませんでした。でもJalan Ansonにある政府関係の建物と言ったらマレーシア人が持っている身分証明書(IC)発行窓口のある建物くらいなので、とりあえずそこに行ってみました。
で、BPFKに行きたいと言ってみましたが・・・受付の人にも首を傾げられました。知らないと言います。仕方ないのでメールをしてきたDHLのクアラルンプールオフィスに電話をかけると、メールをくれた本人は他の電話の応対をしているとかで別の人が応えてくれました。「4枚綴りで送ってあるファイルの2枚目にCawangan Penguatkuasa Farmasiの所在地が書いてあるでしょ?Aras 8 Bangunan Persekutuan, Jalan Anson...」。そのファイルを受付の人に見せると「なんだぁ、その事か。8階だよ。」と言ってエレベーターのほうへ促してくれました。受付も分からないBPFKって一体何だったんでしょexclamation&question

8階ではまず、「オリジナルの書類は?オリジナルがないとダメ」と言われ、「オリジナルはこれを私に頼んだご本人も持っていない、DHLからメール添付で送られて来たから。」と言うと「それならプリントアウトしてきてもらわないと。こちらからの指示が書き込めない」と言われたので「出先にいた時にメールを貰ったのでそのまま直行した(その時既に4時半近く)ので、プリントアウトもできなかった。可能ならこちらでプリントアウトして頂けないか?」と言うと「じゃあボスに訊いてみて。」と言ってボスを呼んでくれました。

ボスが出てくると「スマホの画面で良いので見せて」と言われたので見せると、「このサプリはマレーシアで認可を受けているものではないので個人輸入できるのは1人3ヶ月分のみ。今回のはその何倍もの量なので引き渡すことはできない」と書類の内容を解説して下さいました。「それならその3ヶ月分のみを受け取ることはできますか?」と訊くと、「それも無理。開封して一部だけ受け取らせることはできない」とのこと。「何か方法はないの?」と訊くと、「例えばドクターが特別該当サプリを購入するように勧めたなどという事実が文書で貰えれば考慮する」とのこと。でもサプリですからね。マレーシアで手に入る類の一般的なサプリはマレーシアで購入するように、ということのようです。

なお、今回3ヶ月分を購入したとしても一旦税関でストップがかかったようです。一度だけは認めるが、二度は認めない、次からはマレーシア国内で買って下さいと言われるそうです。また、これは化粧品についても同様で、日本や韓国から輸入される化粧品についても同じように規制がかけられているとのことです。去年か一昨年から施行された法律だそうですよ。

この件に関しては今ツテを伝ってどうにかリリースして貰えないものかトライ中です。税関ほど賄賂が効くところはありませんが(笑)今回はCawangan Penguatkuasa Farmasiからの許可がないと税関も身動きが取れないので、税関に直接掛け合っても無駄かも?なので、韓国からコスメを輸入していてこの辺のことに詳しそうな人にお願いをしました。何とかなるといいなぁ・・・。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 23:55 | Comment(2) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排水管が詰まったら

私の中では当たり前のことなんですが、そうではない方もいるようです。

一昨日の夜10時頃にお客様からお電話を頂きました。「お風呂の排水ができない。トイレ側の排水口から溢れてしまう」という内容。ラバーカップ(スッポン)を使ってみたとのことでしたが解決しないとのこと。
普通、髪の毛が詰まっていることが多いと思うんですね。後は石鹸カスとか。

日本だと排水管の詰まりにはこれ、お風呂のカビ取りにはこっち・・・と用途によって商品も豊富にあるんだと思います。だからそれが逆に応用を妨げることになるのかも。
塩素系漂白剤で髪の毛が溶けてしまうのはよく知られたことだと思っているのですが、どうなんでしょう?
このトラブルについても、「漂白剤を排水管に流してみて様子を見て下さい〜」とお伝えしてみましたら、昨日の朝お電話を頂き、「詰まりが解消しました〜」とのこと。良かったです。(環境問題的にはあまりやりたいことではないのですが、仕方ありません。)

排水管の詰まりは借家の場合はテナント責任でどうにかしないといけないことが多いので(契約書にそう明記されているものも目にしたことがあります)完全に詰まってどうしようもなくなる前に普段から気をつけておくと良いですね。入居してすぐ排水がスムーズでないと気づいた時にはその時にその旨を家主さんに伝えておくと、後々に詰まった時に家主さん持ちで対処してもらえるかもしれません。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 00:00 | Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

21歳以上の子の帯同者としてのMM2Hビザ取得

21歳の誕生日を迎えるまでにMM2Hビザをパスポートに貼ってもらえれば、最長10年間の帯同者ビザが取得できるのはご存知かと思います。
今私は21歳以上のお子さんのMM2H帯同者ビザの取得にトライしています。21歳以上でも、MM2Hで滞在している親と住む必要があると判断されるようなケース、例えば障害があるとか病気持ちだとかという場合には申請することができます。そのようなケースは入管のトップクラスの会議で審議にかけられ、その多くは一筋縄ではいかないようで、2度3度と却下されることも茶飯事のようです。私の元にも以前、他の2つのエージェントがトライして却下されたというケースが回ってきたことがありましたが、この時は何故却下されたのかの原因を調べ、移民局の責任者とも連絡を取ってどのような書類を提出すると通りやすいかを聞き出し、この時は許可を勝ち取りました。

申請時、提出しなければならない書類の一つに保険関係の書類があります。MM2Hビザを取得するには、60歳以下の人は皆マレーシアで有効な保険に加入していなければなりません。精神障害者は身体には疾患がありませんから保険加入は比較的ラクだと思います。でも病気の場合はどうでしょう?保険会社が加入を認めてくれることは難しいと思います。
移民局に「病気なんだから保険には入れない」と物的証拠なしに伝えても取り合ってもらえません。保険会社から「保険加入は不可」という文章を貰ってくる必要があると言われます。正直必要書類の中でこれが一番困ります。保険の販売員も、病気持ちだと分かっていて保険加入もMM2H絡み、万が一加入できたとしてももしかしたらすぐに解約してしまうかもしれないような人に真摯に対応してくれるでしょうか?ここは日本ではありませんから、そういうボランティア的な業務を引き受けてくれる人は少ないと思います。ということで、今回は私が加入しているプルデンシャルの販売員に泣きつきました。他にも泣きつけるところはあるにはあるんですが、プルデンシャルを選んだのには一つ大きな意味があります。それは、プルデンシャルやグレートイースタンは医療保険部門ではよく名の通った会社だから。そういうところが却下したとなれば病は本当だということになり、このビザ申請に関してだけ言えばプラスに働きます。移民局もよく分かっていますね。診断書は医者を買収してどのようにだって書いてもらえるということを知っているのでしょう。まぁ、嘘を申請しようと思えばいくらだって方法はありますが。検体をすりかえるとか。ここはそういう国です。

今日、思った通りの内容のReject Letter(却下通知)を手に入れることができました。私を助けてくれたエージェントは「こんな却下通知を貰って喜んでいるなんて今まで20年この仕事をしてきて初めてよ!」と言っていました。確かに普通なら却下されたら喜びませんよね・・・。
でも、とにかくこれでペンディングになっていた申請が進むことになります。今回は手元にあるありとあらゆる関係書類を提出しましたから、これで却下されたら他に付け足しようがありません。一回で上手く行くことを願うのみです。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 00:44 | Comment(0) | MM2Hビザ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

やっぱりなぁ( ̄▽ ̄;)→ 日本  (○゚Д゚σ)*☆*─アリエンョ─*☆*→ マレーシア

今日起こった出来事を二つ。

日本領事館へ、お客様のマレーシア免許証取得に必要な日本の免許証の英語訳を受け取りに行きました。(現在は委任状さえ書いて頂ければ申請・受け取り両方を代理人が行なうことができます。)
領収書を受け取った時に合計額RM140は合っていたものの、一部の額がRM80と記載されていたのは私も目にして知っていたんですが、私に確認して下さいと言いつつ他の人を窓口に呼んでしまっていたので、人を待たせていたこともあり更には日本人学校で中学部の説明会もあったので間違いの指摘はせずにそのまま帰ってしまいました。
その後まもなく私に領収書を渡した担当者からの一度目の電話。「間違えて一部RM80と書いてしまいました。合計額は間違っていませんが、もし必要であれば正しい金額で再発行します。」という内容。英語訳のほうにRM70と表示されていますのでお客様も問題にしないだろうと思い、「そのままでいいです」と返事をし、担当者も了承したかに見えたんですが・・・。
それから一時間弱経ってから二度目の電話。「間違っている領収書を回収して正しいものを再発行しなければなりません(そう上から言われたそうな)。ついては、明日オフィスに新しいものをお持ちしますので、いらっしゃる時間を教えて下さいませんか?」という内容。
うーん、このくらい良いと思うんですけれどね・・・小計が違うくらい。マレーシアの機関ならこんなことで電話なんてかけて来ませんね。しかも出向いて交換だなんて。この対応は流石というかやっぱり日本領事館ならではの対応ですね。

そしてアリエン話。
昨日のワンちゃんの札をお客様に届けた後バスに乗って一時帰宅した私は、家には5分もいたかどうかというところでまた外出。日本領事館、そして日本人学校を目指していました。今日の予定が全て終わってさぁ帰宅という午後8時過ぎ、乗ったバスはお昼過ぎにお客様のところから家に帰るのに乗ったバスと同じバス。ドライバーは交代していましたが、お昼過ぎに乗った時に午後運転するドライバーも乗っていましたので、同じバスだと気づきました。そのドライバー、私を見るなりいつもとちょっと違うリアクション。そしておもむろに取り出したのは何と、私が昼間家に置いて来てしまったとばかり思っていた携帯電話でした。そのドライバーさんは私の通話履歴にある電話番号に電話をしてそれが私の携帯電話であることを突き止めていたのです。ものすごい安物の携帯電話ですけれど、私にとってはなくなると厄介だし困るもの。座席のところに落ちていたらしいので多分ポケットからずり落ちたんでしょうが、拾ってくれた人とそのドライバーさんに感謝です。拾ってくれた人は黙って持って行くこともできたでしょうし、ドライバーさんにしてもその後の扱いは彼次第。本当に助かりました。そして、その時同じバスに乗れなかったら家に帰って初めて携帯電話を置き忘れたのが家でないということが分かって大騒ぎをしていたと思います。いくつものラッキーが重なった、普通ならこんなことありえないでしょ?っていう話でした。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:04 | Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

犬税、支払って来ました。

MPPPは朝8時から開いていますので、子ども達の通学する車に同乗してジョージタウンへ行きました。着いたのは9時過ぎでしたが、先日フォームを貰いに行った時のように受付にわんさか人がいるわけでもなく、今日が登録受付最終日のはずなのに閑散としていて「あれ〜?」という感じでした。登録しようと思っている人はもうほとんど登録を終えちゃったんでしょうか。それにしても、私が貰った登録番号が犬の頭数だとすると、1,000頭にも満たないので少ない気がするんですが・・・。きっと、家の中で飼うワンちゃんの多くは登録なんてしないのでしょうね。でも、万が一のことを考えると登録しておいたほうが良いと私は思います。

FullSizeRender.jpg

写真は、登録終了後貰ったライセンスと犬の首輪に取り付ける登録番号の札です。

ちなみに、「猫はどうなの?」と受付の人に訊いてみましたら、猫は登録の必要はないとのこと。私は猫も登録制度があっていいと思います。むしろあってほしい。うちの近辺で生まれた猫達が飢えるのは可哀想なので餌をやっている私ですが、時々MPPPが来てそういう猫を捕まえていってしまいます。多分殺処分になっているのだろうと想像していますが、それではあまりにも酷すぎます。先日など、出産してそう日の経っていないママ猫が連れて行かれてしまったようで、その後に取り残された子猫達は一時継母が育ててくれていましたが、結局は皆無残な結果になってしまいました。メス猫も、育つ見込みのない子猫は自分で食べてしまうこともあるんですね。恐ろしいですが、何度か目撃してしまいました。

人間(私)慣れしている猫達がどんどんいなくなってしまっているので、人間慣れしていると捕まえやすいんでしょうか。だとすると可愛がるのもどうかと悩んでしまいます。首輪をして所有主張をしようとも、賢い猫は自分で外してしまいますし・・・。うちに出入りしている猫のうちの一匹(オス、もうすぐ2歳)は、家のガラス戸を自分で開けて入ってくるような頭の良い子。私も最初見た時は目を疑いました。そのガラス戸は引き戸なんですが、建付けが悪くて上に行くにしたがって隙間が広くなっています。その外側にはグリル(鉄格子)があり、その猫はグリルを登って一番上まで行き、そこで何をしたかと言うと・・・片手(前足ですね)を隙間に入れ、スルスルっと下に降りて来ました。そうすると、一番下の部分にも隙間ができて、後はラクに手で(前足で)押して中に入れるという寸法。うちのゲストハウスにもう数ヶ月滞在しているお客さんから「○×さん(私がいない間の管理を任せた人)が戸を開けっ放しにしたらしく、猫が建物内に入っていて・・・」と言われたんですが、事の次第を話すと半信半疑といった感じで愕いていました。でもその後に実際に目にする機会があったらしく、感心していましたね。(笑)ある方が「猫には小学校3年生くらいの知能が備わっている」と言っていましたが、大いに頷けます。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:50 | Comment(2) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

スタバのプロモ

先月から今月末までのプロモなんですが、デビットカードでRM50のトップアップをするとsサイズのドリンクが1ドリンクフリーとなるプロモ。
IMG_20150111_102329.jpg

スタバをよくご利用になる方はこの機会をお見逃しなく!!

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 19:22 | Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資口座を開設しました。

私のゲストハウスに以前お客さんとしていらした方が2泊4日の予定でクアラルンプールへお越しになりましたので、ちょっとお手伝いに行って来ました。常々飛行機に乗るのは怖いと思っている私ですが、今月もほぼ毎週飛行機、それもエアアジアに乗っています。墜落したエアアジアのボイスレコーダー・フライトレコーダー共に発見・回収されたそうですね。ただ原因を究明するだけでなく、今後に生かしてほしいです。それにしてもご遺族の方にはご愁傷様です。どれほど悲痛な思いをしていることか...。亡くなった方々のご冥福をお祈りしています。

エアアジアと言えば、誕生日だからとメールでクーポンが送られてきました。私に送られてきたのはたったのRM5のようですが、もしかしたら人によって当たり外れ(金額の差)があるのかもしれません。

ところで、クアラルンプールにいらしたこの方は日本ではできても手数料が高くつくマレーシア株を購入したいということで、以前私が別件で知ることになったある証券会社のDealer Representativeにアポなしで会いに行きました。本当はアポを取ってからが良いと思っていたので電話をしたのですが、誰も出ず。でも、会いたかったその人は社にいたので助かりました。

投資口座の開設には銀行口座預金開設のように何らかの滞在許可(ビザ)がないとダメだなどという制約はないようで、即申込書記入。でも、その方が「こっちも作りたい」と言ったMargin Account(信用取引口座)については、それ専門の別の方が説明して下さったのですが、給与明細やら銀行の出入金明細やらが必要で、しかも海外在住(日本在住)の人のケースは今までなかったようで首を捻っている状態。結局通常の投資口座での実績を作った上で申し込みをし、Margin Account開設ができるかどうかはその時の判断で、ということで話がまとまりました。
IMG_20150112_150857.jpg

Dealer Representativeのオフィスにいきなり踏み込んだような形でしたが、真摯に対応して下さり有難かったです。口座開設はカスタマーサービスに付き添ってくれました。ただここで発覚したのは「最近の銀行のステートメントが必要」とのことで、それが貰えたら口座開設は完了しますとのこと。更に、配当金を入金する普通預金口座を非居住者が作れないことをDealer Representativeも証券口座開設者も知らず、「隣にうちの銀行部門があるからそこで開設するといいよ」などと二人とも呑気なことを言っていました。試しに行ってみましたが、やはり思った通りでビザなしでは無理。配当金は他国の口座へ振り込むことも可能なようなのですが(タイのクライアントにはそうしてあげたと話してくれました)、通貨やレートによって、それからもしかすると送金手数料も取られるかもしれませんから、旨みがなくなってしまうかもしれません。

ということで、ビザなしでもとりあえず口座開設が可能な某銀行へその足で向かい、知り合いの行員が不在だったので少しだけ難しかったですが、最終的には支店長判断でビザなし口座開設、完了しました。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 13:33 | Comment(2) | Investment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KLIA2でのキオスクチェックイン − 先ほど確認しました。

nkt4001さんが少し前にコメント欄に書いて下さっていた件。《KLIA2でのKiosk Check in再開したようです。》
(出典はこちら)

先ほどKLIA2から帰って来た時にキオスクを使ってチェックインしている人を見かけました。試しにちょっといじってみましたら、ちゃんと機能していました。ということで、ますます便利になったAir Asiaのチェックインです。
posted by りか at 04:10 | Comment(1) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

20年近く住んでいて知らないなんてexclamation 犬税

先月ペナンに引っ越して来られた方がペットのワンちゃんを連れて来られました。
当初からのご依頼の中に「ペットの登録」という項があったのですが、正直登録する必要はあるらしいと聞いたことはあったものの、どこでどうやるのかなど全く知らず(うちの家族は犬ご法度のイスラム系なので)、昨日から今年のお仕事を始めましたので今日早速このペットの登録について調べに行って来ました。

Dog Tax.jpg
提出する用紙はもっと縦長なのですが、スキャンの器械の関係で下の部分が少し切れてしまっています(なのでこれをプリントアウトして利用することはできません)。登録(というか、この用紙の表現では税金となっています)に必要なのはこの用紙と1匹あたりRM10、そして飼い主と犬の写真、あとは住所の証明が可能な水道料金などの請求書だそうです。

片面マレー語、もう一面が英語というこの用紙、よく読んでみると「登録は1月14日までに行なう必要があり、2月以降登録が行なわれていない犬を発見した場合には処分する」とあります。
犬が登録されているかされていないかというのは犬に札か何かを付けておいて分かるようにしておくのでしょうか。ここにはバッチと書いてありますが、それがきっとそうなのですね。

今日行ってみて良かったです。期限直前には手続きを完了できそうです。
ただ疑問が・・・。所有している犬がワクチン接種しているかどうかなどについては言及していないので、この登録って一体何の意味があるのだろう?と思ってしまいました。単に「この犬は○×が可愛がっている犬です。なので外をほっつき歩いていても捕まえて処分しないで下さい。お願いします。」というだけの意味な気がしないでもないんですが・・・。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:17 | Comment(0) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

プリントアウトにお金かけていた私ってバカ・・・

ご存知の方も多いのでしょうが、私は4日にペナンからランカウイに飛ぶ時まで知りませんでした。
近頃はe-boardingもアリなんですってね。
私、それを知らなくて、11月にビエンチャンから戻る時、ビエンチャン→クアラルンプールのボーディングパスは事前に家でプリントして持って行っていたんですが、子ども達のクアラルンプールからペナンへの飛行機の予約は直前にビエンチャンでやったので(私はクアラルンプールで仕事をしてから帰りました)インターネットカフェでお金払ってプリントアウトしてもらったんです。(でもその後で泊まったホテルでプリンターが使えたことが判明・・・。泣)
携帯などのデバイスにボーディングパスを表示して、それを見せてから搭乗して行った私の前に並んでいた人を見て、ボーディングパスの半券を切り取る係の人に「デバイスに表示したボーディングパスでもいいの?」と思わず確認してしまいました。返事はOKとのこと。
電源が切れてしまうという問題もあるにはありますが、それさえ念頭に置いておけば「プリンターないから家でWeb Check-inしてもどうせカウンターに行ってボーディングパスプリントしてもらわなきゃいけない」なんてこともなくなりますね!
それにしても、いつの頃からe-boardingなんてことが可能になったんだろう・・・ボーディングパスってどんな大きさであれちゃんと紙に印刷されたものじゃなきゃいけないと思ってたんだけどな・・・。

(ちょっと調べてみましたら、エアアジアのマレーシア国内線と一部の国際線では昨年10月1日からe-boardingが可能になったんだそうです。ソースはこちら。いくつか注意点もあるようですのでご利用になる方はお読み下さい。それにしても知らんかった〜〜〜)

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:46 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

明けましておめでとうございます。ランカウイに行って来ました。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
何だか日本は異常に寒い(京都なんて結構雪降ってたりしましたよね)らしいですが、ここペナン、そして昨日までちょっと遊びに行っていたランカウイでは大晦日の日から天気に恵まれて、時折暑くてかなわないくらい暑いです。
とは言ってもそれ以前は12月としてはあり得ない天候。毎日雨、雨、雨でどうしちゃったの??という感じでした。
東海岸の洪水被害のために政府が学校の始業式を1週間遅らせたため、今週いっぱい地元の学校に通う子ども達はお休みです。天気が良くなったし通常のスクールホリデーの時期は終わっているのでホテルもローシーズン料金に戻っているところもあるので、今こそお出かけのチャンスかもしれません。

うちは下の子の学校が7日(今日ですね)に始まるということで、ハイシーズン終了の4日からどこかへ行こうかとフライトを物色していたらエアアジアのチケットが安くなっていたのでランカウイへの往復を予約。あのエアアジアの事故の前に予約したので事故の影響で安くなっていたわけではないんですが、ポイントを少し使いはしましたが現金で支払ったのは一人RM68。しかもこれ、往復のお値段。

ホテルも4日からの2泊は安くなっていて、通常はRM200はゆうに超えるらしいホテルの部屋を、キャンセルできない条件ではありましたがRM170で予約することができました。ホテル自体はビーチに面していないのでせっかくランカウイに行ってそんなところに泊まるのは嫌!って思うかも知れませんが、浅いけれどプールもあるし、簡単なビュッフェ(朝食)も付いていたし、ホテルの両隣には地元の人たちがよく行くようなレストラン・食堂もあって、ビーチまでは歩いて5分くらいだし悪くはなかったです。ビーチに近くてプールがあるようなところはRM170でも安いのかもしれません。

10906516_10203228961948893_8558779224908901449_n.jpg
Tripadvisorで予約する、Favehotel Cenang Beach

このトリップアドバイザーのホテル予約サイトって良いですね。いろんなサイトの値段を比較してくれていて、それがひと目で分かるようになっています。値段があまりに違うと条件も違うことがあるので(例えば一度予約したらキャンセルできないのは激安価格で出ていて、直前までキャンセル料のかからない価格は比較的高く出ているなど)注意は必要ですが、自分で一つずつ値段比較をする必要がなくて便利です。私も今まではアゴダやエクスペディアに直で予約を入れていました。今回も最初はエクスペディアで予約をしてしまっていて後から一泊RM50くらい安く予約できるこのサイト経由のHotelTravel.comを発見し、エクスペディアはキャンセル料無料だったのでキャンセルして予約し直しました。

今回のランカウイ旅行の目玉はこちら↓
10801597_10203222416145252_7496770768042614169_n.jpg

IMG_20150105_141154.jpg
前々回だったかな?ランカウイにお住まいのお客さんへ、日本から輸入なさった自家用車のデリバリーのために行った時に初めて行った温泉。今回はそのお客さんが、私がデリバリーに行った自家用車そのもので連れて行って下さいました。(もうほとんどお友達ですが。お客さんからお友達になるのって難しいんですよね・・・。)

汚いものではないんでしょうがお湯に何か浮いていますし、底には石がゴロゴロしていてしかも苔が生えているので、まぁ足湯程度ならいいかな・・・というところ(1枚目の写真と2枚目の写真の奥。2枚目の写真は私たちが出る頃に来た多分中国系の旅行者で、皆足湯してます。)なんですが、脇には貸切ジャグジー(こちらは出来てからまだ3年くらいだと思います)もあって、そちらならゆっくり温泉が楽しめるのではないかと思います。以前聞いた時には確か1時間RM150くらいするような話だったと思いますが・・・。

15分RM15でボディマッサージ又は足マッサージが楽しめるようにもなっていました。(2枚目の写真の右脇部分に少し見えます。)

前回2013年5月頃に行った2泊3日はチェナンビーチだけでのんびりしていたので時間が経つのが結構遅かった気がしましたが、今回はあっという間。ペナンにはない大型のジェットスキーでも遊びましたし(笑)古い友人ともご飯食べに行きましたし、昨日は私の誕生日だったんですが、とっても楽しい充実した一日でした。で、今日から現実に戻ってお仕事してます。(笑)

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 19:09 | Comment(0) | 周辺ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

髪の毛が薄くなっちゃいました。

いえ、冗談ではなく。
シャンプーは基本的にパンテーンを使っている(た)のですが、時々「これ試してみようかな」と別のものを使うことも。
その時はパンテーンの「アクア」何とかっていうのが新製品として出た時で、「シリコン入ってないんだ、髪の毛にいいのかな?」と思って買ったのが大間違い。とは言ってもこれは大量に髪が抜け始めてからしばらくして友達と話していた時に「自分もパンテーン使った時は抜け毛がひどかった」という言葉を聞いて「病気じゃなくてシャンプーのせいだったんだ!!」って分かったんですが。

病気なのかな?そのせいで抜け毛がひどいのかな?って思ってたんです。
かかりつけの医師が「心臓外科の医師を紹介するからAngiography(血管造影)の検査をしなさい」なんて言うんですもの。ニトログリセリンまで処方されて、こっちはビックリ。
で、カテーテル入れてやるのか、CTでやるのかで迷い、結局結果は100%ではないけれど、80%は信用できるというCT Angiographyを選択。その上で必要であればカテーテル入れてもらえばいいやという考え。
カテーテルだと保険が効いたんだけど、CTでは効かず。数万円の出費は痛いけど、カテーテルで検査して万が一状態が悪くて血栓飛ばして詰まったりしたら泣くに泣けないと思った末の決断。
ま、お金の面では痛かったけど、選択は正しかったです。心配するような結果は出ませんでした。心臓専門医に処方されたのはアスピリン。(笑)アスピリンって血液を薄める作用があるんですってね。

血液を薄める・・・濃くなったのは多分、あのデング出血熱の時の血小板輸血のせいではないかな・・・と思っています。
血小板が少なくなり(13まで下がった)血が止まらなくなるのを防ぐための血小板輸血が逆に血液を固めすぎたんじゃないのかと素人なりに考えています。ちょうどデングにかかった直後から喉の辺りに何か詰まった感じがするのは今も同じ。今は少し収まってはいますけど、これって狭心症とか心筋梗塞の前触れの可能性もあるそうですから、かかりつけの医師が私の心臓を心配するような兆候が他にもあったのかもしれません。ナースは「耳たぶにクロス(十字)ができるとその人は心臓に問題があるのよ」みたいなことを言っていて、私のにもあると言っていたのですが、私はどこの話をしているのかいまいち分かりませんでした。

で、血の巡りが悪いせいで髪の毛が抜けてきているのかと半ば諦めていたんですが、検査結果は問題なし。犯人はシャンプーでした。「Doveがいいよ、自分も抜け毛が減った」と友達に薦められてDove(青)にしたら数日で抜け毛激減。もっと早くに気づいていれば良かったと後悔しきりです。

というわけで、私の髪の毛が薄くなっていてビックリする方もいらっしゃるかもしれません。原因はシャンプーです。パンテーンアクアシャンプー(下の写真)。厳密には多分シャンプーではなくてコンディショナー(写真左)です。ものすごい量の髪の毛が抜けるのはコンディショナーを洗い流す時。
pantene-aquapure-pack-2-size-3.jpg
シャンプー替えて抜け毛が激増したら普通シャンプー疑いますよね・・・ほんと、気づくの遅くてバカです。皆さんは私みたいなことにならないように気をつけて下さいね〜。

私を救ってくれつつあるのはこっち↓
Dove Shampoo Sample.jpg

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 03:15 | Comment(1) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

マレーシアで加入できる、比較的しっかりした保険について

この二つ前の投稿にdabo_gcさんからコメント欄にご質問を頂きました。
コメント欄で回答するより一つの記事として書いたほうがより多くの人の目に触れるのではと思い、そうすることにしました。

(以下、ご質問)
リカさん、リクエストがあります。
多分、古い投稿の中に答えはあるのかもしれませんが、

○ マレーシアの民間健康保険加入、維持の年齢制限
○ 保険が下りる対象疾病

この二点です。保険が下りる下りないですが、持病の場合はどうなるのかを知りたいんです。突発的な怪我や病気ではなくて、腎臓が悪くなって透析が必要となった場合、一生保険が下りるのかとか、脳梗塞で半身不随、寝たきりになった時に保険がどこまで面倒を見てくれるのか、あるいはガンでもなんでも最新の高度医療を受けられるのか、そんなことに興味があります。そういうのは「ここを読め」でもオッケイ。
(ご質問、終わり。)

マレーシアの民間保険と言っても保険会社はいくつもあり、そのそれぞれが違った条件を提示していると思います。ですからここで挙げるのはあくまでも一例です。その点はお断りしておきます。以下、私も加入しているPrudentialの保険の例です。

加入年齢についてですが、70歳に満たない人は加入可能だそうです。
加入時に将来何歳までカバーできるようにするのかの選択をしなければなりません。70歳まで、80歳まで、90歳まで、そして100歳までとなります。日本のように「終身」という考え方がありませんので戸惑います。

但し加入については条件があり、例えばですが既に糖尿病の場合、その投薬の量などによって病状が軽いのか重いのかの判断がされ、保険会社の判断によって加入可となるか不可となるかが決まるとのことです。糖尿病の人が加入するより高血圧の人が加入するほうがチャンスとしてはより上とのことでした。
どんな持病でも、それとそれに関連していると思われる症例については保険が効かないよう、加入時に除外が明記されたと思います。保険には加入できるけれど既に問題がある部分はカバーされないよ、ということですね。(すみません、この部分、要確認です。)

一生カバーされるかどうか、保険がどこまで面倒を見てくれるかどうかですが、全ては加入時に加入者に決めて頂くことになります。(より良い条件になれば当然保険料は上がることになります。)一生カバーというのは終身という枠がないので100歳までと置き換えて考えると「可能」です。シビアな病気(脳梗塞やガンなど)を発症した場合は、加入時の保険(料)金設定に従って一時見舞金が支払われ、且つ自分のそれ以後の保険料、お子さんの保険料を自分名義で支払っているのならそれも、免除対象になります(そういう条件で加入していれば、です。ちなみに、私はこの条件で子ども達の保険を契約しています。私がいなくなっても、子ども達は保険料を請求されることなく彼らが21歳になるまで保険加入が継続されることになります)。更に、加入時に1年間で利用できる限度額(保険会社が病院に支払える額)の設定がありますから、その額に到達するまでは一旦自分で支払いを済ませてから領収書をPrudentialに渡すと、かかった料金が払い戻されてきます。比較的若い人やお子さんが加入なさる場合には、一旦自分で支払いを済ませる必要のないメディカルカードの付いたプランというのもありますが、掛け金はより高めに設定されているそうです。

さて、シビアな病気と簡単に書きましたが、実際は「36 Critical Illness」といってリストになっています。リストはこちら
これはUKのものですが、マレーシアのものも順番こそ違いますが中身は一緒だと思います。同じ36ですし。

大事なことを一つ書き忘れていました。
それは、36以外の病気である場合です。
これは入院自体と入院に伴う通院の料金のみ(通院の期間は入院前3ヶ月間と退院後3ヶ月間であったり、入院前1ヶ月間退院後3ヶ月間という時期もありました。加入の時期によって保険会社の設定が違ったのです。今現在は3-3です。)がカバーされます。36の病気の時のように年中いつでも、支払い上限に達するまでという内容とまるで違いますが、この点ご了解頂きたいと思います。

ここまでくると日本の医療制度が優れていること、国民に優しいことが感じられると思います。
もっともマレーシアには国立病院というのも多く存在し、マレーシア人なら1回の診療がRM1、専門医に診てもらってもRM5なので、日本より更に上を行っている感がありますが、いつも混んでいるために間に合うものも間に合わなかったりということもあるかもしれません。安いのだけはとっても魅力ですが。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 01:22 | Comment(2) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

昨日(17日)から明日まで、Air Asiaのチケットを買う時に注目したいこと

FacebookのAir Asia Bigに掲載されていたページ(こちら)の、Flight Informationの脇にあるRedeem Nowから入るとAir Asia Big Loyality Programmeのサイトからのログイン画面になります。

ここからログイン(もちろんメンバーだけですが)していくと、表(Air Asiaのサイト)でやっているRM0.13キャンペーンの航空券代金部分は必ずしもRM1=100ポイントで換算されていないのが分かります。

どういうことか。
下の二つのスクリーンショットをご覧頂ければ分かると思いますが、
IMG_20141218_023926.jpg

IMG_20141218_024008.jpg

二便あるうちの後のほう、ポイントを使うと200ポイント+RM34で買えるのです(上のスクリーンショット)が、ポイントなしだとRM49(下のスクリーンショット)です。
私、この便をほんの数日前(一昨日だったかな?)に1,500ポイント(通常のRM15相当)+RM34で予約してしまったのでよく分かるのです。
これはポイントを利用するとよりお得な例です。

それに対してポイントを使うより現金で支払ったほうが良いなぁと思うのは最初の便。
ポイント利用なしだとRM34.13(下のスクリーンショット)ですが、ポイントを使おうとすると200ポイント(=2リンギット分)+RM34となります(上のスクリーンショット)。

ま、大した差ではないのでどうでもいいんですが、一応こういうこともあるというお話です。
場合によっては大きな差が出てくることもあるかもしれませんしね。1,500ポイントと200ポイントの差ならまだしも、5,000ポイントと200ポイントの差とかだと結構大きいです。5,000ポイント必要だなぁ・・・と思って予約していなかった便が何便かあったんですが、この機会にと、200ポイントずつ使って結構予約できちゃいました。わーい(嬉しい顔)

このプロモは1月中の出発のみについてですが、(例えば)クチンにRM34×2(プラス400ポイント)で行けちゃったりするのって、こういう機会を有効に使える立場の人にはいいですよねー。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 04:11 | Comment(0) | Air Asia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ村の不具合?「故人の預金を下ろすのに遺言状はいらない??」は過去の投稿です。

皆さんの興味を引くタイトルのようで、ブログ村からこの一つ前の投稿「故人の〜」にいらっしゃる方がここのところ多いようなのですが、ブログ村の不具合か、はたまたまた引っ越し業者が不具合を起こしているのか、1年以上前の投稿がブログ村に最新の投稿として掲載されています。今、一時マレーシアマガジンに組み込んでいたこのブログをマレーシアマガジンから元のURLに状態に戻す作業中です。マガジン内でブログを書いてほしいと言われて承諾したんですが、移動の時にリンクを無視してちゃんと移動させていなかったりなど、作業が雑でしたので意見しましたら「無料(でマレーシアマガジンに入れてあげたんだから)だから仕方ない」みたいな主旨のことを言われましたので、引き上げることにしました。《こっちからお願いして入れてもらったんじゃないんですけど・・・私のブログへのアクセス数がほしくて頼んできたんでしたよね???何か勘違いしてませんか???》

元の投稿はこちら

この、以前の投稿から時を経て思うのは、特に預金が単独名義口座になっている場合には確実に配偶者やその他親族が迅速に、手間も比較的少なく、云わば「遺産」を受け取れるような準備、具体的には遺言状の用意ですが、をしておくほうが良いということです。
それにはこのブログでもご紹介しているスー法律事務所(以前観光省にいらした戸川法子さんがスタッフとしていらっしゃる)や、AMANAH RAYAという公の機関など、いくつかの選択肢があります。個人的には、MM2Hの方は弁護士個人に依頼するより公的機関に依頼したほうが良いという意見ですが(個人には将来何が起こるか分からないため)、中には言葉の問題があるためスー法律事務所のように日本人スタッフがいるところのほうが良いという場合もあると思います。(こんなことを書くとまた某MM2H業者が、私が「戸川さんのところの営業妨害をしている」なんてことを戸川さんのお耳に入れるかもしれませんが、文面からもお判りかと思いますが別に個人法律事務所を否定しているわけではありません。)

一方、永住・半永住組(私みたいなの)はAMANAH RAYAを使うという手もありますが、弁護士さんに依頼して遺言状だけ作成しておくという方法もあるかと思います。事務手続きをする遺された人がマレーシアにいるのであれば、遺言状さえあれば後は何とかなりますもんね。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 02:48 | Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

旅行中困ったこと

本当に無計画だったので持参したお金の額をよく考えずに「あ、ここ泊まりたい!」と思ったホテルに泊まってしまった後、ラオス(ビエンチャン)の物価の高さに気づき(もしかして持って来たお金で帰国日まで過ごせないんじゃ・・・)と思い、キャッシングをしなきゃいけないなぁなんて思っていたある日。
元CIMBリレーションシップマネージャーで今はHSBCプレミアセンターのマネージャーに大抜擢された友人とFacebookが繋がったので「クレジットカードでキャッシングできるよね?旅行資金が底をつきそうでさ。」と話しかけると答えは何と「外国に出る前に、使えるようにアクティベートしていかないと使えないよ。」「ATMカードも同じ。」・・・この返事を聞いた時はかなり(どうしよう〜〜〜?)と焦りました。
そもそもマレーシア国内ではクレジットカードはサインで使えるので、暗証番号なんて覚えていなかったし、ATMカードは暗証番号は判るもののアクティベートしていないから引き出せない。困りました。
考えに考えた結果、一つのアイディアが。ホテルをネットで予約・決済することにしました。ビエンチャンってホテルのランクとお値段が釣り合っていなくて、ノンカイのホテルはビエンチャンのホテルの半額強だったのにずーっといい感じのお部屋でした。だからホテル代結構かかったんです。
結局、手元には10,000円近くの現金が残って余裕だったんですが、それはそれ。ネットで予約・決済が出来たのは本当に助かりました。

皆さんは私みたいなドジは踏まないと思いますが、もしもの時には思い出して下さいね、ネット決済。

ブログ村マレーシア情報へ。クリックして下さるとランクアップします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 20:09 | Comment(0) | CIMB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの輸入許可取得について

しばらくやっていないうちにずいぶんと方法が変わってしまったんですね。
いろんなところにコンタクトして分かったこと、それは現時点ではペナンで輸入許可は取得できないということでした。(補足:個人ではできませんが、エージェントを通せば可能だということが後日判りました。)
でも同じ組織(MAQIS)で働いている、しかもペット輸入担当であるにも関わらず、「え?ペナンではできないの??初耳だよ」というスタッフもいたくらいでした。実は私もいまだに半信半疑ではあるのですが、プトラジャヤのMAQISがペナンでは今は不可(そのうちできるようにはなる)と言っていたので、できると言われたKLIAへ足を運んだのでした。

「ペナンでできないなんて知らなかった。」と言ったスタッフが担当してくれましたから、本当に正しく進んでいるのか疑問ですが、一応パーミットは取得でき、お客様はこのパーミットのオリジナルを持って帰国なさいました。その後、ペットの持込がペナン空港であるため、事前に本当にこのパーミットで良いのかどうかの確認をペナン空港のMAQISにしたところ、「大丈夫」との回答があったのでほっとしているところです。

個人で取得する場合は下記が窓口のようです。
私はKLIAまで行ったものの、この窓口はKLIAからタクシーを使わないと行けない場所(以前のLCCT近くで10キロ以上離れている)でしたので、MAQISの担当者が懇意にしているのであろうエージェントに依頼してもらいました。今考えるとタクシーを使ってでも一度行ってみても良かったなぁと思います。

ANIMAL QUARANTINE STATION
KL INTERNATIONAL AIRPORT
JALAN PEKELILING 4
64000 SEPANG SELANGOR
TEL 03-87872377/79
FAX 03-87872378
EMAIL skhklia@dvs.gov.my

ワクワクする体験談が沢山!!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by りか at 00:11 | Comment(0) | 犬・猫・その他の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。